佐藤ゆずる

介護に関わる人の外側を考えたい人→ 疑問を疑問で終わらせない「書いて、動きたい」人間。 介護職員だからできる副業を動いて形にする。 介護施設で最期を迎えたに人へ『生きた証』という思い出を本にしてます。ICTで業務改善に挑戦中。 地域に出て「3年に1度個展」してます。カレーが好き
    • 介護職員のあるある
      介護職員のあるある
      • 19本

      介護職員の「そうそう」「わかる〜」をあつめたもの

    • 介護職員のICT部屋
      介護職員のICT部屋
      • 20本

      日々の仕事で感じた「これがあると便利」「こんなことができたら仕事が捗る」「早く終わる」を現在、佐藤ゆずるが使っているICTツールと共に事例と結果、課題を紹介します。

    • 井上ゆずるの副業
      井上ゆずるの副業
      • 11本
    • ‪介護施設で最期を迎えた人に本を贈りたい。‬
      ‪介護施設で最期を迎えた人に本を贈りたい。‬
      • 12本

      介護施設で最期を迎えた人に本を贈る経緯、作り方をまとめたものです。 一人の人が介護施設で過ごし、亡くなったんだよを記憶だけでなく形に残す。 想い出はひとそれぞれ、人の数だけある人生の日常を写真やコピーを考えながら

    • 好きな人に本を贈る
      好きな人に本を贈る
      • 9本

      好きな人に本を贈りたい。 そんな文化があっても良いよね。 ただ今、ゆる〜く本の作り方を本にしています。 この活動を通じて子どもからお年寄りまで誰でも本が作れ 「好きな人に本を贈る」そんな瞬間が増えたり 「最期を迎える人がここにいたよ」と生きた証を家族に残せる。 「地域にこんな人がいたよ」を地域に残せるひとつの機会になれば幸いです。 たくさんの人と地域に出会いました。 高齢化日本一の秋田県。 そんな日本の片田舎からできることを ゆる〜く発信していきます。 ご興味ある方はお気軽ご連絡を〜

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

自己紹介

自己紹介(ざっくり…) 井上弦 いのうえゆずる 神奈川県生まれ 大学卒業後、介護予防の会社へ入社。祖父の他界を機に介護(介護予防で)の就職活動を行う。都市部に就…

コミュニケーションのコツは「名前を呼ぶ」

私は介護施設(ショートステイ)で 働いている介護職員です。 今日は介護職員のレベルを 「1」アップするお話をします。 新人のコミュニケーションの壁。 利用者の反応が…

+1

ビジネスチャットと介護施設の相性

私は介護施設(ショートステイ)で 働いている介護職員です。 今日は介護施設で働く、 私たち介護職員が活用している情報共有ツール 「LINEWORKS」についてお話をします。 …

+1

高校生が自発的に地域で活動するコツ

私は介護職員をしつつ
地域で副業をしています。 
今回は高校生と副業の話。 マネジメントじゃなくコミュニティが大事4名の現役高校生と地域の大人6名が集まり 「おじゃ…

300

生きた証。51冊目の本作り。アンサー

以前作った本ができ、家族へ渡した時の話。 作成経緯はこちら↓ 以下、家族様より言葉をもらった 管理者のLINEWORKSを引用。 ※個人情報のため名前、 一部内容・修正して…

+2

雑布はサスティナブルか

今日は副業の話。
私は介護職員をしつつ 地域で副業をしています。 今回はとなり町で講師業の話。 ワークショップを1日、 頂いたお題は「就労」 「就労」するんだったら…

300