パテントトロール

特許調査の出願人・権利者検索で留意すべき点【後編】

特許調査の出願人・権利者検索で留意すべき点【前編】では、出願人・権利者検索のキホンとして、

1)正式社名の確認
2)現在社名と過去社名の確認

や企業名の調べ方、法人格・法人形態の検索時の取り扱いについて解説しました。

【後編】では欧米や中国・韓国などの海外企業の出願人・権利者検索をする場合や特殊なケースについて解説していきます。

4.海外企業の出願人・権利者検索時の留意点

特許を調べる際

もっとみる
有料マガジン「Weekly 特許検索」もよろしくお願いいたします!
2

『パテントトロール―特許マフィアに狙われた日本企業の行方』石橋秀喜

はじめに:特許戦略

経営学を学んだことがある人もない人も、特許の重要性は重々承知されていることであると思う。

今回は、パテントトロールなる企業(組織)についての小説を紹介したい。パテントトロールとは、他社の特許を買い集めて、特許収入で富を成す企業または組織のことである。

異郷から来た女史が何者か知りたい人はこれを読んでくれ。

そして、女史のnoteをどう読むか、こちらを参考にしてくれ。

もっとみる

スタートアップを取り巻く特許侵害訴訟の世知辛い現実

ネットサーフィンしていたら、こんな記事を発見しました。

Azure IP Advantageって何?

Azure IP Advantageの説明動画はこちら(公式動画よりこっちの方がわかりやすかったので)

ざっくり内容を説明すると

・スタートアップ企業は特許侵害訴訟のリスクに侵されている
・マイクロソフトはAzureのユーザーに下記3種類のサポートを提供するよ(一定の条件を満たす必要はある

もっとみる
ありがたやありがたや...
5

天眼流’時事放談 @公文書や公式の依頼などもメール時代のようです

◆ 森友騒動とは別に、私は、ちょっと驚きました。

~~< 以下 引用 >~~   ■ 森友改ざん 財務省、近畿財務局に指示メール「国会対策」 ⇒ http://bit.ly/2DSnkYr ■     捜査関係者によると、特捜部は昨年4月、近畿財務局職員らが国有地を不当に安く売却したとする背任容疑での告発を受理。財務局は当初、改ざん後の決裁文書を特捜部に提出していた。しかし、職員が任意で提出した

もっとみる
また、よろしくお願いします。
2