さつきアドバイザリー坂田康明

さつきアドバイザリー株式会社代表の坂田です。 弊社は、並走型CFO「Wiz CFO」を中心に スタートアップ企業の「数値力×組織力」をコアとした バックオフィス業務全般をサポートしております。

さつきアドバイザリー坂田康明

さつきアドバイザリー株式会社代表の坂田です。 弊社は、並走型CFO「Wiz CFO」を中心に スタートアップ企業の「数値力×組織力」をコアとした バックオフィス業務全般をサポートしております。

    最近の記事

    ヘルスケア業界特化 並走型CFOサービス『ヘルスケアCFO』

    Ⅰ.私たちがヘルスケア業界特化サービスを提供している理由 1.これまでのキャリアと業界の特性 私は監査法人、経営支援コンサルティング会社での 経験を経て、創薬ベンチャーでの上場準備体制の 立ち上げをきっかけとしてヘルスケア業界に 飛び込みました。 独立後は、当時の投資家の方々や交流の深かった 経営陣の方々との縁を活かして、 ヘルスケア業界での社外CFOサービスを 継続してきました。 現在では、私たちのクライアントの6割以上が ヘルスケア業界になります。

    スキ
    4
      • 会社の成長と組織化

        こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 スタートアップ経営者のみなさんが最初に仲間内で起業して、 だんだんと仲間が増えて行ったときに最初につまずくのが 「組織化」ではないかと思います。 組織化とは、「まとまりのない個々のものを一つの組織にまとめること」 と定義づけられています。 この組織化に関して、 最近の若い経営者の方々を見ていると、 「和」「調和」「チームワーク」を重んじて、 チームメンバーに差を付けずに、 組織体系をフラットにされる方が多い

        スキ
        2
        • 会計ソフトの選び方

          こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 みなさんの会社では、経理ソフト選びは どのようにされていますか? 操作しやすさ、機能の充実さ、価格、 レポーティングの多さ、・・・など 様々な検討軸があるかと思います。 まず、経理ソフトには大きく分けて 以下の3つがあります。 この中で、スタートアップ、ベンチャー企業の方には 以下の理由から 「2.クラウド型」をおすすめしています。 さて、クラウド型の経理ソフトといっても、 現在たくさんのソフトが存在し

          スキ
          2
          • 経営者が行うべき経営管理と任せるべき経営管理

            こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 今回は、継続的な成長を目指している(特に、IPOや M&AなどExitを目指している)スタートアップ において、経営者が行うべき経営管理と 任せるべき経営管理について書きたいと思います。 ステージごとの経営者の業務変化 まずは、会社が成長するについて経営者の業務が どのように変化していくか見ていきたいと思います。 創業間もない時は、人員もおらず、事業自体がまだ 大きくないことがほとんどで、 経営者自身の目も

            スキ
            1

            スタートアップで最低限必要な経営管理とは

            こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 今回は、スタートアップ(特にシード、アーリー期)で 最低限必要な経営管理について書きたいと思います。 シード期~アーリー期の会社は一般的に、 事業フェーズとして、 シード期:商品、サービスの形が出来つつある、      実証検証の最中 アーリー期:事業戦略の方針が少しずつ見え始めて       きている 会社になります。 このステージの会社は、 従業員数が数名~10名弱で、 資金調達規模としては、数千万円~

            スキ
            7

            スタートアップにおける経営管理とは

            こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 今回から数回に分けて、スタートアップにおける経営 管理について書きたいと思います。 一般的な企業の経営管理とはまずは、一般的な企業にとっての「経営管理」について です。 会社経営には様々なリスクが伴います。 マクロな視点では、法令を犯してしまうリスクや 災害・環境変化、ミクロな視点では、生産性低下や業務の 非効率、判断ミスなどがあります。 これら様々な経営リスクから会社を守るものが 経営管理です。 様々な

            スキ
            8

            経営管理はいつから意識すべき?

            こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 今回は、会社の”守り”のポジションである経営管理は、 いったいいつから意識して、体制を立上げるべきか について書こうと思います。 会社の機能としては、 の大きく2つがありますが、 経営戦略は”攻め” 経営管理は”守り” と言われています。 では、守りである経営管理は、いったいいつ頃から 意識して体制を作り上げていく必要があるので しょうか。 特に創業したばかりの経営者の方は、とにかく自社の 商品・サー

            スキ
            6

            CFO(最高財務責任者)とは

            こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 今回は、私たちのサービスの1つである外部CFOに 関連して、CFOについて深掘りしたいと思います。 まずCFOとは、Chief Financial Officerの略称で、 和約すると「最高財務責任者」です。 組織上は、 会社トップのCEOを支えるナンバー2 として、COOと並んで重要なポジション となっています。 その役割は主に、 ① 財務・管理会計に関する業務を遂行する ② 経営管理体制を構築する

            スキ
            7

            スタートアップ企業のExit戦略について

            こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 今回は、スタートアップ企業のEXIT戦略(出口戦略) についてです。 経営者個人のExit戦略については、次回以降の記事で 記載しようと思います。 1.スタートアップ企業のEIXT戦略とはスタートアップ企業の経営者や起業を志す人が、 創業段階、起業準備段階で練っておくべきなのが 「EXIT戦略」です。 EXIT戦略とは、 「イグジットストラテジー」「出口戦略」とも呼ばれる ビジネス用語であり、 「投資家が

            スキ
            7

            トライアスロンの魅力について

            こんにちは、さつきアドバイザリー代表の坂田です。 私は4年前からトライアスロンを趣味にしています。 今回は、意外に?ハードルが低いトライアスロンの魅力についてお話し します。 まず、私が出ているトライアスロンは、「オリンピックディスタンス」 というもので、 ① スイム1.5km ⇒ ②バイク40㎞ ⇒ ③ラン10㎞ 合計51.5km を制限時間4.5時間程度で走ります。 個人的な感覚的には、ハーフマラソンとフルマラソンの間くらいの 消耗度合いかなと思います。

            スキ
            10

            ②ミライ支援

            当社のメイン業務の1つである「ミライ支援」について ご説明します。 このサービスは、一般的な会計事務所が行っている ①記帳代行、決算書作成 ②税務申告書作成、税務相談 といったサービスが対象としている 「過去会計(実績値)」ではなく、 経営者のみなさまとミライの数値を一緒に作っていく 「未来会計(計画値、予算値)」 をベースにしています。 具体的には、一般的に行われている過去会計から 集計された実績値を基に、経営者視点で重要と考えられる 指標を設定して

            スキ
            6

            並走型CFOサービス『Wiz CFO』

            私たちのメインサービスの1つである 並走型CFOサービス『Wiz CFO』について ご説明します。 1.並走型CFOサービス『Wiz CFO』とは このサービスは、 ものになります。 このサービスのメインターゲットは、 経営者のみなさまが対象になります。 2.並走型CFOサービス『Wiz CFO』の特徴 このサービスは、一般的な顧問、アドバイザリー サービスと以下の4点が異なります。 ① クライアント視点で寄り添い 「クライアントに寄り添って~」は、

            スキ
            9