米川植也@SHINAYAKA合同会社代表
オンラインでもっとも生産性が高いのは、”だれも喋らない”会議(理論編)
見出し画像

オンラインでもっとも生産性が高いのは、”だれも喋らない”会議(理論編)

米川植也@SHINAYAKA合同会社代表

こんにちは。米川(@yoneshi0320)です。

これから求められる人材、「バフ人材」。彼ら彼女らが発揮する「バフ(=チームの能力を最大限発揮させる行為)」に関するnoteです。

バフ人材とは?は、こちらをお読みください。

※今回の記事は「理論編」です。手っとり早くフォーマットや活用事例を知りたい方は、「実践編」をご覧下さい。

17秒で読めるまとめ

・オンライン会議は、誰かが喋ると他の人は聞くしかない
・ゆえに、パレートの法則(2割のひとが8割しゃべっている)が起こりやすい
・マネジャーがしゃべる割合は、会議の目的による。良し悪しはない
・アイデアやおもしろい意見を出したいなら、全員が考えぬくことが大事
・「活発にコミュニケーションすればブレイクスルー」は、幻想
・生産性を上げたいから、誰も喋らない会議のフォーマットを考えた
・具体的なフォーマットと活用事例は、実践編で

こんにちは。オンライン会議の「負の面」

ZOOMやTeamsでのオンライン会議が市民権を得た2021年。しかし、会議の「進め方」もアップデートされているか?といえば、ぼくの周りはあまり変わっていないです。

当のぼくも、ついこの前までは進め方を意識したことはありませんでした。しかし、とある売上数兆円企業の営業人事支援、具体的には、育成施策の企画や企画会議の進行まとめ役を請けたことで、オンライン会議の「負の面」にぶちあたりました。

会議にも"パレートの法則"

会議初回。人事チームのメンバーは8名、時間は1.5時間だったのですが、マネジャーとその右腕の方が1時間以上喋っていたのです。たしかに初回なので、目的や意味をきちんと共有する必要があります。が、あまりにも聞くのが長すぎる体験。

その後も2回の会議でマネジャーが進行したのですが、どれも8割はマネジャーと右腕の方がしゃべる結果に。(言わずもがな)他メンバーの発言量は、低いままでした。

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートは、1890年代に経済において「全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出している」と提唱。これはパレート(80:20)の法則と呼ばれますが、まさに2021年のオンライン会議でもみられたのです。

(脳の)メモリの無駄使い

もちろん、一概にこの会議の進め方が悪いとは言えません。企業、特に若手クラスから聞く不満に「マネジャーが仕事の目的や、自分への役割期待を説明してくれない」が挙げられます。このマネジャーはその点で責任を果たしている、といえます。

一方、ぼくにそもそも依頼された目的は「メンバーから多様な意見が上がってくる会議にして、企画の質を上げたいから」でした。なるほど。とすると、当の状況は好ましいとはいえません。

なぜこの状況が起きているのか?様々な理由は考えられますが、ぼくは要因のひとつに「メンバーの脳のメモリを無駄づかいしている」を設定しました。せっかく参加しているのに、発言者が話す(=アウトプット)に対し、他7名は聞く(=インプット)しか、起きてないのです。

「みんなで話すと良い意見が出る」は、幻想

USBメモリやイオンドライヤーを開発した、世界で活躍するビジネスデザイナーの濱口秀司さんは著書で「コミュニケーションの量は、アイデアに無関係」と断言しています。

"実際に多くのプロジェクトで、専門能力を有したメンバーが集まり、ブレインストーミングやミーティングを行うことで「1+1=2を超える成果」を出そうとしていることだろう。

しかし、この段階ではっきり認識しておくべきは、「2を超える成果」が生まれるのは、コミュニケーションの行われる「場」ではなく、あくまで「個人の頭の中」である、という事実である。

多くの人がこの点を理解しておらず、コミュニケーションをしている人の間にある”空気”にこそ、既成概念であるバイアスをブレークできるイノベーティブな発想のヒントがあると思い込んでいる。"

出典:濱口 秀司『SHIFT:イノベーションの作法』ダイヤモンド社

ぼくが参加していた会議はだれか一人が発言していると他のひとは発言できず、(皮肉にも)活発なコミュニケーションすら起きていなかったのです。

では、どうすべきだったのか?

3回目の会議後、ぼくは考えました。メンバー個々に考えぬいてもらい、かつそのシェアから新たな切り口を見つけ、アイデアを1次元上に昇華(しょうか)させるためにはなにが必要か?

そしていきついたのが、”だれも喋らない”会議のフォーマットです。会議の生産性を「目的に対するアウトプット量(=一人あたりのアウトプット量×メンバー数) / 会議時間」と定義するなら、メンバー全員の脳がアウトプットしている時間が長いほど、生産性は高くなります。

だれかがアイデアやそこに至(いた)る背景を発言している間、他の人がアウトプットできないのであれば、発言者がそもそも「発言しない」のが最適では?となるのは自明でした。

はやくフォーマット教えてよ

ではその会議のフォーマットは具体的にどういうものか……は、長くなってしまうので、実践編でお伝えします。

まとめ

・オンライン会議は、誰かが喋ると他の人は聞くしかない
・ゆえに、パレートの法則(2割のひとが8割しゃべっている)が起こりやすい
・マネジャーがしゃべる割合は、会議の目的による。良し悪しはない
・アイデアやおもしろい意見を出したいなら、全員が考えぬくことが大事
・「活発にコミュニケーションすればブレイクスルー」は、幻想
・生産性を上げたいから、誰も喋らない会議のフォーマットを考えた
・具体的なフォーマットと活用事例は、実践編で

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
学びになった/面白かった方は、スキ・フォロー・いいねをもらえると嬉しいです。

次回は2021年12月25日(土)更新

よろしくおねがいします。
がんばるぞ。

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
米川植也@SHINAYAKA合同会社代表
「事業と人が本来持っている、しなやかさを取り戻すこと」をMissionに人事支援の毎日。noteでは「(仲間に)バフ(をかけるスキル)人材」をテーマに、毎週記事を更新しています。UXを探求するメディア運営も。https://uxj.jp/ 株式会社文殊の知恵で取締役も兼務。