ショウ@海外放浪系不動産投資家さん

学生時代からフラフラと海外放浪を重ね、社会人になってからは不動産業者に就職。自身でも不動産投資を行いつつ、ダラダラサラリーマン継続中です。安定志向の冒険家。有資格(宅建士/FP2/行政書士/貸金取扱主任者/TOEIC795)。読書家。

ショウ@海外放浪系不動産投資家さん

学生時代からフラフラと海外放浪を重ね、社会人になってからは不動産業者に就職。自身でも不動産投資を行いつつ、ダラダラサラリーマン継続中です。安定志向の冒険家。有資格(宅建士/FP2/行政書士/貸金取扱主任者/TOEIC795)。読書家。

    最近の記事

    海外不動産の経費について調べてみた(その3)

    どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 しばらくnoteの更新が止まっていましたが、流行の病に関連して執筆できる状態ではありませんでした。ようやくひと段落したので引き続き書いていきたいと思います。 ・最終的に不動産投資した国に移住避難することもありかも 最後は、経費というよりもどちらかといえばリスクヘッジに近いです。 それは、「万が一日本がダメになってしまったら(国家破綻とかね)、不動産投資していた国であれば退避しやすいということ」です。 「日本がダメになるなん

    スキ
    3
      • 海外不動産の経費について調べてみた(その2)

        どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 海外不動産の経費について調べてみた(その2) ・海外に行くための費用は経費にできるか 利益について調べた後は、経費について記載していきます。 私は、不動産投資がうまくいくかどうかは経費についての知識がかかせないと思っています。なぜなら、収益はコントロールが難しいですが、経費はコントロールすることが可能だからです(大事なので2回書きました) 海外の不動産を購入しようということは、すなわち現地に行くまでの海外旅行の費用も、不動産

        スキ
        4
        • 「最新=便利」ではないというお話し

          どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 今日は、不動産業者として営業している中で、ふとしたアドバイスによって予想外に「お客様から信頼を得られたエピソード」についてご紹介したいと思います。 当初のご相談は、住み替えの案件でした。 お客様はご夫婦+中学生のお子様で、転勤をきっかけに転居し、ご主人のご両親を遠方から呼び寄せて同居の予定でご相談にいらっしゃいました。 結局、案件としては高齢の両親が消極的に反対して、頓挫し、息子一家だけの引越しになりました。 非常にご両親想

          スキ
          2
          • 海外不動産の経費について調べてみた(その1)

            どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 ・節税効果はあるのか 利益について調べた後は、経費について記載していきます。 私は、不動産投資がうまくいくかどうかは経費についての知識がかかせないと思っています。なぜなら、収益はコントロールが難しいですが、経費はコントロールすることが可能だからです。 まず海外不動産を持つにあたって、どの国の不動産を購入するかは非常に重要です。 地味な視点ではありますが、その国と日本とが租税条約を締結しているかについても考えないといけません。

            スキ
            2

            海外不動産の利益の源泉ついて調べてみた(その3)

            どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 興味を持って海外の不動産投資に関するサイトを見ていますが、ほんと玉石混交ですね。どこかで怒られない程度に本音で書いてみたいと思います。 海外不動産の利益の源泉ついて調べてみた(その3) ・円に対する為替利益が見込める 為替については書くまでもないことですが、簡単に触れてみます。 私がいま検討しているのはマレーシアです。 マレーシアの通貨はリンギ (リンギット )RMです。 この文章を書いている2022年8月13日のレートは、

            スキ
            2

            海外不動産の利益の源泉ついて調べてみた(その2)

            どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 引き続き海外不動産が儲かるであろう理由を調べたりまとめてみました。 前回は「プレビルド方式で安く買う」というものでしたが、今回はキャピタルゲインについて考察していきたいと思います。 ・キャピタルゲインの可能性が高い 簡単に書くと、不動産が値上がりする(可能性が日本よりも高い)、というものです。 基本的な市場経済は「買いたい人(需要)」と「売りたい人(供給)」で価格が決まっています。 つまり、「買いたい人(需要)」が多ければ、

            スキ
            3

            買い付けを入れた物件はどうなったか

            どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 2022年7月30日に「購入したい」と申し込みを入れた物件ですが、、、 買えませんでした。しゃあない。 こんな経験を何度も積み重ねてレベルアップをしていくのです。 こんな感じで、一つのnoteについて、一つのメッセージをこめて5分程度で読めるテキストを書いていくつもりです。「スキ」を付けていただけると飛び上がるほど喜びます。これからも「読んでよかった」と思われるテキストを心がけます。どうぞ、よろしゅう。

            スキ
            4

            海外不動産の利益の源泉ついて調べてみた(その1)

