【オンライン販売】通販を初心者でもわかりやすく解説 #CPA#web広告

【オンライン販売】通販を初心者でもわかりやすく解説 #CPA#web広告

tenet

#通販 #D2C #単品リピート通販 #サブスクリプション #ビジネスモデル #LTV #再販率 #維持率 #広告 #マーケティング #CPA #シュミレーション #CPM #CPC #IMP #Click #MCV #MCVR #CV #タグ #GTM #GA #ITP #リスティング #ディスプレイ広告 #アフィリエイト広告 #アドネットワーク #DSP #動画広告 #Google広告 #Yahoo広告 #Youtube広告 #Facebook広告 #Smartnews # Gunosy広告 #LAP広告 #MSN #Ameba #Bytedance #au #Docomoad #Popin #Logly #ヒートマップツール #LTVUP #薬事法 #景表法

上記のタグに関わることを解説していきます。
*不定期にゆっくり更新します。
*今後通販考えてる方。
*通販を社内のメンバーに教えている方向けて書いていきます。

今回は、WEB広告の細かい指標について解説していきます。

IMP、CLICK、CTR、CPM、CPC、MCV、MCVR、CV、CVR
このあたりを解説します。

IMPとは、impressionの略語です。
広告が表示されたときにimpが1という定義です。
impの回数とは、広告の表示回数の意味になります。
*広告の媒体によって広告が表示されたという定義が違うので注意です

Clickとは、Impされた後に、広告が押された回数を示します。
CTR(Click Through Rate)は、Click/Imp×100になります。
    (100/100000)×100=CTR0.1%(クリック率)
CTRは、費用対効果にかかわる、CPC、CPMに関わる重要な指標になります

CPMとは、Cost Per Mille
1000回広告が表示されるごとに発生する広告費になります。
安いと費用対効果がよくなります

CPCとは、Cost Per Click
広告を1クリックあたり発生する広告費になります

CPMとCPCは、媒体によって、課金方法が変わるので、要注意になります
CPM=1000円,CTR=1%,IMP100000
IMP100000
CTR1%
Click1000
広告費100000imp/1000imp=100×CPM1000円=100000円
CPC=100円

MCVとは、マイクロコンバージョンで、中間CVみたいなものです。
直近の広告では、記事広告が増え指標が増えました。

過去
バナー広告(Click)→LP(商品ページ)→入力ページ→サンクスページ(CV)

現在
バナー広告(Click)→記事ページ→LP(MCV)→入力ページ→サンクスページ(CV)

MCVRとは、MCV/Click=マイクロコンバージョンレートになります
記事ページから何パーセントLPページにいったかになります

CVとは、コンバージョン。結果になります。結果を何にするかは、業態によって変わります

CVRとは、コンバージョンレートになります。
記事ページの場合CV/MCVになり、商品ページにきた人数のうち何%購入したかになります。

今回は、WEB広告の細かい指標をテーマに書きました。
次回は、購入までの細かい同線を解説していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tenet