仕事運なら福岡現人神社

仕事運なら福岡唯一の現人神社へご参拝下さい。仕事運・商売繁盛・就職・転職のご利益のあるパワースポットです。地鎮祭も福岡で行っております。様々な困難を打ち払い、成功へ導く神様です。金運・開運・勝負運などの運気を上げ、願いが叶うことでしょう。厄払い・健康・縁結び等も行っております。

仕事運なら福岡現人神社

仕事運なら福岡唯一の現人神社へご参拝下さい。仕事運・商売繁盛・就職・転職のご利益のあるパワースポットです。地鎮祭も福岡で行っております。様々な困難を打ち払い、成功へ導く神様です。金運・開運・勝負運などの運気を上げ、願いが叶うことでしょう。厄払い・健康・縁結び等も行っております。

    マガジン

    最近の記事

    夏、秋、冬にも節分があるって知ってた?

    節分といえば2月の行事ですよね。豆まきをして、恵方巻を食べる日です。ところで、節分が年に4回あることをご存知でしたか? ○節分は秋にもある 二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬の前日が節分に当たります。つまり、年に4回の季節の始まりが節分なのです。 それが2月3日の春の節分だけ重視されるようになったのは、旧暦の正月がちょうど節分のころにあるためでした。年の変わり目と季節の変わり目、ふたつが重なるのが立春であったため、春の節分は正月と混同されることもあったようです。 ○節分

      • 節分ってどういう行事?厄祓いをして春を迎えよう

        2月3日は節分です。豆まきをしたり、恵方巻を食べたりする行事として知られていますが、本来節分は年に4回あるとご存知でしたか? ○年四回の季節の節目 節分とは、季節のかわり目のことです。二十四節気のうち、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。つまり新たな季節が始まる前の日のことなのです。現代では節分といえば立春の前日の2月3日のみを言うようになりました。立春を最も重視するようになったのは、江戸時代以降だとされています。 ○立春は一年の始まり お正月は新春と呼ばれますよね。現

        • 神社で人形を供養してもらうことはできる?

          神社で人形を供養してもらうことはできる? ひな人形や五月人形といった日本の伝統的な人形から、誰もが子ども時代に遊んだぬいぐるみまで、人形は思い出が込められたもので、いらなくなって処分するにしてもゴミとして捨てるには忍びなく、できればきちんと供養して処分したいものです。供養といえば神社やお寺ですが、全ての寺社が人形供養を行っているとは限りません。仕事運向上で知られる現人神社では、人形供養は承っておりません。 ○神社やお寺に確認を 神社、お寺によっては人形供養を受け付けているとこ

          • 家でご先祖様をお祀りするにはどうしたらいい?

            家でご先祖様をお祀りするにはどうしたらいい? 現代日本では葬儀は仏葬で、というのが一般的です。仏教の場合は仏壇に位牌を納めてご先祖様の供養をしますが、実は神道でも同じように、家庭でご先祖様をお祀りすることができます。 ○祖霊信仰(祖先崇拝) 日本古来の神道では、仏教が根付く前から祖霊信仰(先祖崇拝)の考え方がありました。八百万の神々というように、多くの神々と同じくご先祖様も敬う対象だったのです。夏の行事であるお盆も、実は仏教と祖霊信仰が混ざり合った行事です。 ○霊璽とは 一

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 仕事運
            仕事運なら福岡現人神社

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            家でお神札(おふだ)をお祀りするために必要な祭器具とは?

            家でお神札(おふだ)をお祀りするために必要な祭器具とは? 全国の神社では、毎年お神札(おふだ)が頒布されています。仕事運のご利益で知られる現人神社でも毎年授与しています。このお神札をご家庭でお祀りするために必要な道具について簡単に解説します。 ○お神札をお祀りするには 基本的に、お神札は神棚にお祭りします。ただ、住環境によっては神棚を置くことができないご家庭もあるため、お神札をお祀りするためにわざわざ神棚を用意する必要はありません。 ○必要な祭器具 ・榊立て……神が宿る木と

            家庭で神棚に神拝(しんぱい)する際の作法とは?

            家庭で神棚に神拝(しんぱい)する際の作法とは? 神棚には、神社からいただいたお神札や、ご先祖様の霊璽などをお祀りします。お神札は全国の神社で頒布されており、仕事運向上で有名な現人神社でも授与しています。神棚は毎日お祭りするものです。ここではその作法について紹介します。 ○日供祭(にっくさい) 日供祭とは、毎日のお祭りのことです。毎朝朝食前に身を清め、神饌、水をお供えし、榊立ての水を取り替えて灯籠の灯りをつけお祭りします。日々のお祭りでは、神様への感謝と、家族の幸福を祈りましょ

            氏神(うじがみ)と産土神(うぶすながみ)の違いとは?

            氏神(うじがみ)と産土神(うぶすながみ)の違いとは? 氏神、産土神、どちらも現代では住んでいる地域と密接に結びついた神様と捉えられており、混同されていますが、実は違いがあります。 ○氏神と産土神 本来、氏神とは血縁関係のある一族がお祀りした守護神・祖先神をいいました。一方、産土神とは生まれた土地の守り神をいいます。 たとえば、仕事運向上のご利益で知られる現人神社の歴史を見ると、平安時代に原田種資が岩門城を本拠地として以来現人神社を氏神とし、祭礼は原田家が執り行ったとされます

            住んでいる土地の氏神を調べるにはどうすればいい?

