しろうち/雑貨バイヤー

雑貨店のバイヤー。バッグ・服飾雑貨・ハンカチ・傘・バスグッズ・スマホグッズの仕入担当。趣味は野球観戦/スワローズ歴25年以上。
固定された記事

ストーリーに必要なのは、「何」を「どのように」語るか

小売の世界では、モノからコトへと言われるようになって久しい。市場には製品が溢れ、顧客はモノに価値を見出すのではなく、モノに付随するコトに価値を見出すようになって…

「何を」買うかより、「誰から」買うか

あらゆる商品は、顧客のニーズにあわせて、進化を遂げてきた。 最初の需要は、機能である。 生活の中で顧客が感じる不便を解消するため、商品は開発され、世の中にリリー…

感動は、誰かに伝えたくなる

どんな商品にも、セールスポイントがある。 デザインや機能など、顧客にアピールする箇所は様々である。 そして、作り手や売り手が何らかの思いを持って商品を提案し、顧客…

売上につながらないサービスの重要性

ECの普及により、顧客の買い物環境が大きく変化した。 高騰する人件費や家賃などの経費を、店頭の利益だけで賄う従来の小売のビジネスモデルは、もはや限界が来ている。 …

店舗は、顧客と作りあげるもの

店舗には様々な商品が並んでいる。どんな商品でも何らかの理由があって、そこに陳列されている。 品揃えをする側として、店舗が心掛けなくてはならないのは、店頭に並ぶ商…

情報を拾い上げる

小売を取り巻く環境が大きく変わろうとしている。以前はモノを手に入れるためには、時間と費用のコストをかけて、顧客は店舗まで出向く必要があった。ECが普及したことで、…