ファッションを死なせない。服を選ぶより先に、どう生きるか。コロナ共存時代、真に求められること。

コロナと共に、アパレル界は次々倒産に追い込まれている、そんな中、今後についての思いと見解。私はファッションを死なせない、という覚悟。

◆服を選ぶより先に、どう生きるか?

もう、雑誌やブランドに振り回されたり
誰かに用意された答えに疑問も持たず
真似したり表面的な似合うで満足する時代は終わったと思っています。

「自分で」きちんと
着る服を選びきる時代に入りました。
とても本質意的な時代がやって

もっとみる
嬉しいなぁ
42

そのニュース、本当に正しいですか?

僕の入っているオンラインサロンはちょっと変わっている。

ラグジュアリーブランドのデジタルプロモーションをメインに手掛けられているマーケティングスペシャリストのナカヤマン。さんが主催するサロンなのですが、

<参考記事>

こんな感じでサロンオーナーではなく、入会している誰からともなくslack内でお題がやってきてスレッドが立つ。僕は過去、実験的にいくつかオンラインサロンに入会した事があるのだけど

もっとみる

ファッション業界で15年生きてきた人間が思うD2Cの本当の価値

ここ数年、ファッション市場を賑わせているD2C。

これに関しては以前からいくつか記事を書いているのだけど、今だによくわからない言説が日々飛び交っているのを見かける度、ついつい何か一言、言いたくなってしまう。

先日、それの決定版みたいな本を読んでみた。

内容に関しては、D2Cブランドが既存ブランドとはどう違っていて、どこに価値があるのかを終始対比しながら書かれたもの…、という印象。アパレル出身

もっとみる

販売経験の無い男が「販売員の為のメディア」を運営するワケ

「正直な話をすると”優秀な販売員”以外欲しく無いんですよ。」

某ブランドの方とお話している時、そんな本音が漏れ出していた。一部のブランドの人事担当者はこれを否定するが、現在のアパレル求人の割合を見れば、表現こそ極端ではあるが概ね間違いでは無いのだと思う。僕がファッション教育の現場で確認する限り、アパレル販売員の求人比率は、

販売員:その他の職種 = 9:1

程度だ。しかし、企業の状況と現場に

もっとみる

バロックジャパンの課題はECではない?

バロックジャパンの課題はECではない?

バロック19年3~8月期は夏物不振もプロパー販売注力で増益 課題は6.6%減のEC

もっとみる

オンワードの大量退店は何故このタイミングなのか?

こちらのnoteではファッション業界の最新ニュースを1週間に5本程度解説し、その先に起こり得る事や豆知識を盛り込んでご提供いたします。先週のピックアップニュースは下記の通りです。

オンワードの大量退店は何故このタイミングなのか?

小島健輔リポート オンワードはルビコンを渡った 巨額損失と大量閉店の真実

もっとみる

しまむらの悪循環は本当に断ち切られたのか?

こちらのnoteではファッション業界の最新ニュースを1週間に5本程度解説し、その先に起こり得る事や豆知識を盛り込んでご提供いたします。先週のピックアップニュースは下記の通りです。

しまむらの悪循環は本当に断ち切られたのか?

しまむら、客離れに歯止めかからない深刻事情

もっとみる

ZOZOUSEDの宅配サービス終了を決算書から紐解いてみる

こちらのnoteではファッション業界の最新ニュースを1週間に5本程度解説し、その先に起こり得る事や豆知識を盛り込んでご提供いたします。先週のピックアップニュースは下記の通りです。

ZOZOUSEDの宅配サービス終了を決算書から紐解いてみる

もっとみる

ZOZOが買収されたので、今までとこれからの事を総括してみた!

ZOZOが買収されたので、今までとこれからの事を総括してみた!

ZOZO買収 ヤフー、反攻へ重圧「1位しか許されない」

ソフトバンク傘下のヤフーが、衣料品通販サイト運営のZOZOの買収を決めた。国内のネット通販企業の買収では過去最大となる。10月に社名を「Zホールディングス」に変更するヤフーとZOZO。日本の電子商取引(EC)で2強の楽天とアマゾンジャパンへの反攻はなるか。

先週はヤフーがZ

もっとみる