たすけて

不安障害持ちのオタクが引っ越し後初めてGに遭遇した話

私は不安障害持ちのオタクだ。
そして先日初めて自宅内でGに遭遇してしまった。
ツラすぎるので最近流行りの自分語りをして現実逃避を試みた。
誰かが少しでもこの現実逃避に付き合ってたなら嬉しい。

私の不安障害について

切っ掛けは本当に些細なものだった。
膀胱炎。しかも数ヵ月も治らなかった。
泌尿器科系は精神的にくる。医療従事者の友人が言っていたが本当だった。
長引く膀胱炎の不安感から軽いうつ病も発

もっとみる

ここんとこほとんど毎日のように

生きた心地がしません。
現存してる事がすごい気持ち悪いのです。
とても嫌なのです。

好きなこと、好きな音楽、たくさん貪っても心が戻ってきません。
もうなんだか生きてることが嫌なのです。

許してもらいたいです。
何も無い私が生きてることを許してもらいたい。
否定しないでここにいていいと言われたい。
頑張らなくていいと言われたい。
人と合わせられない自分もここにいていいと言われたい。
私として存在

もっとみる

助けてるんじゃない。助けられてるんだ。

おはよう御座います!

毎日暑いですね😵でも、夏は好きです!

毎日仕事の日々で、ちょっと疲れてますが、ポジティブに、頑張っています!

最近ちょっと気付いたことがあったので書かせていただきます。

まだまだ、未熟な自分ですが、組織ではそこそこのポジションにいます。

そんなに大きい組織ではないので、新人から、中堅まで、色々なことを教える立場です。

なので、最近まで、色々、みんなを助けているつ

もっとみる

あかりに手が届かない 2020/08/06 日記

たすけて…
どーも、卵の黄身です。

・こちらであれした結果を元に、ずっと欲しかったけどいまいち決め手がなかったポータブックさんをメルカリで入手しました。

キングジムの超迷作ですスライドアークキーボード

しかし、電源つかなくてすでに詰んでます。たすけて〜…購入に至るまでに、別の価格の同型とどちらを購入するかもザッとタロットさんに聞いてみてから購入したので、後日更新します。ポータブックさんで更新

もっとみる

あの頃のわたしへ

もう何一つ削らないで、磨くんだよ

あなたはそれが自分を傷つけるための研磨剤なのか

もしくは磨くための研磨剤なのか

見極めなければいけない

もうあなたはこれまで何年も何年も長い時間をかけて自分も削り続けてきたんだから

もうわかるよね?

何が1番自分を傷つけるのか
もう知ってるよね?

もう傷つけちゃいけない。
磨くんだよ

磨くってどういうことかわかる?

ゴミを取るだけだよ

曇りをな

もっとみる
\ありがとう!/
2

なんか、調子良くなってきたと確信してるけど、ちょっと何かを頑張りすぎたり、ちょっと不安要素が発生したりするだけで動悸がしちゃうな…………ああ…せっかく元の自分に戻れたと思ったのに…どうして…?昨日は薬飲まなくても過ごせたのに…今日はダメなの…?ああ…悔しいなあ悔しいなあ悲しいなあ

あなたの話も聞きたいな!
3

どうしても書くことが思いつかないそのときは?

こんにちは。

今回は、こちらのnoteで書くことが思いつかないときに、どのようにして記事を書いているかを取り上げます。

と、言うのも、今日がそのときだからです。

そのときは、とりあえず座って、その状況、気持ちを書いていきましょう。

今日はよほど疲れたのか、21時過ぎからもうすぐ明日というときまですっかり寝ていました。

楽しみにしていた、バックトゥザ・フューチャー3を見ながらすぐに眠りにつ

もっとみる
センスありますね
3

息子が砂遊びをしたがったので、旦那に起きて見ているよう頼んだ

息子が冷蔵庫でガサゴソしている
朝1本と約束したりんごジュースを、2本飲んでいた
旦那は寝ていた
雷を落とした
旦那「あなたがやれ」
私「耳鳴りで無理、もう緊急サポート頼む」
旦那「今日はいいから、来週から頼め」

自律神経不調真っ只中

きついきついほんとうにきつい

胸がドキドキする

そのくせ心はとにかく無である

なにもおもしろくないし

なにもたのしくないし

なにもイライラしないし

なにもかんじないし

おなかがへらないし

へってるのかもしれないけど

なにもたべたくないし

口角が上がらないし

とにかく家に帰りたい

でも家に帰ったら家事をしなければならない

そして隣家の子供たちと顔を合わせて

「今日は学校あ

もっとみる
また読んでくれたらうれしい
2

自律神経失調症になるまで

今私は23歳で、夫は28歳。

ここ最近何があったかというと、

夫が去年の9月頃潰瘍性大腸炎になった。

いわゆる難病。

その診断を受けた直前には、私の両親への結婚挨拶を済ませていた。

心配症な両親には言い出し辛くて、

いざ母に言い出す時、すでに夫は入院していた。

夫は何かを口にすればそのまま大腸に激痛が走り、血と膿の便が出ていたらしい。

入院してからもずっと絶食で、高熱と闘いながら2

もっとみる
うれしい
17