yousukezan

"><S>1

yousukezan

"><S>1

    最近の記事

    49歳になりました

    無事に誕生日を迎えた。奥さんも猫もそれなりに元気に生きてる。 よかった。 仕事して、Webを見て、動画を見て、読書して、たまにバグを探す、という特に何もない日常を日々淡々と過ごしていくという、特に特筆することもなく多分誰にも憧れられないような暮らしをしている。こういう日がずっと続けばいいんだけど。 仕事は相変わらずそこそこ順調で特に書くこともない。書きたくてもたぶん守秘義務みたいのはあるので書けないのだが。 健康面ではあまりよくない。胃と肺に要経過観察な事象があり、相変

      • 10年目を迎えた

        セキュリティ業界に入って10年目を迎えた。一瞬だけの輝きではないか思っていたのだが、淡々と積み上げて、思った以上に実績を出し続けていることについては自分を評価したい。 経済的な面でも落ち着いた。特に物欲もなくあまりお金を使わないこともあって、この9年間は副業の方の結果だけで暮らしていけるくらいだった。人生の楽しみは散財だと思うので、より良い使い道を考えたい。 10年前のことを少し振り返りたい。 10年前、いろいろ終わる10年前、継続していた大きな仕事が立て続けに終わり、

        • 戸籍謄本を取ってルーツをたどる話(その3)

          これまでステップ3 祖母の婚姻前の除籍謄本を取得する(勝田郡飯岡村) 両親の父系情報は手に入ったので、次は両親の祖母の家系について調べる。 父方の祖母とは祖父母の中では一番関係が深く、彼女が亡くなる半年ほど前まで年に一度くらいは会っていたのだが、鉱山が大変だった話ばかりで彼女自身についての話を聞いたことはほぼなかった。 祖母の親戚と思われる人数人とは祖母の葬儀で最初で最後の邂逅があったのだが、そのときも孫のようにチヤホヤされたのと、関係者が存命の間は絶対にインターネットに

          • 戸籍謄本を取ってルーツをたどる話(その2)

            ここまでの流れ父系の戸籍を行けるところまで遡った その1では自分の戸籍謄本から父兄を遡っていき、もう少し奥があるかと思いきや、思わぬところで終わってしまった。結局祖父の本当の父は今のところ謎。 ステップ2-1 母の婚姻前の本籍地の戸籍を取得する(鹿児島市)父方の父系を一応最後まで辿ったので次は母方の父系をたどる。母が結婚するまで本籍地だった鹿児島市に請求を行うことにする。 鹿児島には自分が生まれてから兄が幼稚園に上がるまではわりと長く滞在していたらしい。とはいえ踏切から

            戸籍謄本を取ってルーツをたどる話(その1)

            目的先祖の戸籍を遡れるだけ遡る 理由なんとなく内容と手法に興味があった 昔の情報とかあまり聞けてないので取得できる方法を探る 来たるべく遺産相続にあたって家族以外に相続できる人がいるのか情報がないので下調べ 遡る方法戸籍謄本的なものを取って、そこに書かれている情報を遡るとルートにたどり着けるらしい。ITで喩えると戸籍の終わりまで再帰問い合わせを続ける。 取得すべき情報先祖のデータを辿るために必要となるものは以下の通り。 除籍謄本 死んだ人のデータがずらりと記載さ

            バグバウンティしてない日記2022年7月

            気づかぬうちに8月になっていた。 ベッドを買った。 腰痛持ちの夫婦が独身の時に買った(ほどなく一緒に住むようになって結婚したとは思う)シングルベッドを特に理由もなく使い続けてきた。最近さすがにもう新しくしてもいいのではないかと思い始めていたのだけど、奥さんも同じようなことを思っていたので突然新しいベッドを買った。2人とも年を取って腰や肩が悪いのだ。寝具を変えれば少しくらいは調子が良くなるんじゃないかと思ったのだ。 自分は客観的に見ると育ちがあまりよろしくないようで、狭い

            バグバウンティした日記 2022年6月

            6月になった。まだちゃんと働いているし、給料もわりともらってるし昇給もした。 ゴールデンウイークだけがんばったバグバウンティは報奨金はすでに去年の倍額が確定した。去年が少なかっただけなので数年前に比べるとまだ何分の1かではある。 ある程度終わりまでの生活の見込みが立つと、人間はこんなに労働意欲を失うものか、ということを実感している。 昔からある程度やりたかったことのゴールが見えると途端にやる気を失うのは悪い癖というか性で、それには自分で折り合っていくしかないんだろうと思って

            バグバウンティしない日記 2022年2月

            全体的に雰囲気が悪い。 四十肩が治らない。 このところ 治りかける->寝てるとき、何かの拍子に手を延ばす->激痛で目を覚ます というコンボを繰り返している。 今、両手に力が入らない&腰痛で人としての機能が半分くらい失われている感じ。 これまでは他がダメでも左手は無事なので… という謎の安心感があったのだけど、それが消えている。まずい。 このままだと身体の機能を失って目の前のコンピューターだけが使える一人マトリックスのような人になってしまいそうで怖い。 そして、(物理的に

