山口歌糸

静岡県富士宮市在住/フリーライター/オフィスウタイト代表/著書『小説咲夜姫』静岡新聞社/カクヨム/pixiv/「みんなのフォトギャラリー」使わせていただきます。記事の引用はご自由に。ダイアンのラジオリスナーです。
    • 雑記

      • 73本

      文学や音楽、日常のことなど。

    • 小説咲夜姫

      • 20本

      自著「小説咲夜姫」にまつわる出来事や解説など。

    • 作品

      • 10本

      ネット上や文芸誌などで発表済みの作品をまとめています。

    • まっすぐ素直なJerryを忘れない

      • 8本

      「まっすぐ素直なJerry」https://note.com/jerry1991

    • Songs of Innocence

      • 11本

      敬愛するロックバンド U2 が2014年に無料配布したアルバム「Songs of Innocence」に関する個人的ライナーノーツ。全11曲分。

  • 小説 咲夜姫

    山口歌糸
固定された記事

小説が読まれなくなった理由

ここでいう小説とは、無地の表紙に中身は文章だけで作られた物語のことです。 視覚効果の妙人には五つの器官による感覚があって、何事においてもその感覚で処理を繰り返す…

1か月前

美意識の昇華

歳を取ると「本当に美しいものは何か」とよく考えるようになります。 若い人にとっては「見た目の綺麗さこそが内面の綺麗さとなるはずだ」と思えるのでしょうが、そう思っ…

20時間前

邇邇芸の手紙について

小説咲夜姫では、咲代さんが化身となる前(木花咲耶姫だった頃)の結婚相手である邇邇芸命(ニニギノミコト)も化身となって現世に下りています。彼は仁木と名乗り、京都に…

1日前

流行る横文字の見分け方

以前に「カタカナはもはや英語みたいだ」といった内容の記事を書いたことがあったのですが。今度も似たような内容を思いついたので書き残します。結構役に立つと思うのでぜ…

2日前

凌辱の場面について

咲夜姫の出版前、静岡新聞社の編集者の方お二人と会って打ち合わせをしたのですが、その時に編集者の方が「この小説は最後の登山が山場のはずですが、途中にある凌辱の場面…

2日前

剃髪について

仏教の偉い経典には「どこぞの僧が髪を剃っていてさぞ珍しかった」という一節があり、古い時代の修行僧に剃髪の習慣はなかったと解釈されています。 理由は「旅をするから…

3日前