ショウガ

ショウガがマイブーム

ショウガは高知産のショウガが良いと過去に聞いた事があるので、高知産であれば買っている。体調を去年から年始まで壊していたので、身体を温めることを外から取り入れることにした。

ショウガを細かく切ったものと、しょうが紅茶(テーパック)に水を入れてレンチンして温かいショウガ紅茶を飲むようにした。

煮物にもショウガを投入。こんな感じで煮た。

カツオ出汁もあり、ショウガの味もあり、具だくさん(割合的にニ

もっとみる
スキありがとうございます!
2

【薬膳のキホン⑨ 五味~辛】

【薬膳のキホン③ 五行】で
味覚(五味)は、五行の「木火土金水」に対応すると書きました。

「金」に対応する味覚は「辛」です。

「金」に対応する身体の部位を挙げると
「肺」「大腸」「鼻」「皮膚」「肌」などがあります。

五臓とは「肝」「心」「脾」「肺」「腎」を指しますが
その中で直接外界とつながっているのは「肺」です。
もちろん、口や鼻、気管を通って空気が入るのですが、五臓の他の部位よりもダイレ

もっとみる
私もダイスキ(^^♪
23

冷え性(低体温)からの脱出・食材No.1「甘酒」

日本人の体温は、この数十年間で0.7℃低下。
 便利な車や家電に囲まれて運動量が大幅低下。それが肥満化と筋肉量を減らし体温を低下させた元凶。
 免疫力が正常に保たれる体温は「36.5℃」。現代人は、これより低体温ですね。現在の平均は"36.20℃"。50年前の日本人の平均は36.89℃。

 低体温は、肥満、ガン、動脈硬化、不眠、便秘、むくみ、生理痛などの原因。調査では、アトピー患者は低体温気味で

もっとみる

"シワのない美肌"作りには「ショウガとニンニク、納豆(大豆)」

オデコ(額)のシワですが、シワが深い人の死亡率は約10倍にもなることが判明。

 この死亡率の急上昇の原因として、
 ■額のしわはアテローム性動脈硬化が起きている証拠?
 アテローム性動脈硬化とは、大動脈や脳動脈、冠動脈などの比較的太い動脈に起こる動脈硬化で、動脈の内壁にコレステロールなどのドロドロしたかゆ状物質がたまってアテローム(かゆ状硬化巣)ができ血管が狭くなる現象。
 額のシワは、アテロー

もっとみる

ひじきのしょうが煮

#ひじき #しょうが #ショウガ 

乾燥ひじき────30g、水で戻す

しょうゆ─────大さじ2

みりん──────大さじ2

砂糖───────小さじ2

だしのもと────少々

生姜のみじん切り─大さじ1

・フライパンで煮る

つくりおき 炊き込みご飯

こんにちは^_^
笑顔と料理で幸せの輪を広げたい保育園栄養士&パーソナルシェフとろみです。
ホットクックの1品レシピです。

材料(2人分)

コメントもお待ちしています。お気軽にどうぞ

私のこだわり

夏も終わりですが、冷やしそうめん、ざるそばなど今年も冷たい麺類を何度か食べました。

だいたいめんつゆに、薬味のネギとワサビを入れて食べるのですが、妙なこだわりがあって、冷たいうどんを食べるときの薬味はネギと、

ショウガ

なんです。子供もころはショウガは苦手だったんですが、大人になってから食べる機会も増えて、好きなってきた食べ物の一つです。

いつからなのか覚えていないのですが、冷たいうどんを

もっとみる
やった!ありがとう!クリームパン食べます!
7

つくりおき 豚肉とレンコンの甘酢煮

こんにちは^_^

笑顔と料理で幸せの輪を広げたい保育園栄養士&パーソナルシェフとろみです。

ホットクックでつくる1品レシピのご紹介です。

保存は冷蔵で約5日できます。

**

材料**

スキありがとうございます
3