利益優先ではなく

コラム4 「通所や訪問リハビリ、その回数必要ですか?セラピストから働きかけることが必要です」

出来ることならこのコラムは下記のコラムと合わせてお読みいただけると幸いです。

これまで繰り返し書いている、リハビリテーションというサービスの適正利用について改めて、セラピストももっと働きかける必要があるということを書いています。

ケアマネさんや利用者さん、家族さんからのご希望があれば介護保険の限度額いっぱいまで希望する回数の訪問や通所のケアプランを組むことがある。

それって本当に適切なサービスであるかどうかをし怒り吟味する必要がある。

私が考える適正サービスとは

必要な期間

必要な量を

必要な人に

必要なサービスを提供することだ

なかなか難しいことだけど、これからの地域医療構想などから考えると、サービスの適正利用は不可欠だ。

地域医療構想(以下のリンクは厚労省のサイトです)

→ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html

=======お知らせ=======

注:無料で読めるのはここまで。300円のお支払いで続きを読むことができます。

ただし、このコラムはマガジン「2019年版 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える(やまだstyle vol.11)」に含まれています。

マガジンは5000円で販売しています。このマガジンは2019年12月まで継続してコラムを掲載します。マガジンを購入いただくことで、2019年末までにここに掲載する

コラムを読んだり、研修会の資料のダウンロード
定期的に開催するオンライン講義への参加が可能となります。
オンライン講義の録画動画も掲載します。

単品購入よりもマガジンを購入される方がお得です。
マガジンに掲載しているすべての一覧こちらで確認していただけます。

現在掲載しているものすべてと、2019年末までに追加掲載するものすべて利用できて5000円です。

https://note.mu/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

今回のコラムにはこんな事を書いています

・サービス適正利用についての私の経験

・現状の一般的な提供体制

・サービスの適正利用とリハからの卒業

・セラピストからも働きかけることが必要だ

・訪問リハ3回の依頼に対して

・リハビリテーション業界は過渡期


=====ここから続き========

サービス適正利用についての私の経験

この続きをみるには

この続き: 3,940文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
コラム単品でも購入可能ですが、このマガジンは2019年に書いたコラム・動画・リアル研修会の資料などが掲載されています。 コラム33本、動画18本、研修会資料5本を利用することができます。 コラム、講義動画、資料のダウンロードすべてコミコミ5000円です。

2019年版 「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」 診療所・通所リハ・通所介護・訪問看護ステーションで非常勤掛け持ち…

または、記事単体で購入する

コラム4 「通所や訪問リハビリ、その回数必要ですか?セラピストから働きかけることが必要です」

やまだリハビリテーション研究所

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

フリー作業療法士として日々書いております。サポートは励みになっています。サポートなくてもお買い上げいただけますが、あると嬉しい。

ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4
やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

こちらでもピックアップされています

2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
  • 71本
  • ¥5,000

2019年版 「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」 診療所・通所リハ・通所介護・訪問看護ステーションで非常勤掛け持ちをしている作業療法士の立場から、2025年に向けて必要なリハビリテーションのあり方について書いているコラムです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。