見出し画像

「時間と労力をかけずに、自社にマッチした紹介会社を開拓したい」忙しい人事担当がやるべき、紹介会社開拓術

人材ビジネスの競合過多による、企業側が受けるデメリット

採用難が叫ばれる昨今、企業の採用におけるペインを解決しようと、世の中にはたくさんの人材会社が存在します。その数はおよそ28,000社。それぞれの企業が、独自の強みや特徴を持ち、企業側としては非常にありがたい存在です。しかし、多すぎるが故に「本当にこの会社が、自社にマッチした紹介会社なのかわからない」そう感じることも増えたかと思います。

とはいえ人材採用は、ビジネスの成長に不可欠な要素であり、最優先事項です。求人広告を出すだけでは、求める人材を採用することはできなくなってきている時代。つまり、人事は自社にマッチした人材会社を開拓することが必要不可欠なわけです。

一方、世の中にこれだけの数の紹介会社が存在するということは、それだけ人材ビジネスが激化しているということを意味します。つまり彼らも、結果を残すために必死にアピールしなければ、企業として存続が難しくなる。そうなると、本当はアンマッチにも関わらず、KPI達成のために契約を巻いてしまうと言ったような事態が、日常茶飯事で起こっているのです。

無数にある会社の中で、自社にマッチした企業を見つけるのは困難


そもそも、世の中に28,000社の人材会社があるにも関わらず、おそらくほとんどの企業が、利用している紹介会社は限定されており、特に新卒採用においては数社〜数10社かと思われます。100社以上利用しているという会社は、ほとんど聞いたことがありません。つまり、1/2,800程度なのです。

そのように考えると、今利用している紹介会社が、本当に数ある紹介会社の中でも自社にマッチしている会社なのかどうか、自信を持って言えるでしょうか?「なんとなくネットで検索し、上位に出てきた会社を使っている」というケースがほとんどなのではないかと思います。

でももし、他にも自社にマッチした紹介会社があるのであれば、ぜひ知りたいですよね。ただ、そこでネックになるのは、紹介会社の開拓に時間がかかるということ。

・想定している予算と合うかどうか
・自社が求める人材が、紹介会社が保有するDBにどれくらい存在するか
・契約を結部に当たって、本当に信頼ができる企業なのか

上記は一部ですが、これらは自社にマッチした人材紹介会社を開拓する上で、非常に重要なことであるのは間違いありません。しかし、数百社を比較するというのは、やるべきタスクが他にもたくさんある人事担当からすれば、骨の折れる作業だと思います。

だからと言って、リサーチを蔑ろにし契約数をむやみに多くすると、運用上のオペレーションコストが煩雑になってしまい、1日のほとんどの時間を紹介会社とのリレーションで終わってしまうなんてこともしばしば。

また、意外と見落としがちなのが、紹介会社の担当者とのコミュニケーションの相性。自社の事業成長に欠かせない人材を採用するためには、相互理解が重要です。その際に「テキストコミュニケーションのスピード感」や「適切なフィードバックをし合える関係を築けるのか」「カルチャーに対する理解や、リスペクトがあるか」といった、会社間/担当者同士の相性は重要になってきます。

そう言ったことをリサーチしたり、打ち合わせを通して判断するのはかなり時間と労力がかかりますよね。

効率よく自社にマッチした人材会社を開拓するために

ただ、もしこれまで一度も人材紹介会社の開拓を行なったことがない方は、以下の方法(全てではなく、このうちのいくつか)を一度試してみるのもいいかもしれません。

■インターネット検索
検索エンジンで、採用したい人材の特徴などを入力してみましょう。それだけでも多くの人材紹介会社のリストが表示されます。もしそのリスト内に、興味のある会社があれば、一度問い合わせてみるといいかもしれません。

また、現在インターネット上には、人材紹介会社の口コミが多く載ってあります。これらを確認することで、自社にマッチしているかどうかを判断することが可能です。しかし、掲載されている情報が本当に正しいかどうかはわかりません。あくまで一つの参考事例だと捉えましょう。

■イベント参加
人材紹介会社は、頻繁にイベントやセミナーを開催しています。これらに参加することで、ネット上では知り得ない、リアルな会社の雰囲気を知ることができます。また、参加している他の企業とも交流ができるため、他社の事例なども知るきっかけになるでしょう。

■リファラル
既に人材紹介会社と繋がりがある場合はもちろん、もし他社の人事と繋がりがある場合は、信頼できる紹介会社や担当者を繋いでもらうことも有効な手段です。

しかし、上記を試した上で、以下の課題をお持ちの人事担当者様は、ぜひ一度弊社にお問い合わせください。

・今利用している人材会社がマッチしていると思えない
・新規で開拓したいけど、人材会社が多すぎて、どこに依頼するかの情報取集に手間がかかる
・契約後のミスマッチを防ぎたい
・特定の採用エリアや母集団に強い紹介会社様の開拓も行っていきたい

我々は、このようなお悩みを抱えている人事担当を救いたいと考え、採用領域のマッチング事業を開始しました。今まで、人事自身で行うしかなかった情報収集や比較検討を、マッチングのプロが代わりに行うことで、開拓の手間が省け、本来人事が向き合うべき業務にコミットする時間を増やすことが可能となります。

人材紹介を検討中の企業の採用担当者様の方で、効率よく自社にマッチした人材紹介会社を開拓したいとお考えの方は、ぜひ一度お気軽にお問合せください。

※人材会社様の弊社へのアライアンスのご相談もお受けしております。

この記事が参加している募集

#採用の仕事

2,207件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?