ファッションテック

【特集】ファッションはどう変わる?軍地彩弓に聞く、バーチャル時代のデザインと表現、メディアと消費(前編)

新型コロナウイルスの感染拡大、それによる外出自粛の生活、そういった状況下で急速な盛り上がりをみせたバーチャルファッション。これまでFashionTechNewsでは、様々な事例を取り上げ、その背景にある想いに迫ってきた。一方で、こういった新たなテクノロジーが実現するサービスや体験は、「ファッション」にどんな影響を与えるのだろうか?

バーチャル時代の「ファッション」を多角的な観点から捉えるべく、フ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
11

ユニクロのエアリズムコットンオーバーサイズTは普通に着るとユニクロの店員みたいでダサい!?:【ユニクロ+1】講座

Charでは、「ユニクロ+1」講座と題しまして、ユニクロを使いつつも「ユニクロ感を消すための着こなし」情報や、「ユニクロ+300円~2万円くらいまでのアイテム」でオシャレになるための情報を配信しています。

こんにちは!Shingoriです。他にはこんな記事を書いています。

👇👇👇👇👇👇👇👇それでははじまります。 👇👇👇👇👇👇👇👇

本日は、2020年春夏の名作ユ

もっとみる

【特集】ファッションはどう変わる?軍地彩弓に聞く、バーチャル時代のデザインと表現、メディアと消費(後編)

新型コロナウイルスの感染拡大、それによる外出自粛の生活、そういった状況下で急速な盛り上がりをみせたバーチャルファッション。これまでFashionTechNewsでは、様々な事例を取り上げ、その背景にある想いに迫ってきた。一方で、こういった新たなテクノロジーが実現するサービスや体験は、「ファッション」にどんな影響を与えるのだろうか?

バーチャル時代の「ファッション」を多角的な観点から捉えるべく、フ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
8

【特集】ファッションはどう変わる?軍地彩弓に聞く、バーチャル時代のデザインと表現、メディアと消費(中編)

新型コロナウイルスの感染拡大、それによる外出自粛の生活、そういった状況下で急速な盛り上がりをみせたバーチャルファッション。これまでFashionTechNewsでは、様々な事例を取り上げ、その背景にある想いに迫ってきた。一方で、こういった新たなテクノロジーが実現するサービスや体験は、「ファッション」にどんな影響を与えるのだろうか?

バーチャル時代の「ファッション」を多角的な観点から捉えるべく、フ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
23

【特集】サイジングテクノロジー「Fit Analytics」が問う、これからのEC戦略

年間約1億人以上の消費者が利用している「Fit Finder (フィット・ファインダー)」。当サービスを提供しているのは、ベルリン・シカゴにオフィスを構える「Fit Analytics (フィット・アナリティクス)」だ。現在、当サービスはASOS、 The NorthFace、 Vans、Tommy Hilfiger、ZARA、さらに日本ではUniqloといったグルーバルアパレル企業に取り入れられ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
9

【連載】2020年版・あなたにオススメのクローゼットアプリはどれ?見やすくて高機能 「SmartCloset」(第2回)

「トップスとボトムの組み合わせがわからない」、「コーディネートを考えるのが面倒」、「似たようなものを買ってしまった」などの悩みを解決するひとつとして存在するクローゼットアプリ。しかし、一括りに“クローゼットアプリ”といっても、その機能はさまざま。

クローゼットアプリマニアのZOZOテクノロジーズ・ZOZO研究所のメンバーPiroshiが、数多く存在するクローゼットアプリを徹底的に比較・検証する連

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
6

【特集】現実とバーチャル空間を架橋するchlomaが見据える過去、現在、未来(後編)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を契機に、バーチャルファッションへの注目が高まっている。特に「あつまれ どうぶつの森」でのハイブランドの参入は大きな話題となった。しかしながら、この状況以前から先駆的にバーチャル空間に焦点を当ててきた日本のブランドがある。

今回紹介する「chloma(クロマ)」は鈴木淳哉と佐久間麗子によるファッションレーベル。chlomaを牽引し、バーチャルとファッシ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
22

【特集】現実とバーチャル空間を架橋するchlomaが見据える過去、現在、未来(前編)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を契機に、バーチャルファッションへの注目が高まっている。特に「あつまれ どうぶつの森」でのハイブランドの参入は大きな話題となった。しかしながら、この状況以前から先駆的にバーチャル空間に焦点を当ててきた日本のブランドがある。

今回紹介する「chloma(クロマ)」は、鈴木淳哉と佐久間麗子によるファッションレーベル。chlomaを牽引し、バーチャルとファッ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
23

ZOZO「GREENBACK TEE」、デジタル時代のファッションに新たな楽しさを提案

いまだ自粛生活が続く5月22日、ZOZOTOWNに「STAY HOMEの今だからこそ、おうちファッションは、デジタルによって進化する」というコンセプトの新アイテム、「GREENBACK TEE」の特設サイトが公開された。

オンライン会議ツールZoomの「バーチャル背景」機能を応用し、様々なグラフィックをTシャツに投影することができるというものだ。バーチャル空間でグラフィックイメージを身に纏うとい

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
14

鑑定士とAIを掛け合わせた国内最大の真贋鑑定サービス 「FAKE BUSTERS」

ファッション業界に常につきまとうのは、模倣品の問題だ。グローバルな生産体制の弊害でもあり、特にファッションにおいてはブランド品を中心に様々な模倣品が安価で取引され、ブランド価値にも少なからず影響を与えている。こういった模倣品のクオリティは年々高くなっており、私たち消費者では本物か、贋物か見分けるのは難しいものも多い。

このような問題を解決するために開発されたのが、真贋鑑定サービスを行う「FAKE

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
9