翔優

小説を執筆し、細々と新人賞に応募している社会人歴10年以上の者です。不定期に小説やエッセイを公開しています。読書、映画、スポーツを観るのが好きです。twitterもやってます。ラジオ愛好歴30年以上。

翔優

小説を執筆し、細々と新人賞に応募している社会人歴10年以上の者です。不定期に小説やエッセイを公開しています。読書、映画、スポーツを観るのが好きです。twitterもやってます。ラジオ愛好歴30年以上。

    マガジン

    • ココロノコエ

      ちょっとした独り言です。

    • 小説集

    • ラジオ生活ノススメ

      ネットに押されて、斜陽メディアとも言われているラジオ。最近は新型コロナウイルスの影響でラジオリスナーが増えているという噂はあるものの、ジリ貧であることに変わりはありません。そんなラジオが好きになってしまった私が独断と偏見で、ラジオを語ります。Let`s listen to the radio!

    • 書評?読書感想文!

    • メンタル

      • ココロノコエ

      • 小説集

      • ラジオ生活ノススメ

      • 書評?読書感想文!

      • メンタル

    最近の記事

    固定された記事

    ごあいさつ

    はじめまして、日中は公務員、夜は小説を書いています翔優と申します。 もともと読書が好きでいろいろ読んでいたのですが、自分でも書いてみたいと思うようになり、小説を書いては新人賞に送るということをしてきました。 戦績は振るわず、すべて一次審査で落ちています。 ここを修行の場にできればと思っています。 趣味は読書、映画鑑賞。特技は車のタイヤ交換です。 よろしくお願いします。

    スキ
    45
      • しばらく充電します。

        みなさん、お久しぶりです。 いきなりですが、私、しばらく充電します。 Twitterの方では報告をしていたのですが、字数に限りがあるのとnoteでは報告していないことが気がかりになって、こちらの方でも報告しようと思った次第です。 このところ体調不良と精神面の不安定さに悩まされていまして、しばらくいろんなことから離れてみようと思ったわけなのです。 仕事も休職中ですし、小説を書くことからも離れているので、悠々自適に過ごしています。こう書くと何だかすっかり老け込んでしまったみ

        スキ
        5
        • 雨宿り(ちくま800字文学賞応募作品)

          「また雨が降ってきたなぁ」  僕は、朝に雨が降っていないからと小学校に傘を持って行かなかった自分を恨んだ。慌てて学校近くのタバコ屋の軒先に飛び込んだ。雨は凌げたが、雨脚は強くなる一方で、どうして帰ろうか思案していた。  そこに、スーツを着た男が鞄を傘代わりにしながら、軒先にやってきた。男も朝の天気に騙されたのだろうか? そう思うと僕は勝手にシンパシーを感じずにはいられなかった。 「どけよ、タバコ買うから」  苛立った口調で男に呟かれ、タバコ屋のカウンターの前に立ってい

          スキ
          7
          • 成人の日

            成人の日、今年は体調が悪くて、三連休の間ずっとこたつに丸まって寝ていた。 ふと、自分が成人式を迎えたときのことを思い出してみた。 何十年も前のことだ。断片的にしか思い出せない。 覚えているのは、スーツを着て会場の体育館へ向かったこと、獅子舞が披露されたこと、市長の話を聞いたこと、プレゼントをもらったことだけだった。 その後、飲みに繰り出すことも、同窓会になることもなく、家へ帰ってきた。 よく考えたら、侘しい成人の日だったと今にして思う。 要は成人式なんて通過点に過

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ココロノコエ

            • 8本

            ちょっとした独り言です。

          • 小説集

            • 33本
          • ラジオ生活ノススメ

            • 20本

            ネットに押されて、斜陽メディアとも言われているラジオ。最近は新型コロナウイルスの影響でラジオリスナーが増えているという噂はあるものの、ジリ貧であることに変わりはありません。そんなラジオが好きになってしまった私が独断と偏見で、ラジオを語ります。Let`s listen to the radio!

          • 書評?読書感想文!

