シネマ・チュプキ・タバタ

全ての人と映画の感動をわかちあえる日本初のユニバーサルシアター。7.1.4ch 360°音に包まれる『フォレストサウンド』を搭載。チュプキはアイヌ語で自然の光を指します。ホームページ http://chupki.jpn.org #音声ガイド #日本語字幕 #親子鑑賞室

シネマ・チュプキ・タバタ

全ての人と映画の感動をわかちあえる日本初のユニバーサルシアター。7.1.4ch 360°音に包まれる『フォレストサウンド』を搭載。チュプキはアイヌ語で自然の光を指します。ホームページ http://chupki.jpn.org #音声ガイド #日本語字幕 #親子鑑賞室

    ストア

    • 商品の画像

      パンフレット『MINAMATA-ミナマタ-』

      『MINAMATA-ミナマタ-』 販売価格 880円 送料別 上映時間:  12/2木~17金 14:40~16:35  *水曜休  12/18土~31金 10:30~12:25 *水曜休  2月11日(金・祝)~28日(月) 16:10~18:05 ※水曜休 ←アンコール上映!!! https://chupki.jpn.org/archives/8601 ーーーーーーーーーーー 一枚の写真が 世界を呼び覚ます 伝説の写真家 ユージン・スミス と水俣の実話から生まれた衝撃の感動作 1971年、ニューヨーク。アメリカを代表する写真家の一人と称えられたユージン・スミスは、今では酒に溺れ荒んだ生活を送っていた。そんな時、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。水銀に冒され歩くことも話すことも出来ない子供たち、激化する抗議運動、それを力で押さえつける工場側。そんな光景に驚きながらも冷静にシャッターを切り続けるユージンだったが、ある事がきっかけで自身も危険な反撃にあう。追い詰められたユージンは、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮る──。 ジョニー・デップがキャリアの全てをかけて伝える世界への警告と希望の光 ジョニー・デップが、全世界に関わるある重大なメッセージをハリウッドから発信する。 ーーーーーーーーーーー 【収録内容】24ページ ・イントロダクション ・ストーリー ・ジョニー・デップ インタビュー(2020年ベルリン国際映画祭公式記者会見) ・キャストプロフィール ・批評 川口敦子(映画評論家)/金平茂紀(TBS系「報道特集」キャスター,早稲田大学大学院客員教授)/ ・監督,スタッフ プロフィール ・プロダクションノート ・水俣病関連年表 ・対談 アイリーン・美緒子・スミス×石川武志 ・ウィリアム・ユージン・スミス,アイリーン・美緒子・スミス プロフィール 。。。。。。。。。。。。。。。 監督:アンドリュー・レビタス 出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイ 他 音楽:坂本龍一 配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム 公式HP:https://longride.jp/minamata/
      880円
      Chupki Online Shop
    • 商品の画像

      パンフレット『おらおらでひとりいぐも』

      『おらおらでひとりいぐも』 販売価格 820円 送料別 上映時間:2021年11月1日(月)~16日(火) https://chupki.jpn.org/archives/8466 ーーーーーーーーーーー ひとり暮らしの桃子さん。 おらの今は、こわいものなし。 昭和、平成、令和をかけぬけてきた75歳、ひとり暮らしの桃子さん。 ジャズセッションのように湧き上がる”寂しさ”たちとともに、賑やかな孤独を生きるー 1964年、日本中に響き渡るファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、上京した桃子さん。 あれから55年。結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先…突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作る毎日。 しかし、ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、音楽に乗せて内から外から湧き上がってきた! 孤独の先で新しい世界を見つけた桃子さんの、ささやかで壮大な1年の物語。 新しい日常を生きる今、不安や寂しさを受け入れて力強く歩みを進める桃子さんの姿が優しく響く、可憐でたくましい唯一無二の感動作が誕生した。 ★沖田監督最新作『子供はわかってあげない』を同月に上映!   ~広く深く温かく優しい、沖田監督の世界へ~ ーーーーーーーーーーー 【収録内容】36ページ ◎桃子さんの愛らしい世界が満載!! ・イントロダクション 地球46億年の記録からスタート!…まるで図鑑? ・ストーリー ・キャストプロフィール&コメント ・レビュー:沖田修一監督のイズムが“独りで生きてゆく”姿の映像化を成功させた 松崎健夫(映画評論家) ・長編映画フィルモグラフィー ・監督プロフィール&インタビュー ・レビュー:寂しさと共存するということ 養老孟子(解剖学者) ・原作者インタビュー:愛か自由か?愛を蹴飛ばしてでも自由を選ぶ人でいたい (若竹千佐子) ・桃子さんの世界:空間、持ち物、ご飯、お弁当などなど…写真満載! ・プロダクションノート ・スタッフプロフィール ・主題歌 ハナレグミ「賑やかな日々」 。。。。。。。。。。。。。。。 監督・脚本:沖田修一 原作:若竹千佐子 出演:田中裕子、蒼井優、東出昌大、濱田 岳、青木崇高、宮藤官九郎 他 公式HP:https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp
      820円
      Chupki Online Shop
    • 商品の画像

