霧の中のメモリーズ

ころころと  小石流るる  谷川の 水のきらめき  青空の滝

第4回「ゴー・ゴー・ナイアガラ」放送終了危機

大滝から「ゴー・ゴー・ナイアガラ」放送のスポンサーになって欲しいとの相談が寄せられた。谷川は日本コロムビア社内調整に奔走する。 波料大滝から谷川に「自分がディ…

<一言コラム>豊川稲荷 (第3回『ナイアガラ・トライアングル』レコーディング関連)

1970年代、日本コロムビアの本社は港区赤坂にありました。豊川稲荷は、本社前薬研坂の先、青山通り沿いにあります。 谷川氏によると、日本コロムビアでは、新年にバスを借…

「日本コロムビアの谷川恰と大滝詠一」 第3回 『ナイアガラ・トライアングル』レコーディング

コロムビア移籍の最初の仕事『ナイアガラ・トライアングル』のレコーディングは、1975年11月7日に開始された。大滝、伊藤銀次、山下達郎のレコーディングは分業で行われ…

「日本コロムビアの谷川恰と大滝詠一」 第2回 コロムビアレコード移籍

 1975年夏、谷川は東京の赤坂にある日本コロムビアの本社で大滝詠一の訪問を待った。初顔合わせである。11月、ナイアガラは日本コロムビアと契約を行う。 意気投合  …

「日本コロムビアの谷川恰と大滝詠一」第1回 プロローグ

舞台袖の谷ヤン 「アー・ユー・レディ?」  大滝詠一の声が増上寺山門近くのABC会館のホール全体に響き渡る。  冬に戻ったような冷たい小雨が降りしきる3月終わりの月曜…

日本コロムビアの谷川恰と大滝詠一

 谷ヤンの名前を聞いたことがありますか?  谷川恰(たにかわつとむ)。  1970年代、フォーク、ロックなど新たな音楽の潮流が生まれ、大手レコード会社も歌謡曲からロ…