オフィスの指定業者の変更って、できるの?

オフィスの指定業者の変更って、できるの?

結論から言うと、オーナー側と交渉次第では、別の業者に変更することも可能です。 移転、退去の際には、一度オーナー側に確認してみるといいでしょう。 ただ、注意してほしいことは、 賃貸借契約書で指定業者に関して取り決めている場合、勝手に賃借人側で工事ができないということです。 事前にオーナー側と交渉し、承諾を得てから工事業者に依頼しなければなりません。承諾を得ず、独断で原状回復工事をすれば、あとからトラブルの原因になります。 難しい点は、オーナーとの交渉には、原状回復工事の範囲

スキ
9
オフィス移転時の指定業者って、なんだろう…

オフィス移転時の指定業者って、なんだろう…

指定業者って、なに?オフィス・事務所・店舗などの賃貸借契約書に 「原状回復工事はオーナー側で指定する業者で行わなければならない」 という制約が書かれています。 これが、原状回復時に問題となる、いわゆるオーナー側の「指定業者」というものです。 もし契約書に指定業者の条項がなければ?賃借人側で原状回復工事をすることも可能でしょう。 そうしたら、賃借人側で安くて信頼のおける業者に頼めるので、費用も格段と抑えられることでしょう。 賃借人にとっては、それが一番ですよね。 しかし、オー

スキ
9
ひとつの記事との出会いから何を得るか

ひとつの記事との出会いから何を得るか

私は、新たな出会い探しのため、 よくトレンド情報を集めることがあるのですが、 今回は偶然見つけた記事をご紹介♪ 私の大好きなエリア「代官山」に関するものだったのと、 この完成イメージ図が素敵で気になりました!! 隈研吾氏が手掛ける「代官山プロジェクト」以前、私が書いた、「高輪ゲートウェイ駅」を設計した隈研吾氏が、 このプロジェクトのデザイン・設計を担当されているそうです! これもなんか運命感じてしまいました~♪ 「暮らす」「働く」「遊ぶ」を融合した複合施設2023年秋

スキ
3
不動産オーナー探訪記 第11話 サッポロ不動産開発

不動産オーナー探訪記 第11話 サッポロ不動産開発

サッポロビールと言えば恵比寿。恵比寿といえばサッポロビール。そんな説明で良いでしょうか。怒られそうですが、今回は恵比寿ガーデンプレイスの運営母体ともいえる。サッポロ不動産開発についての探訪です。 企業概要と業態まずサッポロ不動産開発の母体と言えるのはサッポロホールディングス株式会社。こちらの出資会社になります。 サッポロホールディングスといえば、ビールメーカーのサッポロビールや清涼飲料水メーカーのポッカサッポロフード&ビバレッジなどを傘下に持つ純粋持株会社である。2003

スキ
21
不動産オーナー探訪記 第10話 三豊企業

不動産オーナー探訪記 第10話 三豊企業

だいぶ時間が空いてしまいました。今回のオーナー探訪記は第10回です。 不動産屋さんが興味わきそうなオーナー訪問系は最初の方に飛ばして入れてしまったのですが第10回は1世代でめちゃめちゃビルを購入していった、三豊企業です。 原宿の一等地、明治通りと隣接するところに自社ビルも所有してる「三豊企業」にスポットを当ててみたいとおもいます。 シリーズ連載 三豊企業とはどんな企業なのか まずは設立からどんな事業を行ってきたかに注目します。 1972年  田村秀雄、三豊企業株式会

スキ
5