嶋津良智 リーダーズアカデミー

育てる側がよくならないと、社会も、企業も、人も、よくならない!の思いから「『あなたのも…

嶋津良智 リーダーズアカデミー

育てる側がよくならないと、社会も、企業も、人も、よくならない!の思いから「『あなたのもとで働けてよかった』をすべてのリーダーへ」を理念に、中小企業のための、人づくり組織づくりに特化をした、スクール形式では日本一のビジネススクール『リーダーズアカデミー』を経営。著作累計150万部超

マガジン

  • 【映像教材セット】組織づくり2.0 & ビジョン共有の極意

    嶋津良智の映像教材をまとめてご購入いただけます! ・アフターコロナの組織づくりの新常識!「組織づくり2.0」セミナー映像 ・1463社が学んだ「ビジョン共有の極意」セミナー映像

最近の記事

背伸びをしても背は伸びない

■目標は高く持て! 「目標は高く持て!」 経営者やリーダーたちがよく言う言葉ですね。 では、何をもって高い目標というんですかね? 高い目標は、最初からあきらめてしまう危険もある表裏一体の部分があります。 あなたは、目標を高く持つ派ですか? 適切に設定する派ですか? ■私の目標設定に対する考え方 私は目標の設定で大切なことは、 ・根拠があること ・現実的な計画が立てられること この二つだと考えています。 何の根拠もなく、ただむやみに高い目標を設定するのは

    • 結果を導くための3ポイント6フォロー

      ■先週の振り返り 先週は、 《お金以外であればあるほど使ってしまうものとは?》 というテーマでお伝えをしました。 その文中で、学びを得るためにある実験をしてほしいとお願いをしましたが、もう実験されましたか? まだの方がいらしたら、ぜひ先週の 《お金以外であればあるほど使ってしまうものとは?》 を読んでいただき、その実験から「何を学び、何に気づき、何を感じたか?」 この感想欄で、みなさんとシェアしていただけたらうれしいです。 ご意見・ご感想はこちらから みなさんの感

      • 「結果を出る一流」と「結果の出ない二流」の違い

        世の中には変えられるものと、変えられないものがある。 変えられるものの一つが、自分の感情だ。 自分の感情をコントロールすることはできる。 たとえば,人の仕事ぶりを見てイライラすることがあるだろう。 仕事が遅い、段取りが悪い、などと感じてイライラしてしまう。 そのとき、その人の仕事を早くするとか、段取りをよくすることは、たやすくできるものではない。 でも、イライラしている自分の感情をコントロールすることは簡単だ。 自分の考え方、受け入れ方を変えることで、自分はそれ

        • バリバリ仕事をしている社長が不幸せな理由

          ■ある社長へのアンケート 数年前に、経営コンサルタントの Gerald Kushel 博士が米国の経営者たちに対して調査を行なったという興味深い記事を見つけました。 その調査によると、私生活と仕事に「非常に満足している」と答えたのは、わずか4%だったということでした。 その記事には以下コメントがされていました。 ーーーーーーーーーーーーーーー 企業の重役たちが真の意味で満足を得ていないことは、特に驚くことではないだろう。 我々は、仕事や金銭的な目標を達成しても、失

        背伸びをしても背は伸びない

        マガジン

        • 【映像教材セット】組織づくり2.0 & ビジョン共有の極意
          2本
          ¥7,960

        記事

          お金以外であればあるほど使ってしまうもとは?

          ■「あればあるほど使ってしまうものは何ですか?」 あなたは、「あればあるほど使ってしまうものは何ですか?」と質問をされたら何と答えますか? 大方は、「お金」「時間」と答えるのではないでしょうか。 「はい」、その通りです(汗) このままではあまりにも当たり前すぎておもしろくないですよね。 では、話を面白くするために、私独特の切り口で話をさせていただきます。 ■残業‘ゼロ’のマネジメント 以前のメルマガ 《残業‘ゼロ’のマネジメント》 でもお話しをしましたが、同じ仕事でも18

          お金以外であればあるほど使ってしまうもとは?

          感情は行動に大きな影響をおよぼす

          感情は行動に大きな影響をおよぼす。 例えば矢沢永吉さんのファンは、永ちゃんに感情が揺さぶられ、無意識のうちに立ち振る舞いが永ちゃんに似てきたりする。 私が通っているジムのランニングマシンには小さなテレビがついている。 ある日、ランニングしながら何気なく画面を見ていると、ものすごくドロドロしたドラマがやっていた。 そのドラマを見ながら走っていたら、やる気がすっかり萎えてしまっていた。 逆に、楽しいテレビ番組を見ていると、気持ちよくランニングできる。 見るともなしに見

          感情は行動に大きな影響をおよぼす

          コントロールできない目標に向けられた間違った「怒り」

          ■先週の振り返り 先週は、目標達成のできない人は、目標の立て方に問題がある。 目標は、自分のコントロール下に置く。 『自分の管理下でコントロールできない結果目標だけを立てるのではなく、その結果目標に最も影響を及ぼす自分次第でコントロールできる行動目標を3つくらい立てて、その行動目標の達成に向けて全力を注いでください』 というお話しをしました。 今週は続けます。 ■間違った怒りの表現(表出) 「今月は1億の利益を上げるぞ!」 と、自分の管理下でコントロールできな

          コントロールできない目標に向けられた間違った「怒り」

          親には肩の荷が下りる瞬間が3回あるの、かな???