            • 4本
          • メンタル

            • 1本
          • ココロノコエ

            • 8本

            ちょっとした独り言です。

          • 小説集

            • 33本
          • ラジオ生活ノススメ

            • 20本

            ネットに押されて、斜陽メディアとも言われているラジオ。最近は新型コロナウイルスの影響でラジオリスナーが増えているという噂はあるものの、ジリ貧であることに変わりはありません。そんなラジオが好きになってしまった私が独断と偏見で、ラジオを語ります。Let`s listen to the radio!

          • 書評?読書感想文!

            • 4本
          • メンタル

            • 1本

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • #アドベントカレンダー2021 Birthday before Xmas

               僕が小学5年生になる娘の陽菜と母とを連れて、父を見舞いに行ったのはクリスマスが迫った12月19日のことだった。父が入院している病院は、地域の中でも一番の大きな病院だ。とはいえ、周りを山に囲まれた田舎だからこそ威厳が保たれているようなもので、都会の大病院からしたら、一地方の病院に過ぎないのだろう。  父は口も利けない状態で、ただベッドの上に横たわっているだけに見えた。 「おじいちゃん、陽菜だよ」  孫の呼びかけにも、父の反応は薄い。顔を少し動かすのが精いっぱいだった。母は堪

              スキ
              13
              • Nothing

                「悪いな、創志。今晩の宿まで世話になって。今度、金が入ったら、奢らせてくれよ」 「分かった。いつになるか分からないけど、それまで首長くして待ってるわ。それよりも、うちで飲み直さねえ? つまみ適当に作るからさあ」 「いいな、俺も飲みたいと思ってたから、『家だったら』って思ってたんだよな」  こうして、冴えない中華料理屋を出た俺は相川創志の家に上がり込んだ。 「こんばんはー、エスエーでーす。みなさん、今日は酒のアテを作るところを実況しまーす」  台所にいる創志がスマホを相手に独

                スキ
                8
                • 武田砂鉄「マチズモを削り取れ」

                  世の中を見回してみると、女性に比べて男性が優位に立っていることが多いと感じる。 それは男女雇用機会均等法が制定されて30年以上経った今でも変わらない、あるいはひどくなっていることもある。 働く既婚女性は家事育児に追われ、男性も参加しているものの、主体は女性に置かれているようである。 男性である私としては、大変に肩身の狭い思いをしているのが正直なところである。私のような能力の低い者が男というだけで、優遇されているというのがどうもむず痒いのだ。しかもそれは元から備わったいわ

                  スキ
                  3
                  • アートに寄り添う人たち

                     目が見えない人の生活はどのようなものなのだろうか。私は得意の(?)妄想力を生かして、イメージを浮かべてみる。  きっと、白杖を持ったり、盲導犬を連れたりして、街中を歩くことになるのだろう。そういった知識から得られることは何となくイメージが湧くのだが、実際のところ、それ以上の想像は膨らまなかった。  ましてやアートなんて本当に楽しめるのだろうか。初めてこの著書の存在を知った時に思ったことだ。  きっかけは某ラジオ番組における作家の高橋源一郎さんの紹介だった。ながら作業で

                    スキ
                    6
                    • 選曲基準を考える

                       みなさん、いかがお過ごしでしょうか。  10月も半分が過ぎ、改編で誕生した番組がそろそろ耳なじみになってくる頃ではないでしょうか。AM局は月をまたぐ週の月曜日から、FM局は週の途中でも月替わりから新編成に移行するところが多いようです。ただし、野球中継を行うAM局では、今年は野球のペナントレースが11月まであるということなので、ナイターオフ、つまり野球の試合がない時の番組のスタートがずれ込むという現象も起こっているようです。  さて、今回はラジオ局に存在するとされている選

                      スキ
                      2
                      • スペシャルウィークの謎を解く

                        みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 今回はラジオで恒例行事として行われているスペシャルウィークについて、解説していきます。  スペシャルウィーク、パワーウィーク、サンクスウィーク等各局によって呼び方は異なりますが、関東圏は基本的に偶数月に、北海道、中京圏、関西圏、福岡県は6月と12月に開催されています。内容としては、番組プレゼントの増量、普段は出演しないような著名人の出演などがあり、最近では普段の番組編成を止めてまで、特番を組むラジオ局もあります。  では、なぜここま