            QoLを上げる話

            Amazon FireHD 10を買った。 これまで2台のNexus7(2013)を使ってたのだけど、2台とも立て続けに死んだ。1つは妊娠、もう1つは謎にフリーズを繰り返すようになったのだ。せめて1台だけで起こってくれればいいのだけど、さすがに買ったときからすでに古かったタブレットなので突然死んでもしょうがない。 とはいえ競馬中継流しながら作業したり、寝床で電子書籍を読めないのは辛いので、何も考えずメルカリで2000円未満のNexus7を再び買った。急ぎでポチったものが届

            2021年を振り返る

            2021年を振り返る 振り返りを読んでもらう読者もいないので密かにここで振り返る。あくまで個人的な備忘録代わり。 生活面基本的に体調が悪い。 四十肩10月くらいから左肩に違和感があったのだけど、11月末から12月初頭にかけては痛みで夜目を覚ますくらいの痛さだった。現在もちょっと手を延ばすとわりと痛い。 左手なんてそんなに使わないし右じゃなくてまだよかったね、という意見はあるかもしれないが、実は私は両利きでわりと左だって使ってるもん、お前らよりは少しは大変なんだもん、と思

            少しバグハントした日記 2021年3-6月

            他の人のnoteを見てついでにバグハントしていない日記を書いていたことを思い出したので最近のわたくしについて書く。特に大きく仕事は変化していないが家の強度が高まっている。 前回書いてからちょっとだけバグバウンティを行って2件認定された。稼いだ額もまだ10万円以下だ。 これ以上やるかはわからない。もう十分だとも思っているけど、なにか落ちてたら拾うぞくらいの心意気だ。 先日も書いたとおりネズミをなんとかしようと家を見ていたらいろいろとよくないことが見えて心配になったので役所経

            バグハントしてない日記 2021年1-2月

            バグハンターとしてテレビに出たり新聞にも載った私だが、このところバグバウンティしていない。 リモートワークとして家で仕事してる奴が、同じデスクで似たような副業をするのはさすがに少し狂ってるというのに気づいたのだ。 いや、身体が拒絶しているのだ。休みは別のことをするのだ。 最近バグバウンティもせずに何をしているかというと、 主に 1. 自治体CMSの調査 1. 家のネズミ追い出し大作戦と修理 1. ツイート分類AI作成 を行っていた。 特に、年末から我が家で一番困っていた

            ハッカージャパンとその頃の自分を振り返るを振り返る

            「ハッカージャパンとその頃の自分を振り返る」がここで更新が終わっているのは、仕事に行き始めたのもあるけれど、17と18の間でにゃんたさんが倒れて闘病の末死んでしまってたのでそれどころではなかったから。 倒れたのはAVTokyoで話をする数分前のことだった。控え室に電話がかかってきて辛い気持ちのまま発表をした。 登壇する前に酔っ払いに「ダメダメなバウンティの話、楽しみにしてますよ」と言われたけど、前日にYahoo!から大きなバウンティが入ってきてたので、ざまあみろという気持ち

            yohgakiさんに学ぶtwitter討論術

            (2013年7月26日 のblogより再掲) こんにちは。今週は涼しくてなによりですね。 そんな気温の変化はともかく気分はすっかり夏休みですよ。 このところyohgakiさんという人がいろいろな人と激しくやり合って、(私は議論の内容については無知なため何ともいえないのですが)完全大勝利みたいなかんじでふるまっていました。 議論の内容はともかく、受け答えが非常に興味深かったので、どんな感じで切り返せば相手にダメージを与えられるのかパターン化して考えてみました。新しい詭弁の

            ハッカージャパンとその頃の自分を振り返る18(2003年-1)

            (2014年5月6日 のblogより再掲 ※元のタイトルの番号が間違っているので修正しています) えっと、仕事に出始めたりプライベートで悲しい出来事があったりしてすっかり放置しておりましたが、HJとともに自分の過去を振り返る試みを続けていこうと思います。(※と書いていますが今回で終わっています) ちょうど前回は2002年の終わり、なんとなく会社を辞めようかなあと思ったところまででした。 特に次のことを考えていたわけではなかったのでネットを使って転職情報を探しているとネッ

            ハッカージャパンとその頃の自分を振り返る17(2002年-4)

            (2014年1月22日 のblogより再掲 ※元のタイトルの番号が間違っているので修正しています) 来週から働きに行くことになりました。早く区切りを付けないといけません。 難航していた「爆裂ツール裏ベスト100」と並行して、HJの1月号を編集していました。1月号ではこの頃飛ぶ鳥を落とす勢いだったofficeさんに初めて原稿を書いてもらいました。10月に開催されたA.D.2002で直接口説き落として(というほどのものでもないですが)原稿をお願いしたのです。そういえばこの後ネ