日本のオンラインショップ事情

日本オンライン市場は、世界で見てもとても盛んですが、ただ盛んなだけでなく、市場の成長自体が早いことも特徴的です。

盛んな理由は、
・国の経済が全体的に発達していること
・都市部の人口
・第一言語が日本語なこと
の3点が挙げられます。

国土も海外と比べて大きくないことに対し、流通は発達しているので、簡単に運送することができ、便利です。

国内のオンラインサービスの「楽天」や「kakaku」が主流

もっとみる

ユニコーン-世界で最も価値のあるスタートアップ

CB Insightsによると、TikTokの親会社である中国のAI企業Bytedanceは、世界で最も高く評価されているスタートアップ(現在は非公開の新進気鋭の企業)だという。1400億ドルと評価されているこのベンチャーは、中国でコンテンツプラットフォーム「Toutiao」を運営しており、機械学習を利用して、伝統的なメディアと新しいメディアのソースの中から、個々の視聴者に合わせたニュースフィード

もっとみる

アップル?アンドロイド?国別スマートフォンOSの普及率

世界で最も人気のある2つのスマートフォン用OSのビジネスモデルの違いから、同じレベルでシェアを争うことはありませんが、Appleは一部の新興国でのシェアの低さに満足していません。 iOSユーザーが最も少ない国であるインド、この状態は変わるかもしれません。

Appleは、地元の生産施設に投資後、初めて国内に自社の店舗を開くことができるようになります。このルールは、過去に10億人を超える人々の市場へ

もっとみる

1杯のカプチーノの値段が高い都市ランキング

今日(9月20日)は、カフェやレストランで無料または割引のコーヒーが提供されるアメリカの全国コーヒーの日です。コロナウイルスの大流行が私たちの生活を変えてしまう前は、海外旅行中の午後の一休みに、まともなコーヒーを楽しむことに勝るものはありませんでした。ドイツ銀行の世界価格とさまざまな都市や国の生活水準に関する年次調査の第8版によると、コーヒーを飲むために、一部の都市ではかなりのコストがかかることが

もっとみる

最もコーヒーに夢中な国はオランダ

今年は、オランダの人々が最もコーヒーを飲むでしょう。Statista Consumer Market Outlookの予測によると、ヨーロッパの国では一人当たりのコーヒー消費量は8.3キログラムに設定されており、彼らは世界で最もホットブラウンのカップを熱心に飲む人となっています。北欧諸国のフィンランド、スウェーデン、ノルウェーのグループははオランダに次いでランキングされています。

(この記事は当

もっとみる

ポータブルミュージックの歴史

1979年にソニーが最初のウォークマンを発表したとき、ポータブルで、不格好なカセットプレーヤーは、完全にゲームチェンジャーでした。

これにより、世界中の音楽愛好家は、自宅や車の運転中にお気に入りの曲を聴くことしかできないという束縛から解放され、あらゆる場所に音楽をもたらしました。

ウォークマンを「反社会的な電子の未来の強力な象徴」と見なし、「人類の運命を心配している」と軽蔑する人もいましたが

もっとみる

アマゾン:それは多彩で野心的なテック企業

2020年9月28日

多くの人がアマゾンといえば、その名を冠したeコマース・プラットフォームで知られていますが、世界で最も人気のあるオンライン小売業者であるアマゾンは、ここ数年で事業を大幅に拡大してきました。先週の木曜日に開催された秋のイベントで、Amazonは、一筋縄ではいかない幅広いテック企業になるという野心を強調し、さまざまな新ハードウェア製品と独自のクラウドゲームサービスを発表しました。

もっとみる

絵文字が急増:2021年には3,353字に

2020年9月25日

2020年には「バブルティー」「プラカード」「トランスジェンダーフラグ」など117種類の新しい絵文字がリリースされ、人気絵文字の数は3,136種類に増加した。すでに、2021年には217種類の絵文字がリリースされることが発表されており、その数は3,353種類に増加します。ユーザーは、燃えるようなハート、ひげを生やした女性、異人種間のカップルなどの絵文字を年内に送信できるよう

もっとみる