泣き虫ジョッシュと惨劇の館/総括

謝辞・区切りはつけよう

どうも、slaughtercultです。
物語終了が4月16日なので、少し間を開け過ぎました……申し訳ない。
次のシリーズに入る前に、きちんとこの作品を反省したいと思います。

アルバム『Chet Baker Sings』より、最終曲『Look For The Silver Lining』。
最終話の最終場面、シボレー・インパラの車内でラジオ放送されていた曲。
クラウディ

もっとみる
最後までお読みいただき、感謝申し上げます!
5

「ギブギブギブだから。」

ギブ・アンド・テイクって言葉があるけど、

これは損得勘定で生きるつまらない人間を創る言葉だ。

言われたことだけをやる奴隷的な人間を創るだけ。(言われたことすらやれない奴も多くいるが。)

テイク前提のギブなんて所詮そのテイク以上はできないし、

そもそも最初からテイクしてもらおうと考えている時点で人間として終わってると思うよね。

これしてあげたんだから、これはやってよね。って発想はホントにク

もっとみる

シラフストリートの月

きょうは、お酒なし。
アイスコーヒーのグラスが可愛い。
ああ、チェット・ベイカーはひたすらいいな。
あまい夜の海。
お酒がほしくなるけれど、へいき。私の心はあまく酔っている。

昨日は新月、つまり闇夜だった。
なるほど。
月を失って私は正気を失いかけた、というわけ。
きょうは、一日目の月。
ツキはめぐってくるもの。

チェットの夜の通りをぶらぶら散歩する。
お月さま、まだかな

もっとみる
おいでよ、ベイビー!もっとあそぼうよ☆彡
1

夢見がちな女の子

♪ Someone to watch over me

ジョージ・ガーシュインの この歌がすき。
甘い綿菓子を 身体中に巻きつけたみたいな気分になる。

いつかどこかの 誰かに宛てた あてのない曲。
もうすぐ 運命の人に逢えますか。
私だけのあなたは、必ずいるはずだもの。

いつかきっと すてきな人が現れる。
私は森の中で迷子になって 途方に暮れているから
あなたが運命の人ならば、放ってなんておけ

もっとみる
゚+.(・∀・)゚+.゚ わぁーい。
8

芸術の秋に観たい、ちょっと切ない映画 3本

「芸術の秋に観たい、ちょっと切ない映画を選んでほしい」というリクエストをいただいたことをキッカケに、これまでに観た映画の記憶をひっくり返してみて、コメントと共に3本選んでみました。

日が落ちるのがはやくなり、日が落ちてからは肌寒さすら覚える季節。
そこから連想されたのは「死」のイメージ、もっと言うとそれに向かう過程、
つまり「老い」や「枯れ」といったイメージが頭を離れませんでした。

しかし、た

もっとみる

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ 映画部~嫁回~最終夜」でブルーに生まれついてとドライヴのお話をさせていただきました。

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ 映画部~嫁回~最終夜」でブルーに生まれついてとドライヴのお話をさせていただきました。

男でも惚れちゃう男って結構自分が体現できない男臭さの偶像みたいなもののようにおもうのですが、そう考えるとイーサン・ホークもサミュエル・L・ジャクソンも結構ベクトルが違うのですが、言いたいことは同じなのかもしれないなとおもいました。

いずれにしてもこの何の辱めなのかわからない

もっとみる

ブルーに生まれついて

実在した伝説のジャズプレイヤー、チェット・ベイカーの半生を描いた伝記映画。

あの時代のバンドマンはドラッグが日常茶飯事だったと聞いたことがある。ジャズの世界でも麻薬で身を滅ぼした者は多く、チェット・ベイカーもヘロイン依存から最後まで抜け出すことはできなかった

しかし、チェットは最後まで音楽を辞めなかった。ジャズマンであり続けようとした。普通の常識で考えたらチェットみたいな人間はどうしようもない

もっとみる
(•ө•)♡
5

Born to Be Blue 「ブルーに生まれついて」イーサン・ホークのチェット・ベイカー

前から観たかった「Born to Be Blue」を週末に鑑賞。記録したいことをテキストにまとめたかったけど、ここのところエネルギー切れで・・・ぐずぐずしていると忘れそうだし、小出しで綴ることにする。

 チェット・ベイカーは名前だけしか知らなかったわたし。確か村上春樹さんがどこかで書いていたと思う。しかし「Born to Be Blue」は大好きな曲だったので、この映画のことを知った時に記憶のど
もっとみる

来てくださってありがとう💓
14

ブルックリン物語#34 Alone Together「アローン・トゥギャザー」

携帯に万歩計のアプリを入れてから一日に何歩歩いたかがわかる。これが面白くてどんどん歩くようになった。

11月の中頃からだから1ヶ月ちょっと毎朝毎晩。考えがまとまらない時は、歩くとどんどんアイデアが整理されていくのがわかる。小指の痺れ、肩のこり、腰の痛みなど体の不調が歩くことによって矯正されていくのもわかる。とくに朝の街は目覚めてゆく時間帯の変化を身体全体で感じて気持ちいい。少しずつ喧騒が大きくな

もっとみる

「ブルーに生まれついて」

原題:Born to Be Blue
監督:ロバート・バドロー
製作国:アメリカ・カナダ・イギリス
製作年・上映時間:2015年 97min
キャスト:イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ、カラム・キース・レニー 

 映画を観た後、JAZZに関してはmusicianの背景についてこれまであまり詮索しないままに来たことに気が付く。勿論、クラシックと違いどうしても白人・黒人に関しての情報は自然と付い

もっとみる