          ■先日久しぶりにアメリカへ行ってきました 先日、子供の卒業式に参加するため久しぶりにアメリカへ行ってきました。 自分の子供の卒業式は一生に1回ですし、どうしても帽子飛ばしも見たくて行ってきました(笑) 卒業式に参加しながら「親には肩の荷が下りる瞬間が3回あるのかな・・・・」。 そんなことを感じながら参加していました。 もちろん、縁起でもないですが、親が死ぬか、子供が死ぬかするまで、一生おりないであろう肩の荷もあると思いますが、なんとなく感じたので、今日はその件をお伝

          親には肩の荷が下りる瞬間が3回あるの、かな???

          他人は変えられない

          過去と同じように、他人もコントロールすることはできない。 たとえば、上司だからといって部下をコントロールすることはできない。 親だからといって子どもをコントロールすることはできない。 独立して会社を設立したころ、思うように業績を上げられず、 「部下を動かすには何が必要なんだ?」  「部下を動かすコツはないのか?」  といつも考えていた。 そんな時、人材育成に定評のある、某企業の営業部長が主催したシークレットセミナーに出席した私は、その人に向かって、その質問を投げ

          コーヒー一杯の売上を無駄にした「仕事ができない人」

          ■ある海岸近くのカフェで 休日に行った海岸沿いのとあるカフェであった出来事です。 モーニングが食べたいと思い検索をして、あるカフェに行きました。 必要なものを頼んでとてもおいしく満足していました。 いつものようにコーヒーを飲みながら朝のルーティンの仕事をしていると、ウェイトレスの女子がやってきて、「まもなく1時間になるのでよろしくお願いします。」と言われたのです。 ■仕事の「できない人」の対応 どうやらそのカフェは1時間制というルールがあるらしく、時間になったら出

          コーヒー一杯の売上を無駄にした「仕事ができない人」

          目標を絶対達成させるたった一つのコツ

          ■決めた目標をほとんどの人は達成できていない現実 今年も始まって、早半年が過ぎようとしています あなたが年初に設定した今年の目標達成の進捗はいかがでしょうか。 今日はあなたに、恐ろしい現実をお伝えしなければなりません。 残念なことに決めた目標を達成できている人は、約5%とも言われています。 なぜこんなにも多くの人が目標を達成できないのでしょうか。 それは、目標の立て方に問題があるからです。 ■メッシ選手は偉業をコントロールできたのか? 例えば、2012年、史上

          目標を絶対達成させるたった一つのコツ

          電車が来ない、バスが来ない、エレベーターが来ない

          人生には自分の力で変えられるものと、変えられないものがある。 これを見定めることが、時間を有効に使い、成功するコツだ。 例えば、変えられないものの代表は天気だ。 休日にディズニーランドへ行く約束をしていたとしよう。 期待に胸を膨らませながらいつもより少し早起きし、窓を開ける。 ところが、・・・土砂降りの雨。 がっかりだ。 誰だっていやな気持になるだろう。 でもその雨はどうすることもできない。 やんでほしいと願っても、やむかもしれないし、やまないかもしれない。

          電車が来ない、バスが来ない、エレベーターが来ない

          ホワイト企業はもう古い

          ■あなたの会社はどれ? 先日、日経新聞にこんな記事が掲載されていた。 縦軸を『働きやすさ』、横軸を『働き甲斐』とし、 1)ブラック企業働き甲斐が低、働きやすさも低 2)モーレツ企業働き甲斐が高、働きやすさは低 3)ホワイト企業働き甲斐が低、働きやすさが高 4)プラチナ企業働き甲斐が高、働きやすさも高 と分類したものでした。 ■モーレツ企業は悪くない この4つの分類の中で、一番退職率く業績が悪いのはもちろんブラック企業ですが、2番目はモーレツ企業と思いきや、実

          リーダーのマネジメントに関する不安を解消するたった一つの方法

          ■私は「勝手」で「わがまま」です いきなりですが、私は「勝手」で「わがまま」です(汗) ただ、友達もいないわけではなく、部下にも愛想尽かされているわけではないので、たぶん質の良い「勝手」と「わがまま」だと自分では思っています(汗) 「勝手」と「わがまま」の質の良し悪しは置いておいて、こういうタイプがマネジメントをしていると、いつもある恐怖感に襲われます。 それは、「自分が言っていることや、やっていることが、独りよがりになっていないか?」ということです。 ■「裸の大様

          リーダーのマネジメントに関する不安を解消するたった一つの方法

          「変えられない過去」ではなく、「変えられる未来」にエネルギーを集中する

          このエピソードが正確かどうかはわからないので、「こんな感じの話しだ」ということで聞いてほしい。 松下幸之助さんが、船を下りて波止場を歩いていたら、いきなり大男にぶつかられて、海に落ちてしまったそうだ。 一緒にいた秘書が、「私が文句を言ってきますよ」と言ったのだが、幸之助さんは一言、「ああ、夏でよかった」と言いったという。 そして、文句を言ってやろうと思っていた秘書に向かって、 「馬鹿者。今から文句を言ったからと言って、私が海に落ちたという事実は変わるのか?海に落ちない

          「変えられない過去」ではなく、「変えられる未来」にエネルギーを集中する

          経営は『草刈りの法則』ではうまくいかない

          ■経営をしていて問題がなくなることはない あなたは経営者として「どうしてこうも問題ばかりが起こるのだろうか・・・・」と頭を抱えることも多いのではないでしょうか。 それも毎日(笑) 経営をしていれば、ある意味問題が起こるのは当たり前なのでしょうがないですよね。 それも一生なくなることはありません(汗) あの日本を代表する企業「トヨタ」でさえ、定期的にニュースになるような問題を起こしていますが、ニュースにならないような問題は日常茶飯事でしょう。 ■問題には2種類ある

          経営は『草刈りの法則』ではうまくいかない