スタイラー株式会社

スタイラー株式会社

    マガジン

    • What is the STYLER company?

      • 19本
    • STYLER members blog

      • 1本
    • Conference by STYLER.Inc

      STYLER株式会社が運営・主催するカンファレンスについての情報を発信します。

      • What is the STYLER company?

        • 19本
      • STYLER members blog

        • 1本
      • Conference by STYLER.Inc

    最近の記事

    Vol.13 「純粋なECは消滅する」コロナ禍でも継続し、300店舗へ増加したMicro-fulfillment店

    今回のテーマは、中国のアリババグループ傘下の盒马(フーマー)を中心としたニューリテールとMicro-fulfillmentの関係を取り扱います。 Micro-fulfillmentは、フルフィルメントの一種です。EC業界においては、ユーザーからの受注、商品梱包、発送、商品受け渡し、代金回収、カスタマーサポートといった一連のバックヤード業務をフルフィルメントと呼び、顧客体験の向上する上で重視してきました。例えば、古典的なEC事業者は、地方に大型の集中倉庫(フルフィルメント・セ

      • Vol.12 最新の小売トレンド〜Micro-fulfillment〜ヨドバシエクストリームとその顧客満足度

        今回のテーマは、日本のMicro-fulfillmentとしてヨドバシエクストリームとその顧客満足度を取り扱っています。 Micro-fulfillmentは、フルフィルメントの一種です。EC業界においては、ユーザーからの受注、商品梱包、発送、商品受け渡し、代金回収、カスタマーサポートといった一連のバックヤード業務をフルフィルメントと呼び、顧客体験の向上する上で重視してきました。例えば、古典的なEC事業者は、地方に大型の集中倉庫(フルフィルメント・センター)を持ち、数日かけ

        • Vol.11 古典的なECがMicro-fulfillmentによって敗北〜韓国CoupangによるEC革命〜

          今回のテーマは、Micro-fulfillmentにより韓国のEC業界を刷新したCoupang(クーパン)についてです。 Micro-fulfillmentは、フルフィルメントの一種です。EC業界においては、ユーザーからの受注、商品梱包、発送、商品受け渡し、代金回収、カスタマーサポートといった一連のバックヤード業務をフルフィルメントと呼び、顧客体験の向上する上で重視してきました。例えば、古典的なEC事業者は、地方に大型の集中倉庫(フルフィルメント・センター)を持ち、数日かけ

          • Vol.10 最新の小売トレンド〜Micro-fulfillment〜

            今回のテーマも前回に引き続き、小売業界を刷新しつつあるMicro-fulfillmentについて紹介します。 Micro-fulfillmentは、フルフィルメントの一種です。EC業界においては、ユーザーからの受注、商品梱包、発送、商品受け渡し、代金回収、カスタマーサポートといった一連のバックヤード業務をフルフィルメントと呼び、顧客体験の向上する上で重視してきました。例えば、古典的なEC事業者は、地方に大型の集中倉庫(フルフィルメント・センター)を持ち、数日かけて購入者の住

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • What is the STYLER company?
            スタイラー株式会社 他
          • STYLER members blog
            スタイラー株式会社 他
          • Conference by STYLER.Inc
            スタイラー株式会社

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            Vol.9 最新の小売トレンド〜Micro-fulfillment〜

            今回のテーマは、小売業界を刷新しつつあるMicro-fulfillmentについて取り上げます。 Micro-fulfillmentは、フルフィルメントの一種です。EC業界においては、ユーザーからの受注、商品梱包、発送、商品受け渡し、代金回収、カスタマーサポートといった一連のバックヤード業務をフルフィルメントと呼び、顧客体験の向上する上で重視してきました。例えば、古典的なEC事業者は、地方に大型の集中倉庫(フルフィルメント・センター)を持ち、数日かけて購入者の住所まで配送を

            Vol.8 「テクノロジーはアウトソーシングするには重要であり過ぎる」未来の百貨店のテクノロジー戦略

            今回は、BOPISを軸に高い成長性を維持するTarget Corporationの戦略についての紹介となります。 BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと思います。ユーザーの利用するデバイスがPCからスマートフォンに移行したことでこのトレンドは一層強くなりました。 ※

