システム内製化かアウトソーシングか、それが問題だ

<要約>システム内製とアウトソーシングという相反するベクトルは、企業のシステム化を考えるうえで、常に意識したいものだ。ただし、企業規模が大きくなり、処理データ量が多くなるにつれ、完全な内製はあまり現実的な選択肢ではなくなるが…。いずれにせよ、より一層の業務への精通と標準化への志向、加えて「ユーザースキル」の体得が、効率的なシステム投資のカギになるだろう。

 10年以上前に、エンドユーザーコンピュ

もっとみる

少数精鋭を実現する人材計画の策定方法

前回は「少数精鋭の組織を支える人件費管理の方法」と題して人件費から必要な予算を試算しました。

今回は、その人材計画についての策定方法について解説を進めていきたいと思いますが、生産性に連動して人件費予算を作ってしまうと、人材計画の策定ではそれで定員が決まってしまいます。

確かに、人件費は企業経営の中で固定費の中心を占め、収益力に多大なる影響を与えますが、ベンチャーや新規事業では人員投入はどうして

もっとみる
よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
19

【納品】「ニーホさん人形」完成のご報告と、初めてアウトソーシングしてみた感想

ココナラでお願いしていた「ニーホさん人形」が完成してうちに届きました!納品です。

※私が最近描いている「ニーホさん」というイラストを立体化したく、ココナラで見つけた造形師さんに9月頭にフィギュア制作を発注しました。

ちっこいけど、クオリティ高いです!

色味や表面の仕上げなど細かく調整してくれたんだと思います。
改めて、造形師さんて凄いですね!

ちなみにこのニーホさん人形、制作費は一万円なの

もっとみる
ありがとうございます!フォローもお願いします!
20

アウトソーシングの戦略的活用

前回は「人員計画と目標管理制度の実際」と題して人材の人財化にするコンピテンシーのモデル化について共有させていただきました。

今回は予告通りに特定業務の外注化や派遣社員の活用戦略について考え方を共有させていただきたいと思います。

最終的には内製化することが目標にする事が望ましいのですが、限られた経営資源を重点分野に集中するため、不足部署の業務を外部サービスへ委託する事も戦略として組み込むことは重

もっとみる
よろしければシェアいただけましたら幸甚に存じます。
21

ありがとうとおねがいと

先日、「100日間投稿ができたワケ」を書きました。記事の最後に、いろいろと思い出したけどやめておく、と書いてしまいましたが、やはり大切なことなので改めて書きたいと思います。この仕組みがなければ、僕の毎日投稿は絶対に不可能であったと断言できるほど、大事なことでした。

それは「みんなのフォトギャラリー」の存在です。

僕のタイトルフォト(アイキャッチ)は、ほぼほぼ“みんフォト”から貼り付けている作品

もっとみる
僕は犬派です!
16

YouTubeの喋りの文字起こしが面倒?それなら自動で動画にテロップを入れられる「Vrew」がおすすめ

例えば、YouTubeの動画編集で、テロップや喋りを文字に起こして入れるのは大変ですよね。
自分もやっていますが、結構な時間と手間がかかります。
入力した後はチェックも必要ですし。
でもそんな手間を軽減してくれる無料アプリ・ソフトがあります。
それが「Vrew」。
スマホでも使えますし、Mac・windowsでも使えます。
最後に書き起こされた文章のチェックをして、おかしなところがあれば自分で修正

もっとみる
うぉ〜い☆スキしてくれてありがとよぉ〜☆

事務職が早期退職なら、スキルが不安→プラスαで知識や資格を身に付ける!

アウトソーシング、事務職、27際、女性、3年6か月

早期退職打診の可能性はある!経費全般を削減しようという動き

可能性はあると思います。

現在勤めている会社は、大手企業の子会社であり、親会社の事務代行を請け負っているアウトソーシングの会社です。

現状、親会社は業績が芳しくないため、間接費用について見直しており、そこでわたしどもの会社に払う経費全般を削減しようという動きがあります。

このま

もっとみる

オフショアリングモデルを活用すると決定した後、次のステップは何でしょう?

オフショアリングモデルを活用すると決定した後、次は何をすれば良いかと迷ってしまうケースが多いです。今回は自分の経験に基づき、そのステップについてご説明します。

オフショアベンダーを選ぶ時、以下のステップに従うことがお勧めです。

1. どのモデルを選択するか決定。モデルを検討する場合、次の質問が役に立ちます。
・エキスパート(専門家)が必要なのか、それとも、専門知識が必要なのか?
・短期間のプロ

もっとみる

リモートワークで需要が伸びつつある文字起こし【実は奥が深い話】

こんにちは。こんばんは。

このnoteは5000字超あります。

実は文字起こし歴5年目になるTakaです。

過去に記事執筆や取材、原稿を書くライターの経験もあり、僕はその中の業務の一つでもある音声の文字起こしと校正の業務を担当していました。今現在も文字起こしやライターの仕事を請け負い、今でも月に20時間分の文字起こし作業をしています。

今回は文字起こしとは?文字起こしは奥が深いと話、今後の

もっとみる
冬の訪れを感じる秋曲! スピッツ / 楓
22

他人にとって代われない最大限の貢献とは

最近、もっと感覚的に生きたいと思う。

社会やコンクリートや思考優位なやり方に慣れてしまうと、どうしても自分のピュアリティやアーティスティックな部分を失くし、形式的な所謂きちんとした人を生きてしまう。

でも時々、全身で表現するアーティストや、表現者に会うと、私に衝撃が走るんだ。
自己肯定されたような、呼び戻されるような感覚になる。

あなたはこれで、そのままで、いいんだよ。
もっとアーティスティ

もっとみる
好きしてくれて嬉しいです!
6