                        スキ
                        6
                        • ラジオと下ネタについて真面目に考える

                          みなさん、ご機嫌いかがでしょうか。  今日はラジオにおける「下ネタ」について、大真面目に語っていきたいと思います。不快に思われる方は途中で降りてもらっても構いません(でも、できれば最後までよろしくお願いします)  ラジオはテレビやネットと違って、視覚的情報がないメディアです。したがって、直接的な発言以外のいわゆる下ネタは聴く側の想像力に任される訳です。  例えば、「オールナイトニッポン」で一世を風靡した笑福亭鶴光さんはリスナーの想像力に訴えかけるようなネタを多く提供して

                          スキ
                          6
                          • 玉音放送

                            みなさん、いかがお過ごしでしょうか。  さて、今回のラジオ生活ノススメはラジオ番組ではなく、1945年に起こったラジオ放送にまつわる出来事をご紹介します。それは玉音放送です。  玉音放送は正式には天皇の肉声(玉音)を放送することを指していますが、多くの場合、1945年8月15日の正午から放送された、昭和天皇による終戦の詔書(しょうしょ)、大東亜戦争終結ノ詔書の音読ラジオ放送のことをそう呼ぶことが多いです。前日の8月14日に当時の鈴木貫太郎内閣がポツダム宣言の受諾を決め、前

                            スキ
                            5
                            • エロティックなあの方の番組

                              みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 今回はエロティックでダンディな福山雅治さんの番組を紹介します。  福山さんと言えば、かつては「オールナイトニッポン」や「魂のラジオ」などAM・FMの垣根を超えて活躍してきた印象があります。AMでの生放送番組は2015年をもって終了となりましたが、FMの番組は現在も継続しています。それが今回取り上げる「福山雅治 福のラジオ」です。  この番組には前身の番組があり、「福山雅治のSUZUKI Taiking F.M.」と言いました。放送時

                              スキ
                              4
                              • 在日米軍のためのラジオ

                                 みなさん、いかがお過ごしでしょうか。  今回は米軍基地のあるところに存在するラジオ局AFNを取り上げます。  Wikipediaによると、 ”AFN(エイエフエヌ、英: American Forces Network、米軍放送網)は、世界各地の米軍が駐留する地に設けられた基地関係者とその家族向けのラテ兼営放送局(ラジオ部門、テレビ部門、ニュース制作部門の3つから成る)” とされています。  さらに、こう続きます。 ”AFNの任務は海外基地在住の軍人軍属とその家族向へテ

                                スキ
                                14
                                • ラジオ定点観測

                                  結論から申し上げますと、安住紳一郎は3人いる。あるいは、不死身。 乱暴な結論から始まりましたが、ラジオ番組の内容から秀逸なものを「定点観測」として掲載していきたいと思っています。 今回は2021年8月1日(日)朝10時からTBSラジオにて放送の「安住紳一郎の日曜天国」オープニングトークです。 この日の安住アナは、前日(正確に言うと、当日の深夜2時)までオリンピック関係の生放送を終えてのラジオ生放送に挑んでいました。体調が心配されましたが、多少噛んでいるのが目立つ程度で、

                                  スキ
                                  4
                                  • 金曜はこれがいいんじゃない?

                                    今回は週末の入り口となる金曜日に放送されている大阪・MBSラジオ「福島のぶひろの、金曜でいいんじゃない!?」を取り上げます。 パーソナリティを務めるのは、MBS毎日放送の福島暢啓アナウンサー。福島アナは宮崎県出身、学生時代からNHKラジオの「ラジオ深夜便」を聴くなどラジオに親しんでおり、また昭和歌謡に精通していることでも知られています。また、アナウンス技術の高さは折り紙付きで、TBSの安住紳一郎アナウンサーに見出されて、以前noteでも取り上げたTBSラジオ「安住紳一郎の日

                                    スキ
                                    11