見出し画像

第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)

【第6回週間映画興行収入ランキング(2019年1月第3週)】



今週のランキングは「マスカレード・ホテル」VS「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」VS「ボヘミアン・ラプソディ」。
「マスカレード・ホテル」の初登場1位か?
「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」のV2か?
「ボヘミアン・ラプソディ」のV5か?
また、「映画刀剣乱舞」、「TAXi ダイヤモンド・ミッション」、「ミスター・ガラス」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。
「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。

集計期間 2019年1月19日~1月20日

『週間映画興行収入ランキング』
1位 「マスカレード・ホテル」6億3300万円
2位 「ボヘミアン・ラプソディ」2億4885万円
3位 「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」1億8580万円
4位 「シュガー・ラッシュ オンライン」1億4440万円
5位 「映画刀剣乱舞」1億2177万円
6位 「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」6714万円
7位 「ドラゴンボール超 ブロリー」5990万円
8位 「TAXi ダイヤモンド・ミッション」5227万円
9位 「こんな夜更けにバナナかよ」4649万円
10位 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」4057万円
11位 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」3654万円
12位 「アリー/スター誕生」3595万円
13位 「ミスター・ガラス」3355万円
14位 「クリード 炎の宿敵」3278万円
15位 「グリンチ」1629万円

「マスカレード・ホテル」が初登場1位。
東野圭吾原作による小説の映画化作品。
木村拓哉主演の話題作。
期待通りオープニングで好成績を記録。
2019年最高週間興行ランキング第1位を記録。
長期政権を築けるかが焦点。
次週、「十二人の死にたい子どもたち」や「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」、「愛唄 約束のナクヒト」を上回り、2週連続1位を獲得できるかが注目されます。
1週目 約6億3300万円
観客動員は48万4000人を突破しています。
興行収入40億円が目標ライン。
興行収入7億9000万円を突破していきます。

「ボヘミアン・ラプソディ」は先週から2週連続2位を維持。
伝説的ロックバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーを主人公とした伝記映画。
11週連続TOP10圏内にランクイン。
週間興行収入も3億円を下回りましたが、来週にも興行収入100億円を達成する見込み。
1週目 約4億9000万円
2週目 約3億8800万円
3週目 約3億9500万円
4週目 約4億9800万円
5週目 約5億0200万円
6週目 約4億2900万円
7週目 約3億8200万円
8週目 約3億7300万円
9週目 約3億2700万円
10週目 約3億8100万円
11週目 約2億4800万円
観客動員は720万0000人を突破しています。
興行収入100億円が目標ライン。
興行収入99億0000万円を突破しています。

「劇場版 Fate/stay night Heave's Feel Ⅱ. lost butterfly」は先週1位から3位にランクダウン。
人気ゲーム「Fate/stay night」の劇場版3部作の第2作目。
前作「劇場版 Fate/stay[Heave's Feel]」(興行収入15億円)を上回れるかが焦点。
1週目 約4億9000万円
2週目 約1億8500万円
目標ラインは興行収入15億円。
興行収入9億4000万円を突破しています。

「シュガー・ラッシュ オンライン」は先週3位から4位にランクダウン。
ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」シリーズ第2作目。
5週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「シュガー・ラッシュ」(興行収入30億円)を上回りシリーズ最高興行収入を更新中。
1週目 約4億5200万円
2週目 約3億6400万円
3週目 約2億9900万円
4週目 約2億3100万円
5週目 約1億4400万円
観客動員は281万0000人を突破しています。
興行収入50億円が目標ライン。
興行収入34億9000万円を突破しています。

「映画刀剣乱舞」が初登場5位。
人気スマホアプリの実写映画化作品。
東宝配給でしたが、予想よりオープニング成績が伸び悩む結果。
1週目 約1億2100万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入1億8000万円を突破しています。

「ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow」は先週7位から6位にランクアップ。
人気アニメ「ラブライブ!」の劇場版第2作目。
前作「ラブライブ! The School Idol Movie」(興行収入28億6000万円)を大きく下回る興行収入が確定的。
観客動員ランキングは7位。
1週目 約1億0000万円
2週目 約8400万円
3週目 約6700万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入5億9000万円を突破しています。

