【おうちシネマで映画を見よう!】 『エヴェレスト 神々の山嶺』

『エヴェレスト 神々の山嶺』 2016年 日本
CS[日本映画専門チャンネル] 7月7日(火)21:40 他
出演 岡田准一阿部寛 尾野真千子
ピエール瀧 甲本雅裕 風間俊介 佐々木蔵之介
監督 平山秀幸 原作 夢枕獏
撮影はネパール地震の前のエヴェレストで行い、雄大なエヴェレストの風景は圧巻です。

ヒマラヤ山脈にある世界最高峰・エヴェレスト。山岳カメラマンの深町誠は、エヴェレスト登山隊に参加

もっとみる
きっと、いい事ありますように ❤!
5

池袋のゲームセンター ミカドに行って『TEHKAN WORLD CUP(テーカンワールドカップ)』をプレイしてきた!感涙!

前回、“どうしても忘れられないゲーム〜その1”として紹介したアーケードゲーム『TEHKAN WORLD CUP(テーカンワールドカップ)』(1986年製)。記事をアップした直後から、「瀧さん!なんと池袋のミカドで筐体が稼働中でっせ!」という、にわかには信じられないような情報をたくさんのオモシロ人間の皆さんから頂きました。

ミカドと言えば、このコロナ禍の最中の緊急事態宣言絡みのニュースで何度か取り

もっとみる
オレもそんなあなたがスキ!
299

キメてる時の悟りを言語化してみた(睡眠薬)

前回のスキは付かないけどキメ記事がバズってたので、眠剤での人間の変容の観察記録です。今度ポジティブな草とは異なる日本で入手可能なデートレイプドラッグ○日分(フルニトラゼパム、デパス、マイスリー)を突っ込み30分の状態で書いています。

前方性健忘が訪れるであろう。心はこのように曲がっていくことが面白いと思うはず。リアルを感じたいので誤字脱字はそのままに、私もいつも思い出せないからその記録を残してみ

もっとみる
あなたの記事も覗きに行きますね〜w
19

はじめからピカピカのせどりなんてない。自分でせどりをピカピカにするだけだ。

まだまだ新型コロナの影響で経済的にも以前と変わった。あるいはもう少し経済的に豊かに、と考える方には「せどり」「転売」はとりあえず取り組みやすい副業だと思います。たとえば・・・

芸能ニュースなどで話題になるとそのアーティストのCD、DVDは高騰することが多い。NEWSの手越くんがジャニーズをやめるニュースは(?!)ある程度、話題となったのだが、さてせどりではどうだったか?!

NEWSのCD、DV

もっとみる
ホンマにありがとうございます!うれしいです
10

キメてるときの悟りを言語化してみた。

理解を求めてるには難解、完走出来る人はいるのだろうか。それでもでも私の頭の中を覗いて見て欲しい↓

「今思ったことをそのか書けてるか?
読み直して添削するとその瞬間の気持ちは心の描写が濁ってしまう。」

「私は怖くなるのが恐くて、これ以上深くならないように草の量を抑えてしまうのだな。来たら来たで怖くない場所だって気付いてるはずなのに。今の考えもすぐ忘れてしまうんだ。あれ何を書きたかったんだろう、も

もっとみる
書いて良かったw
8

突然失礼!アングラな唄を歌います!!

いきなり失礼!前後の記事なんて関係なく歌います↓

トランス状態について話そうと思う。

言語化出来るのはトランス状態から降りた直前の私の言葉を聞くほうが理屈より直感的に理解出来るはずだ。

音楽を例えに出すが聴覚としてメロディーや言葉は頭に入って来ない。

その瞬間に入ってくる音階が10秒続く。1秒が体感で10秒続くのだ。想像して欲しい、お気に入りの音楽1秒を10秒引き伸ばしたらもはや音楽として

もっとみる
あなたの記事も覗きに行きますね〜w
5

電気グルーヴ

復活おめでとうございます🎉㊗️

by瀧さんお縄になってから本格的に電気が好きになった者より
#電気グルーヴ

籠上の星‼︎

【でしょうねシリーズの話】

私は世間で騒がれてることを『でしょうねシリーズ』で消化する。

ピエール瀧は言わずもがな、アップリンクはお世話になっているけど、まぁ大好物な訳のわからぬ映画ばかりやってくれてるのでクリーンな訳がない。やはりでしょうねシリーズ認定。

イケメン俳優が不倫?でしょうね。

芸人が不倫?でしょうね。

でしょうねシリーズで消化すると心が消費されなくて済む。

消化後も、生きてりゃ情報が入ってくる。

もっとみる

やっぱこのタイトルでしたか。

昔クラブで「キバンヤでーす」と名刺を渡したことがあり、
探してるのはこれだと伺った。
結局サポートできずじまい。
当時でもアップライトはもう希少。

スタート待ちのテーマで曲に合わせてハンドクラップを30分するという、
異常行為をしてたな。一箇所裏拍で間違えやすい。
あーまたベース弾きたくなってきた。

このゲームのトラックボールは(メーカーの壁を超えて)汎用性が高くて、
もちろん同社のティードオ

もっとみる

どうしても忘れられないゲーム〜その1『TEHKAN WORLD CUP(テーカンワールドカップ)』(1986年)

オイラの場合、1967年生まれという事が幸いし(もしくは災いとも言う)、テレビゲームと呼ばれるアーケードゲームやコンシューマーのゲーム機(家庭用ゲーム機)の歴史と共にに歩むことができた人生でした。

小学生中学年の頃にデパートの屋上で初めてPONG(ATARI社の激シンプルなテニスのテレビゲーム)に遭遇して以来、後のインベーダーやファミコンの出現、そしてカセットからディスクへ、さらに画質やCPUの

もっとみる
ステキ!
170