            Vol.7 Amazonが始めたBOPISサービス”Local Selling”について

            今日のテーマは、Amazonが始めたBOPISサービス”Local Selling”を取り上げます。 BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと思います。ユーザーの利用するデバイスがPCからスマートフォンに移行したことでこのトレンドは一層強くなりました。 ※「Amazo

            Vol.6 国内アパレルでも広がるBOPISの利用:WalmartのBOPIS事例

            今回のBOPIS事例は、世界最大のスーパーマーケットチェーンWalmart(ウォルマート)を取り上げます。 BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと思います。ユーザーの利用するデバイスがPCからスマートフォンに移行したことでこのトレンドは一層強くなりました。 ※Pat

            Vol.5 国内アパレルでも広がるBOPISの利用:ワークマンのBOPIS事例

            先週に引き続き、今回も国内アパレルでも広がるBOPISの利用について主にワークマンの事例を紹介します。 BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと思います。ユーザーの利用するデバイスがPCからスマートフォンに移行したことで、このトレンドは一層強くなりました。(詳しくはこち

            Vol.4 国内アパレルでも広がるBOPISの利用

            今日のテーマは国内アパレルでも広がるBOPISの利用です。 BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと思います。ユーザーの利用するデバイスがPCからスマートフォンに移行したことで、このトレンドは一層強くなりました。 ※グループEC売上高とEC化率の推移(画像はファースト

            Vol.3 ESGとBOPISとの関係

            今回のテーマはESGとBOPISとの関係です。 ESGとは、環境(E: Environment)、社会(S: Social)、ガバナンス(G: Governance)の英語の頭文字を合わせた略語です。一方、BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと思います。ユーザーの利用

            Vol.2 BOPIS導入に際しての問題

            第1回目は、最近日本でも少しずつ耳にするようになってきた「BOPIS」について紹介しましたが、今回は【BOPIS導入に際しての問題点】をテーマに紹介します。 BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと思います。ユーザーの利用するデバイスがPCからスマートフォンに移行したこ

            Vol.1 最新の小売トレンド〜BOPIS

            こんにちは。 久しぶりのnote投稿になります。 今日から少しずつ、「最新の小売トレンド」について発信していきます。 第1回目は、最近日本でも少しずつ耳にするようになってきた「BOPIS」について紹介します。 BOPOSとは?BOPISはBuy-online-pickup-in-storeの略で、要はオンラインで注文して店舗で受け取るサービスを指します。小売業に従事されている方は、古くはclick-and-correctでも同じような構想があったのを覚えてらっしゃるかと

            Styler Inc and FACY

            Styler’s mission is to Create the future shopping experience. We are aiming to bridge the gap between the physical and virtual world and bring the offline brick and mortar lifestyle shopping experience online. We are introducing our app, F

            FACY(フェイシー)βテスト版ローンチお祝い会を開催

            10月12日、私たちのプロダクトFACY(フェイシー)をリニューアルし、βテスト版を無事にローンチしました。 これからさらに改善を繰り返しながら本ローンチを目指しますが、約9ヶ月間かけて準備し、無事にローンチしたことをまずはお互いに労おうということになり、お祝い会を開催することになりました。 今年はコロナの影響もあり、オフィスに全員集合してパーティーをするのは約1年ぶりでした。 ローンチに向けてメンバーが何をしたかマネージャーから発表乾杯をする前に、今回はちょっとしたイベン

            前例がないことへのチャレンジは大きなやりがいを感じる

            高 筱瑋(コウ ショウイ)/マーケテンング・グローバルセールス/アシスタントマネージャー 日本語をほぼ話せない状況でも日本で働くことを選択する、IT業界未経験でもIT領域の営業にチャレンジする。彼女のキャリアはこれまでチャレンジの連続です。 スタイラーに入社後もグローバル領域での新規営業開拓をしながら、FACYのプロダクトマーケティングを牽引してきました。 今回のインタビューからは多くのチャレンジを続けてこれた彼女の「情熱」と「しなやかさ」の両方を感じ取ることができました。