読み返したいnote

307

2020/05/31 無限城は素敵/アニメーターはすごい

休日。いつもより早めに目が覚める。外は雨。昨夜は10巻まで読んでいた吾峠呼世晴『鬼滅の刃』の続きを読む。ひとまず今読める20巻まで。竈門炭治郎と鬼舞辻無惨との対決に向かって話は進む。完結が何巻になるのかは知らないが、21巻は7月発売らしいので楽しみができた。 ようやく原作をおさえたとこ…

これって社畜?いや、好きな人のためなら頑張れちゃうんですよ

「人」で選んだ会社に転職して気づけば約8ヶ月 いまは、自社から某大手企業にSEとして 派遣されてお仕事をしています。 SEといっても 黙々とプログラミングをする感じではなく 人やお金を調整する仕事がメイン 元来コミュ障だから、人への依頼も超苦手だし 揉め事が起きた時の折衝なんてもってのほ…

#はじめてのZINE 試作品完成!!!

こんにちは、leleと申します。 はじめましての方も多いでしょうか。 ずっと自分で作りたかった本を1冊、やっと完成させたのでご報告! 奥付けに 「著作・編集・印刷・製本 lele」と書くことになって、 本当に自分で作ったんだなあ・・・と実感。 久しぶりのnote、話したいことがたくさんあったので…

赤ちゃんがいる友達へ、伝えたいこと。

こんなつぶやきをしたら、身の回りから反応があったので、改めて考えをnoteにまとめておきます。 寂しい人、助けが必要な人、どんどんアピールして欲しい 子どもがまだ赤ちゃんだったとき、昼間の話し相手が欲しくて、友達が遊びに来てくれるのを毎回楽しみにしていました。周囲のおかげで、頼れる実…

もしも一年後、この世にいないとしたら

最近編集をした本のタイトルに、上のようなことばをつけた。私自身、この言葉をみるたびに少しドキっとする。 著者は、国立がん研究センターの精神腫瘍科で働く清水研先生という精神科医の方。「精神腫瘍科」という言葉は初めて聞く人が多いと思う。精神腫瘍科とは、がん患者さん専門の精神科医のこと…

note毎日更新なんてもうやってられん!と感じてるあなたへ

「noteを毎日更新する意味ってなんだろう…?」 「そもそも、なんでやろうと思ったんだっけ…?」 なにかに挑戦しようと思うとき、みんな最初は勢いよくがんばれると思います。ですが、しばらく継続してみるものの、結果が目に見えてこないとモチベーションはどんどん下がって挫折する、といったケー…

赤ちゃんを見て欧米に何で冒険家が多いのか分かった気がする

カナダとアメリカに長期滞在して感じていることは【冒険型の人の多さ】。 もちろん全ての人がそうじゃないけど、リスクを取ることを恐れない、自信満々で好奇心旺盛な人物がうようよいる国だなと思う。 •リスクテイカー •自信家 •好奇心旺盛 この3つの要素は今の変化の激しい予測不可能な時代…

ストーリーがあるから人は共感できる

昨日、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の番組を一時間通して観ていた。 理由は、以前にも紹介した『M 愛すべき人がいて』の著書を書いたノンフィクション作家・小松成美さんが出演されるという情報を前日に知ったからだ。 こちらの本は、浜崎あゆみさんが歌手デビューをする前から絶頂期にあた…

くらしの選択肢を増やすこと

今年の1月頃に、"くらしてん"という自分の暮らしを紹介するメディアを遠野に住む友達から紹介してもらった。 そして、春頃に"私の暮らし"を載せていただいたのだけど、そのときに私が毎日noteを書いていることや学生のときにライターになりたいと思っていた話をしたことが縁で、ありがたいことに…

選択肢の多さがもたらす光と影。デンマークでみた「幸せ」の定義

「幸せ大国?」デンマーク デンマークをはじめとした北欧諸国は「幸せな国」「超社会福祉国家」「洗練された暮らし」といったワードが想起されることが多い。たしかにデンマークは国連が発表している「世界幸福度ランキング」で上位常連国だし(2019年はフィンランド1位、デンマーク2位)、国民が払っ…