見出し画像

ローカル×ローカル/先輩たちを訪ねて、学んだことを報告します

こんにちは。伊集院一徹と申します。

こちらの記事では、僕の自己紹介と、このイベントが生まれた経緯を書こうと思います。

僕は2018年4月、静岡県伊豆半島の最南端、南伊豆町に移住しました。

画像7

伊集院一徹
南伊豆新聞・南伊豆くらし図鑑 編集長/イラストレーター。鹿児島県出身。東京の出版社で編集者として勤務。2018年に知り合いの紹介で南伊豆へ移住。いつか鹿児島、南伊豆と仕事の幅を広げていきたい。イラストはこちら

現在は地域おこし協力隊の制度を使って、2つのローカルメディアを運営しています。

ひとつが、地域密着型のインターネット新聞『南伊豆新聞』

画像2

もうひとつが、一対一で南伊豆で暮らす人たちの日常におじゃまするくらし体験プログラム『南伊豆くらし図鑑』です。

2つのメディアを通して、県内外問わず「南伊豆っていいところだな!」と思ってもらえるように、その土地の魅力を発信する仕事をしています。

ローカルメディア の編集長になって1年。

新たに、こんな企画を始めました。

画像5

ローカル×ローカル ~その土地の魅力をみつけて発信し、
関係性をつくっている先輩たちを訪ねて、学んできたことを報告します~

ざっくり言うと、ローカルで活躍する先輩たちを訪ねて、学んだことを報告するイベントです。

共催は日本全国のさまざまな仕事を紹介する求人サイト『日本仕事百貨』です。

なんでこのイベントをやろうと思ったのか、漫画で描きました。

画像1

とまぁ、そんな経緯があって生まれました。

これは、自分がもっとローカルでできることを深めたい。

そんな動機から始まった、とても個人的な企画です。

当日は僕の視点だけではなく、別のローカルで活動する「学び仲間」を招きますより多面的に学びが深められると思ったからです。

そして、このイベントの相方というか。一緒につくってくれるのは、日本仕事百貨 編集長の中川晃輔くんです。ちなみに、学び仲間は中川くんが日本全国の取材先(求人)を訪ねていく中で出会った人たちです。

画像10

中川晃輔さん
日本仕事百貨編集長。 千葉県柏市出身。働きはじめてからは、東京都江東区や墨田区と首都圏内で暮らす。求人サイト「日本仕事百貨」の取材を通じて全国各地を訪ねるうちに、「あの人とこの人が出会ったら面白いんじゃないか ...?」という妄想が膨らみはじめ、そのワクワク感がこの企画の(個人的な)原動力に。将来的な移住も検討中。

このイベントを通して、どんな学び、気づきがあるのだろう。

では、先輩たちを訪ね歩く道中のどこかでお会いしましょう!

※下記リンクからレポートを見ることができます。

Vol.01 西村佳哲さん( 神山つなぐ公社/ 徳島県神山町 )」

画像3

vol.02 川口瞬さん・來住友美さん(真鶴出版/神奈川県真鶴町 )

画像4

vol.03 三浦類さん(群言堂 広報誌「三浦編集室」編集長/島根県大森町)

ローカル×ローカルvol.03 facebook

vol.04 松本潤一郎さん(株式会社BASE TRES 代表/静岡県松崎町)

ローカル×ローカルvol4 copy

vol.05山田崇さん(長野県市役所職員/長野県塩尻市)

ローカル×ローカルvol5fb copy

and more

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もっといいものを作りたいと思います
6
南伊豆新聞・南伊豆くらし図鑑 編集長/イラストレーター 2018年4月から静岡県南伊豆の魅力を発信しながら、たまに東京で仕事をしています。 南伊豆新聞:http://minamiizu.news /イラスト:https://www.instagram.com/ittetsu.i

コメント1件

フォローありがとうございます (^^)
伊豆には、何度か旅行で行った事があります。
とてもいい所ですね!
今後共よろしくお願い致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。