      ミニシアターパークグッズセット

      *・゜゚・*:.。..。.'・*:.。. .。.:*・゜゚・* ★ミニシアターパークグッズセット★ ・オリジナル不織布マスク+マスクケース ・ステッカー            税込2,310円 *・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・* 俳優が中心となってミニシアターを支援するプラットフォーム「ミニシアターパーク」 http://minitheaterpark.net 発起人は俳優の井浦新さん、斎藤工さん、渡辺真起子さん。 彼らの呼びかけに多くの俳優たちが呼応し、日本全国の映画館を応援していく活動が昨年5月から始まりました。 ミニシアターを応援する動画 <See you at theater〜映画館で会いましょう〜> では、俳優たちにより全国のミニシアター名前が紹介されています。 気になるシネマチュプキは、、、「37セカンズ」の主演、佳山明さんが紹介してくださいました! https://youtu.be/oZ5XbiE2NIg そして今回、ミニシアターパークより、応援グッズが届きました。 収益の全てを劇場運営に役立ててください、とのメッセージが添えられていました。 シネマチュプキでは今年2021年は5月1日〜12日まで緊急事態宣言を受け、休館しました。 営業再開し、座席数を半分(10席)にしていても満席になることは殆どない状況が続いています。 そのような中で、応援グッズを考え、届けてくださったこと、 驚きと感謝の気持ちとともに、映画館をなくすわけにいかない!と背中を押された思いです。 誰もが仕事や学校、暮らしへ影響を受け、大変なのはどこでも一緒。。。 罹患され、様々な面で苦しい思いをされた方も多いかと思います。 そのような中で、わたしたちを応援してください、とはなかなか言いづらいのですが、 無理のない範囲で、もし少しお力をお分け頂けるようでしたら、本当に嬉しく思います。 商品価格の全額が、シネマチュプキの運営のサポートになります。 スタイリッシュなデザインのステッカーは、オフィスでもプライベートでも大活躍(^_^) ブラックの不織布マスクにも白でミニシアターパークのロゴが入っています。 マスクケースはチケットホルダーや、小物入れにも活用できますよ♪ ◾️オンラインショップでは、グッズをセット販売とさせていただきました。  ・オリジナル不織布マスク(黒)+マスクケース(半透明) 各1つ  ・ステッカー(白地に黒文字) 1枚 ・販売価格はミニシアターパークで設定されたもので、どこの劇場でも同一です。 ・シネマチュプキ窓口でも販売中です! -^-^-^-^-^-^^-^^-^^-^-^- CINEMA Chupki TABATA シネマ・チュプキ・タバタ 東京都北区東田端2-8-4 TEL・FAX 03-6240-8480(水曜休) http://chupki.jpn.org cinema.chupki@gmail.com -^-^-^-^-^-^^-^^-^^-^-^-
      2,310円
      Chupki Online Shop
    • 商品の画像

      パンフレット『MINAMATA-ミナマタ-』

      『MINAMATA-ミナマタ-』 販売価格 880円 送料別 上映時間:  12/2木~17金 14:40~16:35  *水曜休  12/18土~31金 10:30~12:25 *水曜休  2月11日(金・祝)~28日(月) 16:10~18:05 ※水曜休 ←アンコール上映!!! https://chupki.jpn.org/archives/8601 ーーーーーーーーーーー 一枚の写真が 世界を呼び覚ます 伝説の写真家 ユージン・スミス と水俣の実話から生まれた衝撃の感動作 1971年、ニューヨーク。アメリカを代表する写真家の一人と称えられたユージン・スミスは、今では酒に溺れ荒んだ生活を送っていた。そんな時、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。水銀に冒され歩くことも話すことも出来ない子供たち、激化する抗議運動、それを力で押さえつける工場側。そんな光景に驚きながらも冷静にシャッターを切り続けるユージンだったが、ある事がきっかけで自身も危険な反撃にあう。追い詰められたユージンは、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮る──。 ジョニー・デップがキャリアの全てをかけて伝える世界への警告と希望の光 ジョニー・デップが、全世界に関わるある重大なメッセージをハリウッドから発信する。 ーーーーーーーーーーー 【収録内容】24ページ ・イントロダクション ・ストーリー ・ジョニー・デップ インタビュー(2020年ベルリン国際映画祭公式記者会見) ・キャストプロフィール ・批評 川口敦子(映画評論家)/金平茂紀(TBS系「報道特集」キャスター,早稲田大学大学院客員教授)/ ・監督,スタッフ プロフィール ・プロダクションノート ・水俣病関連年表 ・対談 アイリーン・美緒子・スミス×石川武志 ・ウィリアム・ユージン・スミス,アイリーン・美緒子・スミス プロフィール 。。。。。。。。。。。。。。。 監督:アンドリュー・レビタス 出演:ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイ 他 音楽:坂本龍一 配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム 公式HP:https://longride.jp/minamata/
      880円
      Chupki Online Shop
    • 商品の画像

