見出し画像

ふたば一坪空間プロジェクト


展示会のお知らせ


7/2〜16日まで大垣情報工房にて、
子供の居場所ふたば一坪空間を発表いたします。

入場無料

展示を見終わりましたら
アンケートのご協力をよろしくお願いいたします。

会場にあるアンケートにお答えをいただけましたら
それが子供たちの居場所として社会の中で
創られるかもしれません

体験ワークショップのお知らせ


7/13.14.15にふたばアートプロジェクトを
展示会場にて開催いたします
自由に画材を使ってオリジナルの
ふたばを創り壁に貼っていただきます。

7/13
双葉アートプロジェクトの様子
7/13
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/14
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子
7/15
双葉アートプロジェクトの様子

参加費無料です。
時間13:00 〜 15 : 00を予定しています。

無料でクオリティーが高い画材を使って
自由にふたばを描くことができます。

これは日頃見落としやすい意識の循環を
皆んなで創り出すアートです。

プロジェクトの趣旨
ワークショップイメージ
作品完成イメージ

展示場所


今までの歩み(活動履歴)



以下展示会詳細になります。

プロジェクト名


ふたば一坪空間プロジェクト

コンセプト


私たちのコンセプトは、
創造性を高める子供の居場所づくりです。
それは、自由なひらめきが大切にされる「場」ともいえます。

創造性が育まれることで、子供たちは、自分のやりたいことを形にする、新しい挑戦やアイデアを生み出し、未来を実現するチャンスの出会があります。

その出会いは夢や希望を創り出してくれます。このような体験が子どもの頃に沢山できるとよりクリエイティブな人間になることができます。私たちは子供たちのクリエイティビティを育むための空間をデザインするアートチームです。

サービス内容


1歳〜5歳までの子供の居場所づくりの
お手伝いをいたします。
(企画設計施工)

用途


家庭/企業/施設の子供(1歳〜5歳)スペース、など

背景


現代社会では夢や希望は「綺麗事」として片付けられがちです。これは、現実の厳しさや困難に直面する中で、夢や希望が非現実的(できない、無理)だと見なされることが多いためです。しかし、実際には創造性は、夢や希望の源泉であり、その逆もしかりです。私たちが暮らす日本は多くの人々の夢や希望によって支えられ発展してきた背景があります。

同様に世界もまた、様々な人の夢や希望によって進化し発展し続けてきました。今も誰かの夢や希望によって私たちは進化しています。そう考えた時、私たちは、もう一度夢や希望の大切さに気づく必要があるのではないでしょうか。なぜなら、子供たちのこれからの夢や希望のありようが日本の発展、ひいては世界全体の発展にも繋がるからです。

私たちが思う創造性が高い社会とは


創造性が高い社会は、競争と共創の両者のバランスが調和した世界です。
そのような世界では、個々の利益だけでなく、全体の幸福を追求する姿勢が育まれこれ、個々の成長と社会全体の成長が同時に実現されます。

メッセージ


全ての人に才能があります。
それを見出し、伸ばす環境をととのえることが私たち大人の役割なのではないでしょうか。今、現在多くの子供たちの可能性が潰れやすくなっている現状があります。それは子供たちが枠から外れた行動することが、社会の中では失敗と認識されやすいです。しかし、その体験を子供たちがこれからどう生かすのかは私たちには想像ができません。

果たして子供たちがやったことが本当に失敗なのでしょうか。しかし私たちの成功体験の元をたどると、それは失敗からできるように思います。より良い失敗の創造が実はとても大切なのではないでしょうか。一つの判断基準としては、子供たちがもし失敗をした出来事を生かせなければ、その環境はあまり子供たちには良い影響を与えていないと言う事でもあります。

子どもたちは多くの夢や目標を持っていますが、固定観念にとらわれやすいピュアな存在です。そのため、環境や方法の問題で実行をためらうことが少なくありません。やり方やアプローチは沢山あるのに、いつの間にかこうではないといけないとなってしまい、苦しんでいる子どもたちを見てきました。そこからやりたいことを自由に試せる環境が今の社会に少なすぎる現状が見えてきました。

そこで私たちは、自由な学びを促進する「ふたば一坪空」を創りました。やりたいと思ったらやってみて自分なりに思いやイメージを気軽に形にできる居場所を1人1人が持てたらどんな未来が生まれるでしょうか。

私たちが創造する未来は、子どもたちの「できない」がなくなり、全ての子供たちが、思考の幅を広げたり、工夫すればなんでもできるのではないかという可能性を身近に持っている世界です。その可能性を高めることは、成功だけにとらわれずに、なんでも自分なりに試すことで自分なりの学びを創造することが可能となっていて、その行き着く先は、失敗を恐れずに挑戦することで自分の可能性を広げることができるという気づきだと思っています。ふたば一坪空間は、自由な学びを促進する子どもたちの居場所です。

プロジェクトメンバー


        ソーシャルアート作家
          土井田一将
      https://toidakazumasa.com

         
         木装空間アート作家
           河瀬将司
      https://mokusou.jimdosite.com

お問い合わせ方法


➀nstagramからDM
https://www.instagram.com/toidakazumasa/

➁Gmailからmail
socialartoida@gmail.com



以下はデザインサンプルになります。

茶空間[和]
茶空間[洋]

ふたばガング


ふたばパズル

ふたばの積み木

#アート
#現代アート
#現代美術
#アート作品
#展示会
#芸術
#美術
#双葉
#空間
#一坪
#建築
#内装
#子供スペース
#創造性
#教育

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?