見出し画像

creative seed

下手だからって落ち込む社会を変化させていきたい。

下手=オリジナリティー
自分にしか書けない能力(特別な力)

上手いってなんだろう?
見たままが描けたらそれだけが最高なのだろうか?

例えば、子供が不意に描いた絵や、何かが溢れた跡などに惹かれたことはないだろうか?

私はそこを伝えていきたいと思っています。

全ての人に与えられた個性の種がすくすくと育ちますように

名前の由来


「クリエイティブシード」の名前は、創造力を表す「クリエイティブ」と、可能性の象徴である「シード」(種)から来ています。ここでの「シード」は、創造性やアイデアの種を植え、それが成長することを期待しています。個々の創造性や芸術的な感覚を育むための「種」を植え、それが成長して芸術的な表現となり、さらにその表現が社会や個人により良い影響を与える力として育つことを願ってつけた名前になります。

creative seedは、「上手い」「下手」といった評価の軸に囚われずに、自分自身の感情やアイディアを自由に表現する楽しみを学び、創造性を豊かにする時間です。

背景


私たちは子供の頃、誰もが自分の心に浮かんだ色や形、イメージを自由自在に表現できていました。

でもいつの間か社会や周囲から「上手い」「下手」という意識を無意識のうちに受け取り、それが自然に湧き出ていた創造的な表現を阻害してしまう、世代を超えた普遍的な問題としてこの現象が生まれやすい背景があります。

素敵な芽を潰さないようにする


例えば、ある子供が自由に絵を描いているところに、大人が「もっときれいに上手く描きなさい」とアドバイスをする場面を想像してみてください。

これは、実際の生活でよく見られる典型的な状況でもあります。

しかし、その一言が純粋な子供の心には、自分の描いた絵は「だめなのかな?」「よくないのかな?」という疑問を植え付けてしまい、この比較社会では、その種が育ちやすく、次第に自分自身で色や形を自由に選ぶことへの不安感を生じさせてしまうことに繋がります。

私たち大人は何気なくしてしまう否定的な反応の影響の深刻さを理解し、子供たちの素敵な創造性の芽を、表面的に見て潰してしまいやすい関係値を変えていく必要があるのではないでしょうか。

子供たちがアートを通じて自己表現をする場面では、表面的な評価よりも、内面性(彼らがどのように感じ、どのように表現するか)を重視し、思考の柔軟性を将来にわたってそれを維持する力を身につけることがとても大切なことだと思っています。

コンセプト


自分だけの感性と直感に従って表現する時間。

全ては過程だとした時、その過程を否定してしまうと、本来ある進化は生まれません。
より良い過程の創造となるように勤めます。

活動報告


にこにこ塾さんにて5/19に、5歳〜11歳室内で10人くらいに室内でアート体験をしてきました。

にこにこ塾さんのホームページ

これからの予定


サンプル
海の種
サンプル
虹の種

お問い合わせ


アート体験をお求めの方がいましたらお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

土井田一将
socialartoida@gmail.com










#絵画
#絵画教室
#アート
#アート体験
#美術
#教育
#現代アート
#現代美術
#芸術




この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?