      パンフレット『おらおらでひとりいぐも』

      『おらおらでひとりいぐも』 販売価格 820円 送料別 上映時間:2021年11月1日(月)~16日(火) https://chupki.jpn.org/archives/8466 ーーーーーーーーーーー ひとり暮らしの桃子さん。 おらの今は、こわいものなし。 昭和、平成、令和をかけぬけてきた75歳、ひとり暮らしの桃子さん。 ジャズセッションのように湧き上がる”寂しさ”たちとともに、賑やかな孤独を生きるー 1964年、日本中に響き渡るファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、上京した桃子さん。 あれから55年。結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先…突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作る毎日。 しかし、ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が、音楽に乗せて内から外から湧き上がってきた! 孤独の先で新しい世界を見つけた桃子さんの、ささやかで壮大な1年の物語。 新しい日常を生きる今、不安や寂しさを受け入れて力強く歩みを進める桃子さんの姿が優しく響く、可憐でたくましい唯一無二の感動作が誕生した。 ★沖田監督最新作『子供はわかってあげない』を同月に上映!   ~広く深く温かく優しい、沖田監督の世界へ~ ーーーーーーーーーーー 【収録内容】36ページ ◎桃子さんの愛らしい世界が満載!! ・イントロダクション 地球46億年の記録からスタート!…まるで図鑑? ・ストーリー ・キャストプロフィール&コメント ・レビュー:沖田修一監督のイズムが“独りで生きてゆく”姿の映像化を成功させた 松崎健夫(映画評論家) ・長編映画フィルモグラフィー ・監督プロフィール&インタビュー ・レビュー:寂しさと共存するということ 養老孟子(解剖学者) ・原作者インタビュー:愛か自由か?愛を蹴飛ばしてでも自由を選ぶ人でいたい (若竹千佐子) ・桃子さんの世界:空間、持ち物、ご飯、お弁当などなど…写真満載! ・プロダクションノート ・スタッフプロフィール ・主題歌 ハナレグミ「賑やかな日々」 。。。。。。。。。。。。。。。 監督・脚本:沖田修一 原作:若竹千佐子 出演:田中裕子、蒼井優、東出昌大、濱田 岳、青木崇高、宮藤官九郎 他 公式HP:https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp
      820円
      Chupki Online Shop
    • 商品の画像

      ミニシアターパークグッズセット

      *・゜゚・*:.。..。.'・*:.。. .。.:*・゜゚・* ★ミニシアターパークグッズセット★ ・オリジナル不織布マスク+マスクケース ・ステッカー            税込2,310円 *・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・* 俳優が中心となってミニシアターを支援するプラットフォーム「ミニシアターパーク」 http://minitheaterpark.net 発起人は俳優の井浦新さん、斎藤工さん、渡辺真起子さん。 彼らの呼びかけに多くの俳優たちが呼応し、日本全国の映画館を応援していく活動が昨年5月から始まりました。 ミニシアターを応援する動画 <See you at theater〜映画館で会いましょう〜> では、俳優たちにより全国のミニシアター名前が紹介されています。 気になるシネマチュプキは、、、「37セカンズ」の主演、佳山明さんが紹介してくださいました! https://youtu.be/oZ5XbiE2NIg そして今回、ミニシアターパークより、応援グッズが届きました。 収益の全てを劇場運営に役立ててください、とのメッセージが添えられていました。 シネマチュプキでは今年2021年は5月1日〜12日まで緊急事態宣言を受け、休館しました。 営業再開し、座席数を半分(10席)にしていても満席になることは殆どない状況が続いています。 そのような中で、応援グッズを考え、届けてくださったこと、 驚きと感謝の気持ちとともに、映画館をなくすわけにいかない!と背中を押された思いです。 誰もが仕事や学校、暮らしへ影響を受け、大変なのはどこでも一緒。。。 罹患され、様々な面で苦しい思いをされた方も多いかと思います。 そのような中で、わたしたちを応援してください、とはなかなか言いづらいのですが、 無理のない範囲で、もし少しお力をお分け頂けるようでしたら、本当に嬉しく思います。 商品価格の全額が、シネマチュプキの運営のサポートになります。 スタイリッシュなデザインのステッカーは、オフィスでもプライベートでも大活躍(^_^) ブラックの不織布マスクにも白でミニシアターパークのロゴが入っています。 マスクケースはチケットホルダーや、小物入れにも活用できますよ♪ ◾️オンラインショップでは、グッズをセット販売とさせていただきました。  ・オリジナル不織布マスク(黒)+マスクケース(半透明) 各1つ  ・ステッカー(白地に黒文字) 1枚 ・販売価格はミニシアターパークで設定されたもので、どこの劇場でも同一です。 ・シネマチュプキ窓口でも販売中です! -^-^-^-^-^-^^-^^-^^-^-^- CINEMA Chupki TABATA シネマ・チュプキ・タバタ 東京都北区東田端2-8-4 TEL・FAX 03-6240-8480(水曜休) http://chupki.jpn.org cinema.chupki@gmail.com -^-^-^-^-^-^^-^^-^^-^-^-
      2,310円
      Chupki Online Shop
    • もっとみる