            どうも、海外放浪系不動産投資家のショウです。 海外不動産の利益の源泉ついて調べてみた(その1) ・プレビルド方式(プレセール)で割安で購入できる ・キャピタルゲインの可能性が高い ・円に対する為替利益が見込める 順番にご紹介していきます。 まずはプレビルド方式(プレセール)によって、建物が建設される前に購入できる。そして価格は、完成後よりも安く購入できる、というものです。 これは日本の場合と比較する方が分かりやすいです。 日本では建設前の建物を売買するときには、広告や手

            スキ
            4

            不動産投資家の華麗なる一日

            どうも、ショウです。 気温計を見ると今日は摂氏35度。もう真夏日ではありません、猛暑日です。 弊社は現在地球環境に配慮して(嘘、電気代高騰で経費削減で)室内のエアコンを26度ちょっとになるように設定されています。 もちろん人の出入りがあるので、実質28度です、暑いよ。 そんなわけで今朝は私が個人として所有している物件の管理会社から電話がありました。居住者さんからの要望でエアコンが古くて効かないので交換してほしいとのこと。見積もり取ると家賃2か月分!なんということでしょう。

            スキ
            1

            不動産業者がnoteを書く理由を考えてみた

            どうも、ショウです。 ようやくnoteを書くことにも慣れてきて、先週20日連続で記事を投稿することできました。 クリエイター側note画面には「バッチ」というものがあって連続して投稿するとバッチ(銅→銀→金)がもらえる仕組みになっています。つまり、バッチというご褒美を与えることで「毎日投稿する」というモチベーションとしているということです。 ところで、noteの仕組み上、日記のような使い方と、週刊の雑誌のような使い方、そして有料で販売できる使い方と、様々なニーズに分けて

            スキ
            1

            マレーシアに行く準備(その2)

            どうも、ショウです。 今日は急ぎの仕事が一件入ってしまったので、軽めのnoteです。 【入国について】 外務省の海外安全ホームページでは、日本国内でワクチン接種をした証明が国外でも使用できることを記載しています。 幸いにしてマレーシアもその中に含まれており、今回はこの証明書を利用してマレーシアに入国したいと思います。 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html 【帰国について】 こちらが問題です

            マレーシアに行く準備(その1)

            どうも、ショウです。 まずは私の状態からチェックします。 (この情報は2022年8月5日時点の情報です) 【マレーシア入国時】 私は日本人で現在18歳以上59歳未満、3回モデルナのワクチン接種を終了しています。 https://www.mysafetravel.gov.my/vaccine/status マレーシア保健省の定義によれば「Fully vaccinated」に該当します。 Fully vaccinatedの日本人がマレーシアに入国する際には、日本で発行されたワ

            スキ
            1

            不動産業者にとっての8月

            どうも、ショウです。 今日は全国的に天候が悪い一日でしたが、いかがお過ごしでしょうか。今日の私は重要な会議を2件済ませ、取締役に詰められた一日でした。 それはともかく、8月に入りました。 地域差はあるかもしれませんが、私の地域では8月は超ひまな時期です。もちろんできる営業マンは、この時期にでもきっちり数字を残せるのでしょうが、わたしのようなそこそこのビジネスパーソンだと、まぁ暇ですね。 とはいえ、何もしないでだらだらしているわけにもいかないので、契約に繋がりそうな付き合

            スキ
            4

            「傾いている建物」は購入できるか?

            どうも、ショウです。 ご紹介いただいた物件の底地が、所有者不明(大日本帝国時の軍隊)でちょっとだけ途方に暮れています。横須賀市、呉市、舞鶴市などの軍港のあった市では多いそうですね。 というわけで、今日は不動産業者兼投資家の私が、良いと思っていたけど諦めた物件のことを書いていこうと思います。 単発での記載ですが、たくさん閲覧していただければ不定期連載にしていきたいと思います。 購入を見送った物件は何かというと、「傾きがあった建物」です。 最近はiPhoneのアプリ「計測」

            スキ
            4

            「道」が一番大事(その4)

            どうも、ショウです。 今日は宅建を受験する部下のために、久しぶりに重要事項説明書(35条書面)を読みました。いつもは適当に(失言)読み飛ばすところもきちんと読んだので疲れました。 というわけで、今日は道の権利についてです。 主に私道、特に位置指定道路についての話限定だと思ってください。 例えば、一本の位置指定道路の先に、なぜか道路持分のない土地があったとしましょう(地方の戸建てにはたまにあります)。 残念ながら、この土地が接道するためには、道路所有者(もしくは持ち分があ

            スキ
            1

            「道」が一番大事(その3)

            どうも、ショウです。 今年の秋にはマレーシアに旅行に行こうと考えていますが、感染者数の増加スピードにビビっています。無事に入国できるだろうか、、、。 というわけで、今日は道路の役割の中でも目に見えにくい部分について書いていこうと思います。 それは、道の下に埋め込まれている埋設管についてです。 「埋設管」と一言で書いても、さらに三種類に分かれます。「上水道」「下水道」と「ガス管」です。 普段目にすることはないですが、どれも超重要な設備です。 まず「上水道」は最も重要なラ

            スキ
            1