「ドラゴンボール超 ブロリー」は先週4位から7位にランクダウン。
劇場版ドラゴンボールシリーズ第20作目。
ドラゴンボール超シリーズとしては初の劇場版。
6週連続TOP10圏内にランクイン。
来週には前作「ドラゴンボールZ 復活の「F」」(興行収入37億4000万円)を上回る見込み。
観客動員ランキングは6位。
1週目 約10億4600万円
2週目 約4億1000万円
3週目 約2億8900万円
4週目 約1億6200万円
5週目 約1億1000万円
6週目 約5900万円
観客動員は290万0000人を突破しています。
興行収入50億円が目標ライン。
興行収入36億5000万円を突破しています。

「TAXi ダイヤモンド・ミッション」が初登場8位。
フランス映画「TAXi」シリーズ第5作目。
シリーズ最高興行収入は「TAXi2」(興行収入13億円)。
1週目 5200万円
興行収入3億円が目標ライン。
興行収入6000万円を突破しています。

「こんな夜更けにバナナかよ」は先週5位から9位にランクダウン。
大泉洋さん主演の話題作。
4週連続TOP10圏内にランクイン。
来週には目標ラインの興行収入10億円を達成する見込み。
1週目 約ー万円
2週目 約1億2500万円
3週目 約9000万円
4週目 約4600万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入9億4000万円を突破しています。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は先週8位から10位にランクダウン。
ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ。
ファンタスティック・ビーストシリーズ第2作目。
9週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(興行収入73億4000万円)を上回れるかが焦点。
目標ラインの興行収入75億円達成は厳しい状況。
観客動員ランキングは11位。
1週目 約8億5400万円
2週目 約7億4400万円
3週目 約5億1700万円
4週目 約3億3300万円
5週目 約2億2900万円
6週目 約ー万円
7週目 約1億3000万円
8週目 約8400万円
9週目 約4000万円
興行収入75億円が目標ライン。
興行収入64億7000万円を突破しています。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は先週10位から11位にランクダウン。
劇場版平成仮面ライダーシリーズ第20作目、劇場版仮面ライダー平成ジェネレーションズシリーズ第3作目。
来週には目標ラインの興行収入15億円を達成する見込み。
1週目 約3億8900万円
2週目 約ー万円
3週目 約1億0000万円
4週目 約6700万円
5週目 約3600万円
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入14億4000万円を突破しています。

「アニー/スター誕生」は先週までの2週連続9位から12位にランクダウン。
1937年公開「スタア誕生」のリメイク作品。
レディー・ガガ主演の話題作。
目標ラインの興行収入12億円を達成。
目標ラインも興行収入15億円に上方修正。
1週目 約2億4600万円
2週目 約1億5500万円
3週目 約9800万円
4週目 約7500万円
5週目 約3500万円
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入13億0000万円を突破しています。

「ミスター・ガラス」が初登場13位。
シリーズ第3作目。
全米ランキングでは4000万ドルを記録して1位にランクインしていますが、日本では振るわない結果。
1週目 約3300万円
興行収入3億円が目標ライン。
興行収入3000万円を突破しています。

「グリード 炎の宿敵」は先週6位から14位にランクダウン。
人気映画「ロッキー」シリーズのスピンオフ作品。
「グリード」シリーズ第2作目。
1週目 約ー万円
2週目 約ー万円
目標ラインは興行収入5億円。
興行収入2億3000万円を突破しています。

「グリンチ」は先週12位から15位にランクダウン。
ユニバーサル・スタジオの子会社イルミネーション・エンターテインメント製作のアニメ映画。
来週には目標ラインの興行収入13億円を達成する見込み。
1週目 約2億2100万円
2週目 約1億4800万円
3週目 約ー万円
4週目 約7100万円
5週目 約3800万円
6週目 約1600万円
興行収入13億円が目標ライン。
興行収入12億8000万円を突破しています。



『来週ランクイン有力作品』
(邦画)
「十二人の死にたい子どもたち」
「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」
「愛唄 約束のナクヒト」
「そらのレストラン」
「デイアンドナイト」
「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of System Case.1「罪と罰」」
「世界が終わるとしても」
(洋画)
「天才作家の妻 40年目の真実」
「サイバー・ミッション」
「サスペリア」
「ナチス第三の男」

来週は1月第4週目を迎えます。
来週のオープニング成績予想
○「十二人の死にたい子どもたち」2億5000万円~3億5000万円
○「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of System Case.1「罪と罰」」5000万円~1億5000万円
○「愛唄 約束のナクヒト」5000万円~1億5000万円

詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

サークル「エンタメ倶楽部」メンバー募集中。
2
「芸能人歴代写真集売上部数ランキング」が2020年1月に最も読まれたnoteに選出。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 サークル「エンタメ倶楽部」会員募集中! その他、エンタメに関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。