ギターがバンドに2人以上いる時のアレンジの秘訣!?

同じ楽器が2人いる編成の場合
やはり同じことをやると
音がぶつかってきれいに響きません。

ギター2本の場合のアンサンブル
の秘訣について動画で解説しました!

スキありがとうございます!もっといい記事書きますね!
25

Flex3「夏雲のワルツ/Summer Clouds Waltz」¥900

PDFデータの入ったZip.ファイルにて販売しております。
ご購入いただくと一番下にダウンロードボタンが現れます、そこからダウンロードいただけます。

Flex3(フレキシブル3重奏)について簡単にご説明させていただきます。

スコアはinC表記のみです。

パートは以下のようになっています。

【Part1】

inB (Cl./S.Sx./T.Sx.)
inC (Fl./Ob./Vl

もっとみる

Dichterliebe 詩人の恋 / op48より11番 / R.Schumann /

🔖自己紹介(固定)
クラシックの演奏をしています。主に声楽や管弦打楽器の伴奏(共演)です。ジブリやディズニーなど子ども向けの曲を用意し、訪問演奏にも出かけています。

🔖練習日記とは
ピアノパート(伴奏)練習のワンシーンです。
歌手不在での準備段階のため器楽的な演奏部分ご容赦ください。アンサンブルの時には呼吸を合わせるため弾き方は変わります。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

もっとみる
ありがとうございます♪よい記事が書けるようにがんばります\(╹◡╹)/
2

ただひたすらに静謐で美しく心澄む音楽を奏でる弦楽アンサンブル「Cicada」

朝の和やかなひととき、陽が沈む前の夕暮れの一瞬、そうした日常の何気ない風景や自然をふと眺めながら、心を落ち着け安らぎたい。そんなときに聴く音楽として、台湾の室内楽(アンサンブル)グループ「Cicada (シカーダ) 」をぜひおすすめします。

※室内楽とは、2~9人による小編成の合奏室内で演奏される音楽。アンサンブルとは、少人数による合奏のこと

Cicadaという音楽グループについて

Cica

もっとみる
スキありがとう!わ、わても…あんさんのことが…すっきゃで(照)
7

浜千鳥 / 詞 : 鹿島 鳴秋 / 曲 : 弘田 龍太郎

🔖自己紹介(固定)
クラシックの演奏をしています。主に声楽や管弦打楽器の伴奏(共演)です。ジブリやディズニーなど子ども向けの曲を用意し、訪問演奏にも出かけています。

🔖練習日記とは
ピアノパート(伴奏)練習のワンシーンです。
歌手不在での準備段階のため器楽的な演奏部分ご容赦ください。アンサンブルの時には呼吸を合わせるため弾き方は変わります。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

もっとみる
ありがとうございます♪よい記事が書けるようにがんばります\(╹◡╹)/
5

東京都アートにエールを!プロジェクトにMan Double Reed Ensemble Tokyoが掲載されました

そして、このアンサンブルの楽譜も発売開始です!
5人でもダブルリード合奏でもご利用いただけます。
リードの管理も大変、楽器も高い。だけど、だからこそ、そんなダブルリードをこよなく愛する皆様に演奏していただけたらと思います。
https://mdrshop.thebase.in

SummerSale開催中です
https://mdrshop.thebase.in
10,000円以上お買い上げでご利
もっとみる

Dichterliebe 詩人の恋 / op48より10番 / R.Schumann /

🔖自己紹介(固定)
クラシックの演奏をしています。主に声楽や管弦打楽器の伴奏(共演)です。ジブリやディズニーなど子ども向けの曲を用意し、訪問演奏にも出かけています。

🔖練習日記とは
ピアノパート(伴奏)練習のワンシーンです。
歌手不在での準備段階のため器楽的な演奏部分ご容赦ください。アンサンブルの時には呼吸を合わせるため弾き方は変わります。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

もっとみる
ありがとうございます♪よい記事が書けるようにがんばります\(╹◡╹)/
8

ベイシー楽曲分析-Basie Straight Ahead

リスニング(聴くこと)が、ビッグバンドをスウィングさせるために必要不可欠な要素だ、と気付いたことから、指導するバンドにカウント・ベイシー楽団の曲を毎週1曲ずつ聴かせようと、リスニングの助けになる楽曲分析を始めました。それを、こちらに掲載していきたいと思います。

今回はこの曲「Basie Straight Ahead (Arranged by Sammy Nestico)」。

1. リスニングの

もっとみる

ベイシー楽曲分析-Shiny Stockings

リスニング(聴くこと)が、ビッグバンドをスウィングさせるために必要不可欠な要素だ、と気付いたことから、指導するバンドにカウント・ベイシー楽団の曲を毎週1曲ずつ聴かせようと、リスニングの助けになる楽曲分析を始めました。それを、こちらに掲載していきたいと思います。

まずは、この曲「Shiny Stockings (Arranged by Frank Foster)」から。

1. リスニングのポイン

もっとみる

Soundgarden の魅力とは?個人的な浅い解釈。くだらんウンチクですよ。偉そうに書きました。

リフがツェッペリンで、グルーヴがサバスと言われたバンドでしたが、
初めはよくわからなかったです。
しかし、カッコいいと思い始めてよく聴くようになってからは、なるほどでした。
まず、ダウン・チューニングでヘヴィさを作り、クリス・コーネルの音域の広さでいろんな曲に合うようにしている。ダークな歌詞の世界にコーネルの乾いた声がよく合っていたし、ちょっとオジーのような感じもする。
ベースはキャッチ―なライン

もっとみる