クオンの本のたね

出版社クオンのWebマガジン「クオンの本のたね」です。クオンで出版される「本」の種(たね)たちです。 書下ろしエッセイや翻訳など、ここから大きく育ち、美しい花や葉を茂らせていく様子をどうぞ応援してください。 http://www.cuon.jp/
    • どこにいても、私は私らしく

      映画ライターの成川彩さんがこれまでの韓国生活で経験し、感じたこと、考えたこと――。日本の社会とは違う韓国の一面も、その違いの背景も含めて、肌身で感じた韓国の姿をお届けします。

    • 韓国文学の読書トーク

      「百年残る本と本屋」を目指す双子のライオン堂の店主・竹田さんと、読書会仲間の田中さんによる、「新しい韓国の文学」シリーズをテーマ本にした読書会形式の連載です。(毎月25日更新)

    • あなたが輝いていた時

      圧倒的に輝く不滅の光ではなく、短く、小さく、何度も点灯する光の一つひとつが人々に希望をもたらし社会を変えていく――。そう信じてやまない財団法人ワグルの理事長のイ・ジンスンさんは、2015年から市民参与政治と青年活動家養成を目的とした活動を精力的に続けています。 そんな彼女が、6年間にわたって122人にインタビューし、ハンギョレ新聞で連載したものの中から、12人分のインタビュー記事を収録したのが『あなたが輝いていた時』(文学トンネ)。日本語版の出版(2023年予定)に先立って、noteで連載公開します。 翻訳は、同人誌『中くらいの友だち』を主宰し、韓国の社会事情にも詳しいライター・翻訳家の伊東順子さんです。

    • 言語の旅人、米国人韓国語教師R・ファウザー 外国語学習を語る

      鹿児島の大学で日本人の学生を相手に韓国語を教え、ソウル大学の国語教育科初の外国人教授となった、ロバート・ファウザーさん。 「どうすれば外国語が上手くなるのか?」 「外国語学習に王道はあるのか?」 といった学習者にとって永遠の悩みから、 「人類はどのように外国語を学んできたのか?」 「そもそも人が外国語を学ぶ理由は何か?」 などの広いテーマまで、これまでいくつもの外国語を学んできた「言語の旅人」ファウザーさんが韓国語で綴ったエッセイです。 教え子でもある稲川右樹さんの翻訳でお届けします!

    • 韓国文学と、私。

      韓国文学のレビュー、韓国文学をテーマにしたエッセイなどを随時更新していきます。

    • すべてのマガジンを表示

釜山映画祭常連の是枝監督 日韓関係に左右されない(「どこにいても、私は私らしく」#48)

是枝裕和監督の映画「ベイビー・ブローカー」は釜山から出発するロードムービーだ。助監督の藤本信介さんによれば、ソウルまでのルートはロケハンをしながら決めたが、出発…

『どこにいても、私は私らしく』【番外編】:書籍化に向けて 著者・成川彩さんへのインタビュー

◆連載初回の記事では、映画漬けの日々を送ろうと韓国に3度目の留学をされたことが書かれていました。 韓国映画についてもっと知りたいと思うきっかけになった作品、また…

韓国文学の読書トーク#14『ワンダーボーイ』

竹田:いやー、同じ小説を繰り返し読むのは楽しいですね。 田中:僕たちはよく、カフカの『変身』の読書会をしますよね。 竹田:過去に10回はやってますね。 田中:話すこ…

私はもっと勇敢であるべきだった ノ・テガン【後編】/『あなたが輝いていた時』

酒、ゴルフ、スキー、同窓会を避けること 私が見ても不当な人事なのに、どうやって怒りを鎮めたんですか? ――自分の怒りなど気にしている場合じゃなかったですよ。ユ・…

私はもっと勇敢であるべきだった ノ・テガン【前編】/『あなたが輝いていた時』

「被告である朴槿恵を懲役24年、罰金180億ウォン〔約18億円〕に処する」 2018年4月6日、朴槿恵前大統領の公判で判決が下った。裁判所は、被告がノ・テガン前文化教育部体…

「東京裁判」を通して、戦争責任について考える(「どこにいても、私は私らしく」#47)

「日本では敗戦と言わず、終戦と言うんでしょう?」と韓国で何度か聞かれたことがある。そういえば8月15日を「終戦記念日」と言い、敗戦という言葉はあまり使わない。韓国…