            住んでいる土地の氏神を調べるにはどうすればいい? 引っ越して新しく知らない土地に住む場合など、その土地の氏神を調べるにはどうすればいいのかをご紹介します。 ○氏神とは 現在では、住んでいる地域の神様と考えられている氏神ですが、もともとは血縁関係にある一族がお祀りする神を指します。これが土地神である鎮守神や、生まれた土地の神である産土神と混同されて、現在のように捉えられるようになったのです。 ○近くの神社に尋ねる 現代においては、やはり住んでいる土地の神が氏神神社とされています

            玉串(たまぐし)って何?玉串拝礼の作法について

            玉串(たまぐし)って何?玉串拝礼の作法について 住吉三神をお祀りしている現人神社では、商売繁盛や仕事運向上のほか、各種ご祈願を承っております。ご祈願の際には、玉串を奉って拝礼する場合があります。玉串の起源や、拝礼の際の作法について紹介します。 ○玉串とは? 神道の行事に用いられる献供物で、榊や杉の枝に、木綿(ゆう)、紙垂(しで)、絹、麻などをつけたものをいいます。 ○玉串の起源 玉串とは、『古事記』や『日本書紀』の天照大神が天岩戸に隠れたエピソードにて、神々が真榊に玉や鏡をつ

            お供えののし袋の表書きの書き方について

            お供えののし袋の表書きの書き方について 仕事運のご利益で知られる現人神社では、各種ご祈願を承っております。七五三詣、厄祓いなどのご祈願をする際には、神様へのお供えとして金銭をお供えします。その際の、のし袋の書き方について解説します。 ○ご祈願の場合 神社でご祈願を受ける場合は、「初穂料」「玉串料」「榊料」「祈祷料」「奉納」などさまざまな書き方があります。どれを書いても間違いではありません。ちなみに、一般によく知られる「初穂料」は、その年に初めて収穫された稲穂を神前にお供えした

            ご祈祷は何のためにするの?

            ご祈祷は何のためにするの? 仕事運のご利益で知られる現人神社では、初宮詣や七五三のような人生儀礼、また厄払いなど、さまざまなご祈願を承っております。このご祈願またはご祈祷とは、いったい何のためにするものなのかを簡単に紹介します。 ○人生の通過儀礼 普段はあまり意識していないかもしれませんが、私たちは人生の節目でご祈祷を受けることがしばしばあります。たとえば、安産祈願、生まれて初めて神社にお参りする初宮詣、成長を祝う七五三などがあります。 ○各種祈願や厄払い そのほか、受験前の

            神社の井戸水(御神水)はいただいてもいいの?

            神社の井戸水(御神水)はいただいてもいいの? 神社では、井戸水や御神水をわけてもらえることがあります。ここでは、御神水や井戸信仰について紹介します。 ○御神水とは 神社の敷地で沸き出でた水、または汲み上げられた水は霊験あらたかな水とみなされてきました。神社の井戸水や御神水は日本の名水百選に選ばれているものもあり、御神水を探して神社めぐりをする方もいるようです。 ○井戸信仰 御神水とは別に、日本では古くから井戸そのものが信仰の対象とされてきました。人々の生活に欠かせない水をもた

            神社の基本的な参拝方法

            神社の基本的な参拝方法 現人神社は仕事運向上のご利益で知られており、多くの方がご参拝に訪れています。神社で参拝するとき一番大切なのは神様を敬う気持ちですが、決まった作法、形式の意味を理解すれば、より神聖な気持ちでお参りすることができるでしょう。ここでは、基本的な参拝方法について紹介します。 ○心身を清らかに 神社の鳥居をくぐれば、その先は神域です。鳥居をくぐる際には一度浅くお辞儀をしましょう。これを「一揖(いちゆう)」といいます。参道の幅は神社によってさまざまですが、神様の通

            籠城戦とは?城攻めと籠城、どっちが有利?

            籠城戦とは?城攻めと籠城、どっちが有利? 敵に囲まれ、城に籠って守る戦いを籠城戦といいます。 ○城を舞台にした攻防 籠城戦は長期戦になることが多く、いかに持ちこたえるかが重要でした。攻め手側にとっては、城へ送られる兵糧を断つために支城とつながる道を断つなどの戦略が取られました。 ○籠城する側のほうが有利だったけど…… 籠城する側が兵力では劣勢であることがほとんどです。しかし劣勢であるからこそ有利な戦術でした。籠城は味方の後詰(援軍)がやってくることが前提の戦術だったからです。

            神社の参道は何のためにある?参道を歩くマナーとは

            神社の参道は何のためにある?参道を歩くマナーとは 神社に参拝するとき、鳥居から拝殿までの間には参道が設けられています。 この道の、どこを歩くのが正解でしょう? ○参道とは? 参道とは、神社やお寺に人が「参詣するための道」のことをいいます。心を癒すパワースポットとしても近年話題になる神社。玉砂利や石畳が敷かれていることが多いのですが、「玉」とは「御霊(みたま)」や「宝石」という意味があります。鳥居をくぐった参道から外の世界とは異なり、清らかで神聖な場所であるからこそ、うつ病や精

            神社の狛犬にはどんな役割があるの?

            神社の狛犬にはどんな役割があるの? 神社の参道の両脇に鎮座する狛犬は、犬のような獅子のような、不思議な生き物です。大陸から渡ってきた狛犬は、魔除けのために置かれています。もちろん、仕事運向上のご利益で知られる現人神社にも狛犬が置かれています。 ○高麗の犬 狛犬の起源は日本が大きく影響を受けた中国よりも遥か西の、エジプト・ペルシャ周辺のオリエント地方、そしてインドの獅子像が原型とされています。これが中国では自国風の獅子になり、日本へは朝鮮半島を経由して伝来しました。そのため、「