とまり木

174
ノート

プロボノ活動最終報告を受ける

プロボノ(Pro bono)とは、各分野の専門家が、専門的なスキル・経験等をボランティアとして提供し、社会課題の解決に成果をもらたすこと

今回、認定NPO法人へのアイデア出し行っていただいた。
受ける側はどのように向き合えばよいのかよく理解していないのだが、まずは三か月、真剣に検討していただいたことに感謝である。

本業を行いながらの取り組み。
手を抜かずまとめられた提案書は視点を変えた具体

もっとみる

環境のバトン

かわさき環境フォーラムにスタッフ参加する
楽しい中に学びと交流が詰め込まれている
しかし、どこか危機感が溢れるイベント 

マドリードでは約190の国・地域が地球温暖化対策を議論する国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)が開催されている

18世紀の産業革命前からの世界の気温上昇を2度未満に抑え、できれば1.5度未満にとどめることへの、実施の具体策がまとめられている

しかし、日本

もっとみる

環境教育出前授業

小中学生の対応が続く
大学生、一般者とは、どうも勝手が違う
もちろん内容は違うのだか。。。

いつもは表情や雰囲気を見ながら進めるが、いろいろな受け方の生徒がいて、つかみ方がわからない
試合勘の調整というのか、
イメージした進め方が、マネージできていない
おそらく勉強不足からきているのだろう

子供のほうがよく知っていると考えすぎてしま

教室、廊下に掲示してある研究は、プレッシャーを増

もっとみる

13年目のグクル

(グクルブログ転載)
干支がひと回り、グクルは13年目に入りました。一重に皆さまのお陰です。ありがとうございます♪

近年、健康な暮らしに寄り添う機会、パーソナルケアのご縁が多くなってきました。
また、ヘルスコミュニティ、場の育成支援についてもお声をかけていただいております。

寄り添い、コンテンツづくり、場の育成、もっともっと喜んでいただけるように頑張らねばと思う毎日です。

さて、グクル

もっとみる

大嘗宮参観

大嘗宮参観をする

大嘗祭は新天皇が新穀を神々に供え五穀豊穣を祈る儀式

大嘗宮は皇居・東御苑に建てられ、儀式後に解体・撤去される

その前に一般参観

二度とお目にかかれないであろう大嘗宮

じっくり、とはいかなかったが、神事の古式豊かな建造物を観ることができた

優れた様式美

竣工した新国立競技場にも通じているように感じた

設計:宮内庁 施工:清水建設

設営費:19億7

もっとみる

SDGsラッピング車両

10月から山手線に走っているSDGsラッピング車両に乗り合わせた。

環境省はじめ各省庁が社会に仕掛けているムーブメントの一つ。実にカラフルである。

先頭車両の行き先表示には、SDGsの文字がLED照明で示されている。外装だけでなく、内装シート、吊り広告も全てSDGsで統一されている。

国のプレゼンテーション、普及啓蒙策にしては大胆である。それくらい、肝いりの事業であるが。
SDGsが提言され

もっとみる

旧公衆衛生院 週末研究27 用途変更

週末研究27回目
旧公衆衛生院施設は保健衛生の研究、教育を目的として開設された。
現在は港区の複合施設として運営されている。旧講堂、旧院長室、旧次長室は、開設当時の空間が保存公開されているが、他の部屋は用途変更され使用されている。

復原の考え方を全ての空間に用いることが、文化財の観点からすると重要となるが、多目的に利用できる公共施設として捉えると、利用対象は限定される。そのために、開設当時の設を

もっとみる

旧公衆衛生院の週末研究は続く

春から始めた旧公衆衛生院の週末研究も、半年が経過し、秋から冬へ。建物内もひんやりしてきた。

復原利用にあたっては、居室部分は空調設備の設置が施されたが、ホール、廊下、階段等の共用部分は設備はない。

建設当時は開閉できる窓であったが、現在は、はめ殺しのペアガラス窓になっている。よって夏は通気が出来ず、高温多湿な状態になることもある。

では冬はどうであろか。鉄筋コンクリート造、床は大理石、或いは

もっとみる

地域環境活動〜かわさき市民祭りへのブース出展

連日の地域環境活動
川崎市内富士見公園一帯で行われた「かわさき市民祭り」のブース出展に参加する。 

今年で42回目となる地域に定着した祭り、例年3日間で50万人を超える来場者があるという。  

対応すべく、あれこれしていると、あっという間にお昼休憩。
座るところがないので、公園内の富士通スタジアム川崎のスタンドで休もうとしたが、立ち入り禁止。フィールドではイベントをやっていたので入ってみると

もっとみる

地域の環境活動への参加も半年が経過する。

地域の環境活動への参加も半年が経過する。

未だに専門的な言葉はよくわからないが、地域活動の仕組み、活動している方々、どんなことをされているのかはつかめてきた。

少しずつであるが、主体的な動きを始める。
まず、センターの掃除や展示の内容、あり方を基本とし、地域とパス交換をしていく。

そして、少しずつ健康、福祉、環境の調和につながる地域活動ができればとイメージしている。

しかし、環境活動の潮流

もっとみる