【オンライン販売】通販を初心者でもわかりやすく解説 #CPA

【オンライン販売】通販を初心者でもわかりやすく解説 #CPA

tenet

#通販 #D2C #単品リピート通販 #サブスクリプション #ビジネスモデル #LTV #再販率 #維持率 #広告 #マーケティング #CPA #シュミレーション #CPM #CPC #IMP #Click #MCV #MCVR #CV #タグ #GTM #GA #ITP #リスティング #ディスプレイ広告 #アフィリエイト広告 #アドネットワーク #DSP #動画広告 #Google広告 #Yahoo広告 #Youtube広告 #Facebook広告 #Smartnews # Gunosy広告 #LAP広告 #MSN #Ameba #Bytedance #au #Docomoad #Popin #Logly #ヒートマップツール #LTVUP #薬事法 #景表法

上記のタグに関わることを解説していきます。
*不定期にゆっくり更新します。
*今後通販考えてる方。
*通販を社内のメンバーに教えている方向けて書いていきます。

CPAを具体的に解説します。

CPAとは、Cost per actionの略で
アクションあたりの費用を表します。

単品リピ―ト通販では、CPOと言ったりもします。
CPOは、Cost per orderd
注文あたりの費用を表します。

actionとは、何なのか?
通販上では、商品を買ってくれる行為行ったことを
actionと定義し、よくCV(コンバージョン)と言われます。
*具体的webの導線だと購入完了しましたのページにいった行為をCV

CPAの計算は、
100万円の広告費を使い、100人購入(100CV)の場合のCPAは?

100万円÷100人=1万円/人
1人あたり1万円の広告費で購入した

利益の考え方でいうと
初回単価1000円
2回目単価3000円
回転数4回転(1年間)

LTV=1000円×1回転+3000円×3回転=10000円
CPA=10000円

10000円(1人あたり1年間の売上)
300円×4回転=1200円(1人あたり1年間の売上原価)
10000-1200=8800円(1人あたり1年間の売上総利益)
400円×4回転=1600円(1人あたり1年間の送料系)
8800円-1600円=7200円
その他手数料を売上の5%とした場合
7200-(10000円×5%)=6700円

購入してもらった方への送って入金される費用まで見越した場合
CPA10000円では利益がマイナスになる(6700円-10000円)
なので、CPAを6700円以内にCVとるか、回転数をあげるのか
他の商品も作り、単価をあげるのかの意思決定になってくる!

今回は、CPAをテーマに書きました。
次回は、web広告に特化した内容を解説していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tenet