ハレ800

相手に言葉を伝えるには

この文章は、自分の言葉が相手に伝わるようにしたい人に、読んでほしい。

さて普段、僕らは相手と言葉を使って、暮らしている。それは対面の会話、LINE、職場の文書、チャットなど、さまざまな場面やデバイスやツールで、使用されている。しかしながら、その内容の精度について、語られることは少ない。実際には多くの言葉が、相手に意味不明な状態で、伝わっている。

たとえば、きのうの友人とのチャットや、ネットに流

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
10

読む

おはようございます。今週も書いていきます。

このコロナ禍に、幾度となく、#ブックカバーチャレンジ、の文字を見た。幸か不幸か、僕のもとにそれは回ってこなかったが、横目でそのタグを追いながら、想うことがあったので、記しておきたい。あれ読んでないだろう。

たしかルールは、本のカバーを写真であげて、中身については説明しない、だったと思う。もはや本はファッションであって、インテリジェンスでも、インフォメ

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
6

都合のいい文化

おはようございます。きょうも書いていきます。

文化という言葉は、都合のいい言葉だと思う。文化が合わない、文化が違うという会話を、した経験は無いだろうか。カルチャーマッチといえば、更に親しいかもしれない。いずれにせよ、文化というある基準に則したときに、それに合う合わない、といった判断する行為を指している。

これがいつからか傲慢な態度のように感じるようになった。なぜはじめから規定のものがあって、そ

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
4

優しさ

岩波書店刊行の雑誌『世界』の2020年3月号で、2018年のノーベル文学章を受賞した、オルガ・トカルチュクがこう述べている。——優しさとは、人格を与える技術、共感する技術、つまりは絶えず似ているところを見つける技術だからです。(中略)優しさは、関係するすべてに人格を与えます。——

最近は優しさに関して、問われることの多かった僕は、これを読んで、胸を撫で下ろした。

一般的に「優しさ」というものは

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
7

 クラウドファンディングみたいと僕は言って——彼女の反応は薄かった。きのうから、やがわんの企画がはじまっている。このGW中にnoteで100本の記事をあげるらしい、仲間と共に。——僕もそのうちの一人である。相談を受けたとき、まずはじめに連想したのが、先の表現だった。

この企画は、よくわからない。とにかく、つまりは、やがわんのこの企画にのってみたいか、のってみたくないかだけなのである。結果、どうな

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
15

アマビエ

おはようございます。今週も書いていきます。

目に見えないものを大切にしようと語りあっていたら、目に見えないものが襲ってきた。私たちは何を恐れているのか。

「アマビエ」という妖怪の絵が入ったグッズや菓子が、売れているらしい。疫病退散にご利益があるそうだ。古くから人々は不安に襲われると、それを祓うかのごとく、絵や文字にして眺めたり、持ち歩いたりしてきた。地域の伝承などは、その最たる例だろう。

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
3

余韻

おはようございます。今週も書いていきます。

ゴミ箱に捨てちゃえばいいと思います、というのは小学校一、二年の記憶である。クラスでいじめのようのものがあり、先生がその処分をどうするか、問いかけたところ、ある女子が言った。捨てるのは、いじめた人間である。

何があったのか、そのあとにどうなったかは定かではない。僕はそのあと、転校をしている。親によれば、自ら転校したいと申し出たということだが、記憶がない

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
6

コロナと人格

おはようございます。今週も書いていきます。

コロナの影響で、家にいる時間が、長くなった人も多いだろう。きょうは、家に長くいることで起きる事態と、その対処の仕方について、書いていく。

先日「コロナ離婚」というキーワードがTwitterのトレンドにあがっていた。いわゆるパワーワードを、誰かがまた開発して、流布したのかと思ったが、深刻に考える必要がありそうだった。限られた一つの場所に居続けるのは、人

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
6

なにをつくっているのか

おはようございます。今週も書いていきます。

情報の伝達と、感情の伝達というのは異なる。最近YouTubeを編集しているなかで、そのことに気がついた。いま多くの人は情報の伝達を求めている。それは「ながら」で観られることで、すぐに分かることで、真似がしやすいことである。情報の伝達には、まず「どうやるのか」を伝える必要がある。

たとえば、この記事のタイトルを「noteの記事のPV数を増やすには」とか

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
7

幻想

おはようございます。今週も書いていきます。

東京オリンピック・パラリンピックが延期になって、なにかがガタガタっと音を立て、崩れた感じがある。同日、東京都のコロナの感染者数の発表が、一気に増えたのも、偶然ではないだろう。幻想というものが崩れた音だったのではないか。

思えばこの数年、日本人は「オリンピックまでは」という想いを、どこかで抱いていたように感じる。何かを節目にすることで、意思決定を行いや

もっとみる
ありがとうございます。よい一日を。
10