ほんとうの自分

人から期待される自分を演じるのはやめにしよう

中学高校留学生の中には、 自分になかなか自信が持てないという人もいる。

色々と話を聞いてみると、 いつもいつも周りの人が自分に何を期待しているのかを考えて、それに合わせて、周りの人の期待に応えるように自分を演じている。そんなことを続けているうちに、自信が持てなくなったという人もいる。

本当は、自分はそんなことはしたくないはずなのに、周りの人がこうしなさいと言うから、周りの人があなたならできるな

もっとみる
ありがとうございます!
26

交換日記「大人の成長とは何か?」

子どもと大人の成長に違いがある。
その説明投稿を読んで、なるほどなぁって思った。

私たちはたくさんの経験を積み重ねて生きている。小さい頃に作ったガードは今はもう不要で、大人はそれを選択できる。この選択できるようになるのが難しい。
経験が邪魔をして、選択肢が狭まってしまう。
そこが成長のキーワードなのではないだろうか。

パートナーと出会って、子どもの時の経験から自分を護るために、何枚もの絆創膏を

もっとみる

大人の学び, 始めました。いつまで正しさを求めるの?:メイクアップ アーティストBobbi BrownのMasterclassより(1)

学校では先生は正しさを促します。正しい行動、正しい考え方、正しい勉強の仕方。まだまだあります。正しい靴下の履き方、正しい髪型・・・それって本当に「正しい」の?

高校教師の私は、15年前のある日、生徒指導部前の鏡を見て驚きました。

"私じゃない・・・"そこにいたのは、肩肘を貼り、虚勢を張った自分。

メディアは正しい美しさを押しつけてきます。その時々のトレンドカラーや使うべき商品。みんなが同じよ

もっとみる

バトンタッチ

あの日

閉じ込めて

鍵をかけた

ほんとの自分

生きるために

演じてきた

作ってきた

いまの自分

そろそろ

鍵を開けても

いのかもしれない

そろそろ

バトンタッチしても

いいのかもしれない

もっとみる
スキありがとうございます♡
6

ほんとうの自分を生きる (from『歎異抄』)

真の自己。

 
こればかりは
オノレの感情を活用して
生きてみないことには
誰にもわからない。

存在の数だけ
無限の真実が広がる。
(無限だから数とはいえないけど)

ということは
生きてみれば
誰にでもわかる
ということ。

存在するだけで
生きるだけで
生きていくだけで
自分は
ほんとうの自分を
生きられるということ。

それがほんとうかどうかは
自分の心がわかってるし
自分で決めていいこ

もっとみる
ありがとうございます

女の朝パート46

10月5日土曜日。

写メを撮ってからコーヒーを飲む。

ここに落ち着くといつもそうだ。

ざわめきと静粛が重なりあい何とも心地よい。

眼を閉じて仕舞えばその心地良さだけに浸れる事が出来る。

水面に浮かぶスイレンの花、

空に浮かぶ真っ白な雲、

金色に輝くキンキンに冷えた生ビール、、。

頭の中で様々なイメージが沸き上がる。

なのに悲しいかな、、、

そこにはいつもスタバ女の邪魔が入る。

もっとみる

ウニヒピリといっしょに

吉本ばななさん、平良ベティーさん、平良アイリーンさんの講演会に行ってきた。

はじめてホ・オポノポノのことを知ったのは、もう10年くらい前だと思うのだけれど、その時は頭で理解しようとしていたから、「4つの言葉をただ繰り返すだけ?目の前で人が転んでもそれが自分の責任??どういうこと??」と、まったくちんぷんかんぷんだった。

それでも、何となくこれは良いものだということだけはわかって、見様見真似?で

もっとみる
しあわせです!
3

この地球に来た理由

この地球に来た理由は

喜怒哀楽全てを
経験するため
楽しむため

そして
この先は

新しい時代の幕開け

そのためには
「ほんとうの自分」に
なる必要がある。

そして
その先は

まだ人類が
経験したことながないような

世界になるんだと思う。

だから、今の
常識だとされていることは
全く通用しなくなる

だから
そんなものに
振り回されずに

ほんとうの自分に
なって

もっとみる
フォースと共にあらんことを☆
6

誰かのためは決していいことではなかったり

ついぞ、誰かのため
と動いてしまいがちだったけど

その前に「わたし」なんだよね。

わたし、どうしたいの?

なにかしたい
と言った時に
「それほんとう?」と
たずねてみる。

その答えが、誰かのために動きたい
だったらよいけど

”誰かが言ったから”
”あの人がこう思うから”
が先じゃないんだってこと。

まず
わたしのため
自分のため

私が喜ぶことを
最優先にする。

わたしありき。
から

もっとみる