見出し画像

宣伝しない宣伝

これからの小売において、大きく役割が変わるもののひとつは、プロモーション(宣伝)である。
 
従来の小売のプロモーションは、①機能や効果などの商品のプロモーション、②セールやポイントアップなどの販促プロモーション。③理念やビジョンなどのブランドのプロモーションの3種類にわけられる。
 
これまで小売業は、①の商品プロモーションと、②の販促プロモーションに注力してきた。
 
その結果、大量の単品、あるいは単企画のプロモーションが溢れ、宣伝が宣伝としての効果を果たさなくなった。
 
また①、②の多くの広告の直接の目的は売上をアップさせること、であった。
 
企業から自身が売上増の対象と捉えられていることも、顧客はとうに気づいている。
 
そして、そのことに嫌気がさしている。
 
顧客が宣伝を敬遠するのは、多くの広告が企業の理屈で発信されているからであり、そこにウソが含まれているかもしれない、と考えるからだ。
 
これは実際に、企業が広告で真実を告げているかどうか、とは別の問題である。
 
広告にウソが含まれているかもしれないと、顧客が感じる時点で、プロモーションそのものの有効性が薄れている。
 
これまでのようなプロモーションでは、もはや顧客の共感を得ることは難しくなっている。
 
従って、これから価値を持つのは、③のブランドプロモーションである。
 
しかし、このブランドプロモーションも、従来型のブランドプロモーションではなく、現代の顧客のマインドにあわせて、アップデートをする必要がある。
 
新しいブランドプロモーションの目的は、顧客の信頼を獲得することである。
 
売上をKPIにしてはならない。
 
顧客の信頼を得るためのプロモーションのキーワードは、オネスティ(正直さ)である。
 
従来型の宣伝が敬遠されてしまうのは、そこにウソや企業の論理が含まれているかもしれない、と感じさせてしまうことにある。
 
ならば、正直に運営していることを、顧客に理解してもらう必要がある。
 
そのために有効なのは、店舗にとって不利益なことも、顧客の利益になるのであれば、あえて開示することである。
 
例えば、インフルエンサーマーケティングの場合、提携したインフルエンサーに商品を宣伝してもらうのではなく、店舗体験をしてもらい、良いところも悪いところも、忖度なしに発信してもらう。
 
このとき、店舗はインフルエンサーの発信に、いっさい手を加えない。
 
本当に不具合があれば改め、その改善をストーリーとして顧客に公開する。
 
人はリスクを考慮する生き物であり、あらかじめ不利益がわかる方を好み、不利益を開示する企業を信用する。
 
また不利益を開示することを前提とすれば、必然的にそれを克服するためのサービスレベルも向上するということでもある。
 
そして、このような取り組みの積み重ねによって、ブランドの信頼を高めるのである。
 
これからは、宣伝しない宣伝こそが、新たな店舗のプロモーションの方法になるのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます🐣
128
雑貨店のバイヤー。バッグ・服飾雑貨・ハンカチ・傘・バスグッズ・スマホグッズの仕入担当。趣味は野球観戦/スワローズ歴25年以上。

この記事が入っているマガジン

バイヤーのお仕事/小売雑記
バイヤーのお仕事/小売雑記
  • 58本

バイヤーの仕事を通じて日々感じたあれこれや小売に関する雑記

コメント (1)
① ② ③
の文体は比較的ありがちな
プレゼンスタイル
何だか世代ギャップもあるけれど日本語じゃないと感じるのは私だけかもしれない。

最近メーカーやブランドイメージでパッケージの思いやりです。開封後の始末がパーフェクトのもある。デザインの一つになるけれど誠実さかな
あと嫌なのがビン再生時に剥がれにくい蓋やシールはカナダ製辺りかなり進化しているようです。あらゆるいみ良心あるクオリティとか好きなワードですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。