    最近の記事

    『歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡』岩波ホール最後の上映に行って参りました。

    『歩いて見た世界 ブルース・チャトウィンの足跡』7月29日、19時の回。 岩波ホールのスクリーンに映る最後の灯を目に焼き付けました。 岩波律子さんの上映前のご挨拶。 「今も上映を続ける映画館にも足をお運びください」とのお言葉。 秘かにエールとして受け取り、我々の劇場も色を持ち、映画を届けていけるように、邁進して参ります。 そして、満席の劇場で観る映画! 益々美しさを極めるヘルツォークの自己表出を、220名の観客と共に一つのスクリーンで見つめる体験! 「映画は文化である。

    スキ
    7
      • 『ちょっと思い出しただけ』から思い出したこと

        松居大悟×池松壮亮×尾崎世界観・クリープハイプ この並びだけで、思い出すことが沢山あります。 「思い出した」ことなので、極私的な思い出も書きますが、ご一読いただければ。この思い出の話は、詳細は違えど、誰しもが持つ「思い出した」あの時に通ずるものだと思うのです。 まず、思い出したのは、クリープハイプを聴きながら自転車に乗ってた中高生の時。自転車で学校に行って、部活で走って汗を流して、帰ってからクリープハイプのMVを観ながら筋トレしてた時。 中学の友達と、あんまり慣れないカ

        スキ
        27
        • 『フタリノセカイ』飯塚花笑監督トークレポート(’22/06/05)

          『フタリノセカイ』飯塚花笑監督トークレポート(’22/06/05) 6月5日上映後、本作の脚本・監督を務められた飯塚花笑さんをお招きし、舞台挨拶を開催しました! とても気さくで、笑顔が素敵な飯塚監督。お一人お一人のお話に誠実にお答えする姿に、皆さんうなづきながら熱心に聞き入っていらっしゃいました。 トランスジェンダーの真也と、パートナーのユイの10年の愛を描いた本作。性別を変更するために日本では必要な手術や、取り巻く環境など社会的背景を描きながらも、悩み、迷い、ぶつかり合

          スキ
          5
          • 独立20周年記念『カンタ!ティモール』広田奈津子監督トーク('22/05/21)レポート

            2022年5月20日、東ティモールは独立20周年を迎えました。それはインドネシアから主権を取り戻して20年が経つことを意味します。独立を迎えるまでの24年間、国民の3人に1人が亡くなりました。 これまで何度も上映してきた、チュプキにとって特別なドキュメンタリー映画『カンタ!ティモール(2012/広田奈津子監督)』。今回の上映は、やはりこの5月にどうしても観ていただきたい!と昨年から暖めていた企画です。 5月21日(土)には、広田 奈津子(ひろた・なつこ)監督をゲストにお招

            スキ
            16
            • 『プリズン・サークル』書籍発売記念! 坂上香監督ティーチイン('22/04/09)レポート

              上映するごとに大きな反響のあったドキュメンタリー映画『プリズン・サークル(2019/坂上香監督)』。このたび、その10年超にわたる取材の集大成となる書籍『プリズン・サークル(坂上香 著/岩波書店)』の刊行にあたり、チュプキでは記念アンコール上映をおこないました。 また、2022年4月9日(土)の上映後には坂上 香(さかがみ・かおり)監督にリモートでご登場いただき、ティーチインを開催。本記事ではその模様をお届けします。 映画『プリズン・サークル』について この日は親子鑑賞

              スキ
              15
              • noteはじめました。5月は「ウクライナ難民支援上映」を行います。

                noteはじめました。初めまして。 シネマ・チュプキ・タバタと申します。 当館は東京の下町、北区・田端にある、客席20席のユニバーサルシアターです。 詳しくはホームページをご覧ください。 開館6年目となる2022年。 多くの作り手の皆様、お客様のご縁で迎えることができました。 ご縁から授かったもの、生まれたものを文章にしてお伝えしたく、 この度、noteを初めます。 と言っても、書きたいことをどんどんと書いていきますので、よろしくお願いいたします。 5月は「ウクライナ難民

                スキ
                10