ダ・ヴィンチマップ 93

ダ・ヴィンチマップは、視点・発想・思考技術を分析・再構築することで、 天才や、才気あふれる成功者の頭の使い方を誰でも習得できるように体系化した脳力開発メソッドです。
 モナリザで有名な、レオナルド・ダ・ヴィンチも数々の発明を具体化する前に、自分のノートに、一度詳細な設計図を下書きすることで、頭の中でバラバラに存在し、纏まりのない情報を体系的な形へと落とし込むことができました。未来の姿を見通すために

もっとみる
宜しければ、フォローもお願い致します🙏🙏🙏
1

お受験の季節

紺スーツのお母様風を多数目撃
秋の風物詩

大学生だけはオンライン講義のままという今
幼稚園や小学校受験は
どう変わるのだろう

どんぐり拾いながら
なかなか前に進まない子供あるある風景
楽しそうで癒された

小さな受験生も頑張れー

航空記念公園で飛行機おじさんに助けてもらった話

先日所沢の所沢航空記念公園に行ってきました。

航空記念公園は本物の飛行機が飾ってある記念館や広々とした公園が気持ちい我が家の定番お出かけスポットです。*画像はホームページより

飛行機の展示館で組み立て式の飛行機を買うのがお決まりのパターンなのですが、今回はプロペラ飛行機を選んでみました。早速原っぱで長男と二人で組み立てること5分。すぐに完成しました。

だけど全然飛ばなくて。2-3メートルくら

もっとみる
嬉しいです!
12

創造的破壊

創造的破壊(新陳代謝)「壊した後をイメージできる」力があれば、将来、大学でも単位取得が上手に出来る人になれます。
 頭の中で情報を、フィードバックさせて考えてみると、情報を可視化することにも繋がります。
 私の息子は古いやり方を嫌う傾向があります。「そんなものはぶっ壊してしまえ」という創造的破壊の発想なのだと思います。
 私の息子が早稲田大学法学部時代に行っていたのは、古い口語体の六法全集を「ダ・

もっとみる
宜しければ、フォローもお願い致します🙏🙏🙏
1

「子供4人を東大医学部へ入れた主婦」への違和感 ―

最近、インターネット上やヤフーニュースの記事で
「子供4人を東大医学部へ入れた主婦の~」
という記事をよく見かけます。

私自身が育児や教育関係の記事を読むことが多いせいか
これ系の記事が上位に上げられるのも原因の一つではあると思いますが。

私はこの記事の表現が好きではありません。
はい、嫌いです。

この主婦の方を批判している訳ではありませんし
この方なりに子供達の事を必死に考えて行動してきた

もっとみる
ありがとうございます!

夫婦の交換日記

おはようございます。ひろです。

最近夫婦で交換日記を始めました。

お互いの仕事や子育てで忙しい中で意見を交換したかったんですがあまりいいコミュニケーションが取れてなかったんです。僕はガンガン意見を言いたい&言われたいんですが、妻はゆっくり自分の考えをまとめたいタイプですれ違いが生まれていました。

そんな最中に妻が「交換日記してみない?」と提案してくれました。

内容は日々の他愛のないことだっ

もっとみる
ありがとうございました!
18

文化祭 92

文化祭や学芸会は、創造性を伸ばす絶好のチャンスなのです。文化祭や学芸会のときに、発表することでプレゼンテーションの能力があがります。   たくさんの観衆の前で発表することは、とても度胸を必要とし、とても緊張するのでそれによって子ども達の成長を高めてくれます。
さて、子供たちが学芸会などで劇を創るとき、子ども達はどんな経験を得られるでしょうか。先ず、何かを発表するというだけで、心に残る想い出を作るこ

もっとみる
スキありがとうございました!
1

お受験呪縛からの解放〜アット・ゾーンとの出会い③

時系列をさかのぼって、、、

アキちゃんから、私が受けたアット・ゾーンのセッションの続きに関して、書こうとしてもどうしても筆が進まず、そのままになっていた。
なぜなら、この3回目に受けたセッションテーマが、こどもの受験について(幼稚園・小学校)だったからだ。

私はずっと「お受験」という言葉を聞くと、モヤモヤっとしてた。得体の知れない不安がつきまとい、実体験はないのに、親族にも小学校受験組が多かっ

もっとみる

コンクールへの参加 91

子どもがチャレンジできそうな、コンクールを探して親が応募してあげることも大切です。例えば、英語のスピーチコンテストや絵画や作文の公募などは定番ですが、子ども達の好きなことなら、何でもかまいません。
 ワールドホビーフェスティバル等でのベイブレードの大会や陸上やスキーの大会でもかまいません。そして上位入賞すれば、商品が貰えるので、子ども達も大喜びするに違いありません。挑戦するチャンスを子ども達に与え

もっとみる
宜しければ、フォローもお願い致します🙏🙏🙏
2

ぐずった時は「よいぐずり方」を伝えるチャンス

最近子供と接する時に意識していることがあります。それは子供がぐずる時は自分の感情とどう向き合いどうコントロールするのか学ぶ大切な機会であることです。

そもそもぐずるとは、何かやりたいことがあった時にできないとか、体調が悪かったり居心地が悪い時、我慢しなければならない時などで、大人になっても同様の状況は発生します。

ですので子供がぐずる時は大人になった時に似たような状況でどうすべきか練習できるチ

もっとみる
嬉しいです!
15