四次元宇宙

4

西から黄色に染まる街①

こ-きょう 【故郷】‥キヤウ
生まれ育った土地。ふるさと。郷里。平家物語(2)「二度に―に帰りて、妻子を相見むこともありがたし」。「―を懐かしむ」
▼~へ錦を飾る
▼故郷を忘じ難し
広辞苑 第六版 岩波書店

1. 駄菓子と妖怪

 妖怪。
 そう聞いて何を思い浮かべるであろうか。
 科学では説明できないもの、幽霊、ガセ、勘違い、ゲゲゲの鬼太郎。人によっていろいろあるだろう。そしてそれは大概が怖

もっとみる

或る男 ~新・東京ポチ袋短編①~

『今回は私どものインタビューに答えてくださりありがとうございます。ここで質問ですが、普段はどのような生活をなされていますか。』

「私は仕事の都合上、家でもできますので基本的には家で仕事をしています。妻は外に出て働いていますので、子供の面倒は、日中は私がよく見ます。」

『仕事の時間とかはしっかりととれるのですか。』

「去年までは下の子が二歳だったこともあり、朝九時から十一時半まで仕事をして、そ

もっとみる

ハートシェイクタイムマシーン

夜な夜なナニをすることもなく過ごす夏。無音の部屋でイヤホンをして下界をシャットアウトしカッコいい音楽やら、どうでも良い陰謀論の話やら、可愛い女の子の写真に辿り着きニヤニヤする。そんな日々を送っていた。

平成は終わるというが、どうも僕は「平成ロス」とも取れるような症状にある。自分の育った時代が終わることにどう立ち向かっていいのか分からない。そしてそれを考えると空虚感が自分を襲う。どうですか、新しい

もっとみる

歴史妄想絵巻~夏とウィーン会議「会議は踊る、されど進まず」~

この世は乱世。
「いいや、何を言っているのだ。今日の日本は平和そのものじゃあないか」
そうおっしゃられる方も沢山いる。
昼間に外に出てみれば、家族連れが溢れ、カップルが手をつなぎ、お年を召された方々は冷房の効いたスーパーマーケットのベンチでくつろぎ…そういう光景を見ると、そりゃあ平和そのものなのかもしれない。
ただ、僕は思う。果たしてそうだろうかと。

確かに常日頃から死を覚悟して立ち振る舞う瞬間

もっとみる