ガールズリーダーシップ

自信のない女性たち

突然ですが、わたしは自信があるように振舞うのが苦手です。
特に仕事の場面において、「言い方に自信があった方が相手の信頼を得られる」と頭ではわかってはいるものの、「自分はこの案件について100%理解できているだろうか?」と自問自答してしまい、ついつい声が小さくなってしまう…なんていうことが未だにあります。

しかしこれは、わたしに限らず、多くの女性に共感される“あるある”なのかもしれません。

少し

もっとみる

笑顔を褒められる女の子

先日あるシーンで、「まずは、僕みたいなおじさんより、綺麗な女性に挨拶をしてもらった方がいいんじゃないか?」と、発言されている男性がいて、久々にMBAを取っていた時のことを思い出しました。

授業でグループワークをする事になり、グループから、社長役、営業部長役、タイムキーパー、書記を選ぶようプロフェッサーから支持がありました。グループのある男性が、タイムキーパーと書記は、綺麗な人がいいんじゃないか?

もっとみる

「お母さん」は専業主婦だけ?

“国民的”と冠がつく「サザエさん」「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」「クレヨンしんちゃん」などのアニメに出てくるお母さんは全員専業主婦です。
サザエさんは1969年、ドラえもんは1979年、ちびまる子ちゃんは1990年、クレヨンしんちゃんは1992年にアニメ放送が開始されました。それぞれ漫画原作なので作品が生まれたのはもう少し前ですが、その時代に“一般的”であった家族の形をベースにしていることが伺

もっとみる

わたしたちは「容姿」の呪縛から逃れられるのか?

今年の7月、上智大学でミスコン、ミスターコンが中止されたことが話題になりました。
“ミスコン、ミスターコンは「ルッキズム(外見至上主義)」を助長している”、との声を受けての判断です。

とりわけミスコンは「女性アナウンサーの登竜門」と言われるなど見た目が強調されがちですが、ミスコンに出場する女性たちのインタビューを読んでいると、ミスコンを通じて社会にメッセージを伝えたい、自分がミスコンに出ることで

もっとみる

女子教育の現状

2018年、UNESCOは、世界の5人に1人が学校へ通えていないという報告書をまとめました。
その中で、教育を受けられていない6歳から17歳の女の子は、約1億3200万人 いると述べられています。

世界の女の子が、平等な教育を受けられない理由。
国や地域によっても理由は様々ですが、今回は特に女性教育の推進が必要な、開発途上国の現状に目を向けて考えてみましょう。

男女平等な教育を実現するのが難し

もっとみる

女子教育とは

皆さんは、「女子教育」という言葉にどんなイメージを持っていますか?
今回は改めて、女子教育の定義について考えていきます。                                                      
以前、女子教育という言葉は、家庭教育や社会教育を含む意味合いで、男子への教育と区別する為に用いられてきました。これは、「女性は男性よりも体力や能力が劣るため、社会的役割も

もっとみる

コロナ禍 女性リーダーが大活躍

新型コロナウイルス対策において、世界の女性リーダーの手腕が賞賛されています。
鍵となったのは、スピードと実行力!

感染拡大初期、台湾の蔡英文総統は、昨年12月の時点で武漢での正体不明ウイルスが蔓延している情報をキャッチ。武漢からの入国者へ検査を義務付けました。その後、疫病対策の指令センターを立ち上げたり、マスクなどの防護具の生産を増強したりするとともに、航空機の乗り入れ規制も早急に行いました。

もっとみる

誰もが幸せになれる結婚の形を

安倍政権が成し得なかったことに「選択的夫婦別姓制度の導入」「同性同士の婚姻の実現」が挙げられます。今回は当事者として「選択的夫婦別姓制度の導入」について投稿します。

現在、日本で結婚するには夫または妻どちらかの姓に統一しなければならず、これは世界でも唯一の事例になっています。制度上は男女どちらの姓を選んでもいいことになっていますが、実際には96%もの女性が夫の姓に改姓しています。国連からも再三の

もっとみる

女性リーダーをもっと知りたい!カマラ・ハリス

カマラ、あなたはこれから何をするにも、初めての人なことがたくさんあるでしょう。でも、絶対にあなたが、最後の人にしてはいけないわよ。“Kamala, you may be the first to do many things, but make sure you’re not the last.” -これはカマラさんが、お母さんから言われた言葉。

会議室の中で、女性が私だけ。そんなシーンを何度も

もっとみる

本を好きになる方法?

ビックシスターズに小学生女子への本の読み方のアドバイスを頂きました。

「読書好きなビックシスターズから、小学生シスターズに本の読み方や読む本の選び方、たくさん読む習慣づけの工夫などアドバイスをもらえませんか?!」

【ビックシスターAさん】
私が大学生になってたくさん読むようになった理由は、キャンペーンで感想のミニカード(名刺より少し大きいサイズ)を書いて学校の本屋に提出すると、1枚につき1つス

もっとみる