ゲームクリエイター

ゲーム企画科紹介のまとめ

●御礼

ここまでご覧いただいた紳士淑女の皆さん

1か月間お付き合いいただき
誠にありがとうございました!!!!!!!
企画科公認Vtuberのプラムニー
Note制作者一同、御礼申し上げます!

ここまでお付き合いいただいた方には
小さな幸運が訪れることでしょう。
――この記事を読んだ後、APEXをすると
なぜか赤アーマーに恵まれます。

偶然ではありません。“私”です。

ということで最後ま

もっとみる

詩【デビルズ・インサイド】

文明の変態を
加速させたなら
それに見合う速度で
お前らも
変わってみせろと
雲が鳴き
映し出された
影像に化けて
踊ってごまかす
すべしか知らずに
遠い空では
悪魔と呼ばれる
科学が生んだ
ブラックホールが
電磁波を喰らいながら
虫のように
意志さえもなく
悪意の凝固にさえ
該当しないまま
悪魔の凝固として
拡大し
わたしたちはただ
なすすべもなく
影像と化した
わたしたちの鏡に狂う

一粒の嵐

もっとみる
胸、焦がすぜ!
3

ゲームプランナーになりたい人に読んでほしい本が出ていた話

この前Twitterを見ていたら、TLに以下の本の宣伝が流れてきました。

FGOのクリエイターの方が書かれた本になります。

ざっくり読んでみたのですが、自分が学生のときに抱いていた「ゲームクリエイターって何をすればいいんだろう。どうあるべきなんだろう」という疑問の答えが載っていました。

ぜひ、ゲームデザイナー(プランナー)になろうと勉強されている方、もしくは学校でゲーム制作を学んでいる方に読

もっとみる

第274号『続・創作は1人でやるものだった』

前回に引き続き『創作は1人でやるものだった』という改めての気づきに関する話をしようと思います。

ゼロからのクリエイティブは所詮ひとり

ゲームソフトの開発はたくさんの開発スタッフと一緒に行うチームビルドですが、そもそもの「こういった作品を世に出そう」という意思は1人の人間から発信されるものだということです。

またこれは企画の根本的なアイデアという話だけでなく、複数の要素が絡み合ったシステムであ

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです
19

《ティール組織》の特徴、「1:自主経営」

弊社PlayLifeの働き方、
または
私が関わるチームでの働き方について綴っています。

弊社ではティール組織という
概念を取り入れています。

ティール組織の内容は
非常に多いので、分割して
記載させていただいております。

今回は、ティール組織の3つの特徴
1:自主経営
2:全体性
3:存在目的 
の1つ、
1:自主経営について触れていきます。

1:自主経営(セルフマネジメント)

1-1

もっとみる
noteをやらなきゃハドソン!
5

《ティール組織》ミーティングの方法

弊社PlayLifeの働き方、
または私が関わるチームでの
働き方について綴っています。

弊社ではティール組織という概念を
取り入れています。ティール組織の内容は
非常に多いので、分割して
記載させていただいております。

本日はミーティングの方法について、です。

まずはティール式をご紹介し、
その後に、弊社ならではの
具体的な進め方をご紹介します。

【ティール例】ミーティングは3ラウンドで

もっとみる
バグってハニーってエロアニメじゃないって知ってた?
21

「ゲームクリエイター甲子園」エントリー作品紹介動画まとめ vol.1

ゲーム業界の未来を担う学生を現役クリエイターが支援する世界初の成長型ゲームコンテスト「ゲームクリエイター甲子園」にエントリーしている作品の紹介動画をまとめました!

公式サイトはこちら

応募フォームはこちら

公式Twitterはこちら

【エントリーNo.48】 Mad01『FairyBurst』

【エントリーNo.12】 Aufheben『BlockPress』

【エントリーNo.8】

もっとみる
スキありがとうございます! めっちゃ嬉しいです!!
3

《残酷な資本主義》で可能性を伸ばす方法

資本主義というのは残酷なもので、
才能に対する収入が、業種によってバラバラで
さらにはそのレート(率)にも
何千倍もの差がある世界です。

例えば、あなたに「千人に1人のレベル」の、
サッカーの才能が有ったとします。

しかし、それほどの才能が有ったとしても
プロで活躍することは極めて難しいでしょう。

その理由は、
日本人は1億2千万人程いますから、
千人に1人ということは、
あなたは、日本で1

もっとみる
コロコロ派?ボンボン派? やっぱハゲ丸だよね
15

【ゲーム開発者インタビュー】UI/UXデザイナーの経歴が興味深かったのでインタビューしてきました!

G2 Studiosには様々な個性やバックグラウンドを持つ社員が在籍しています。今回は衝撃的なプロフィールをもつ、UI/UXデザイナーのH.Yさんを紹介したいと思います!

UI/UXデザイナー H.Y

2020年2月中途入社。現在はデザインチームに所属し、新規開発タイトルのUI/UXデザインをメインに行っている。

▼衝撃のプロフィールはこちら

大工からバーテンまで!? 面白いものに飛びつい

もっとみる
宜しければシェアお願いします♡
8

ブロック崩しに宝くじを混ぜたら化学反応が起きた話

「へえ、あんたもうちに宝くじを買いに来たのかい?好きだねぇ。うちの売り場は連番しか売ってないんだがね。ほら、お求めのくじだ。」

「さあ、あんたのブロック崩しを見せてくれ。」

はじめに

ブロック崩しで宝くじを当てるゲームを作った。

もう少しちゃんと説明すると「ブロック崩しで宝くじを当てて賞金を稼ぎ、増えた所持金を使ってパワーアップするゲーム」となっている。

この作品は1週間でゲームを作るイ

もっとみる