fuerafuera

14

fuerafuera 1st album リリースツアー

今年9月12日に発売したfuerafueraの1st album《夢の中で恋に落ちた》リリースを記念して演奏ツアーをします。近畿・中国・四国方面にお住いの皆さま、お会いできるとうれしいです!

▼▼ツアー日程▼▼

11/21 thu 高知 多国籍料理 so-an(w/Sandwich Parlor)
11/22 fri 岡山 デザートタイム倉敷(w/The Wailars, BGM漬物〜学)
1

もっとみる

演奏予定

fuerafueraの「Googleカレンダー」です
ご予約やお問い合わせはfuerafuera.info@gmail.comまで。

about us

fuerafuera(フエラフエラ)

赤須翔と大江友海、二人のシンガーソングライターによる音楽ユニット。
気だるい男女のオクターブユニゾンで歌われる、一度聴くと耳から離れない言葉とメロディ。ジャズやフォークなど、二人のルーツをどことなく感じさせるボーダーレスなサウンドのチルタイムポップ。
2019年9月、1st album《夢の中で恋に落ちた》発表。

赤須翔(うた、ギター、マンドリン) 
大江

もっとみる

「Liar」という曲

written by 大江友海

アルバムの中でいちばんヘンテコな曲です。
これは翔くんのフレーズにわたしが歌詞をつけていったもの。
他の人が聴いてどうだかはわからないけど、ある意味、これがいちばん赤須翔「らしい」曲とわたしは思っています。
とらえどころのない天邪鬼。笑

翔くんは、歌詞にしたいイメージは特にない、良ければ何でもいい良ければ、と、かなりの上から目線だったので、まあいいかと自由に書く

もっとみる

「I Thought About You」という曲

written by 赤須翔

think の過去形のthought
過去形なのが深みが増しますね。

この曲は前のコラムで書いた「夢の中で恋に落ちた」と同じくジャズスタンダードからコード進行を取って、メロディと歌詞を乗せ換えた曲。

「I thought about you」という曲から題名はそのまま。

何年か前まだこの曲が生まれていない頃、トランペットと男性ボーカルと三人でレコーディ

もっとみる

CDご予約(特典あり)について

※【ご注意】ご予約は2019年9月11日をもちまして受付を終了いたしました。ご購入ご希望の方はfuerafuera.info@gmail.comまでご連絡ください※

フエラフエラ1st album《夢の中で恋に落ちた》
2019.9.12に発売いたします!
ちょっとした特典がある「発売前」先行予約についてのご案内です。

fuerafuera《夢の中で恋に落ちた》
2019.09.12 発売
8

もっとみる

ジャケット制作

written by 大江友海

わたしたちの記念すべき1st albumのジャケット手がけてくださったのは「TO」こと、デザイナー・イラストレーターのTomohito Komatsu(以下トモさん)さん。

トモさんとのつながりは、長野県は伊那にある、わたしが世界一好きな洋服屋さん「チプカとプクチカ」のロゴデザインやお洋服の生地の柄のシルクスクリーンのプリントをされていて、作品があまりにも好みの

もっとみる

「カゴの小鳥」という曲

written by 大江友海

これは2、3年くらい前に書いたんだけど、演奏せずしまってたのを思い出してみた曲です。
歌詞の内容は、小鳥(わたし)がカゴの中であなたが来るのを待ってるってお話。人によって「あなた」について捉え方が違くて、それを聞くのを楽しみにしているから、詳しく説明しませんね。かわりに曲を仕上げていったときの話を。

この曲に限ったことはいんだけれど、翔くんと一緒にやる中でやり易

もっとみる

「夢の中で恋に落ちた」という曲

written by 赤須翔

CDのタイトルになったこの曲は
僕がよく見る夢を題材にしました。
ある女の子と二人でいて、お互いに恋をしている事を分かっている。初恋のようなピュアな甘い気持ちを感じている。

関係が始まったばかりのような新鮮さと、ずっと一緒だったかのような繋がりの深さもあり、お互いの考えや気持ちも全て分かってしまいそうな関係。

ただ一緒にいるだけで、嬉しくて楽しくて幸せ。

もっとみる

「ムース」という曲

written by 赤須翔

これは母親の想いを書いてみた曲。具体的な場面もキーワードも出てこない、想いだけの曲。
だから曲だけ聴くと何について歌っているのかイマイチ分からないかもしれない。でもそれはそれで良し。

様々な母親の形がある。
その中で僕も一応、人間の子なので母親がいて、息子の目線から見たり、周りの母親を見てこんな感じかなぁ。と勝手な妄想。
そして最終的になんでか母親の娘への気持ち

もっとみる