SOCIAL WORKERS LAB

ソーシャルワーカーズラボは、これからの社会をつくろうとするソーシャルワーカーどうしが出会い、関わり合い、問い、学び合う社会実験プロジェクトです。noteでは、人口減少社会を生きるわたしたちに必要な社会観や働き方の先駆的な探求と実践についての記事を掲載しています。

「やさしいふつう」をつくる、これからの働き方 村木厚子さん・櫻本真理さん・安斎勇樹さん・大原裕介さん

目に見えないウィルスが、世界中の社会や経済、ひとびとの心の風景を様変わりさせている今。SOCIAL WORKERS LABは、改めて"ソーシャルワーク"の意味や役割を見つめています…

目の前にある問題や混沌から始まる、これからのソーシャルワーク

2020年2月15日(土)、京都GROVING BASEに集ったのは、「やさしいふつうとこれからの働き方」というテーマに興味を持ち、スピーカー役を引き受けてくださった3人のソーシャ…

ソーシャルワークとは、お金と交換できない価値を生み、社会に循環させる仕事

2020年2月15日(土)、京都GROVING BASEに集ったのは、「やさしいふつうとこれからの働き方」というテーマに興味を持ち、スピーカー役を引き受けてくださった3人のソーシャ…

人口減少時代を、どう生きる? - 精神科医 高木俊介さんがビールを醸造する理由

2020年2月15日(土)、京都GROVING BASEに集ったのは、「やさしいふつうとこれからの働き方」というテーマに興味を持ち、スピーカー役を引き受けてくださった3人のソーシャ…

|1/100| 社会福祉家 大原裕介 越境の物語

「社会をよくすることをしたいなら、株式会社より社会福祉法人を経営するほうがおもしろい。僕は、そういう時代がすぐそばにきていると思っています。」 この記事は、SOCI…

| Prologue | 100 stories of 100 SOCIAL WORKERS、始動。

ソーシャルワーカーという言葉を、広く開いていく運動を始める。 それがソーシャルワーカーズ・ラボだ。 ソーシャルワーカーは、分断を和らげる"Being"の肩書き ソーシ…