ものあい・相澤染工場/相澤択哉

藍染、印半纏、手工業についての出来事や検証、考えたことを書きます。伝統的な技法で藍染印半纏を中心とした製品を染色、製作しています。経歴:2010化学メーカー就職→2016相澤染工場入社。
  • 商品の画像

    藍染×型染スカーフ

    綿100% 約50㎝×50㎝ 丸キリで彫りぬいた型紙を使って染めあげたオリジナルの模様です。 透けるほど薄い綿生地で、クシャっと使えば柔らかな風合いに、 アイロンをかければシャキっとシルクのような光沢のある質感になります。 使っていくうちに色が徐々に落ち着いて淡い風合いに変わっていきます。 シャツ・Tシャツなどを着た首元や、麦わら帽子、バッグなど、 さらっと身に着けられるサイズ感です。 ポケットに入れてもふくらみは気にならない厚さでハンカチとしてもお使いいただけます。 オプション(+¥100)で箱をお付けします。ギフト等にご利用ください。 色々な場面、お好きな使い方で 変わっていく色合いを楽しんでいただければ幸いです。 【藍染製品について】 手染め製品のため、多少の色ムラや柄のにじみがある場合がございますが、 染め物の味としてお楽しみいただければ幸いです。 【お取扱いについて】 長時間、日光に当て続けると次第に色が焼けていきますので、 保管場所にお気を付けください。 【掲載の品物について】 色は実物に近いよう、カメラの露出等調整をしておりますが、実物と若干異なる場合があります。ご了承願います。 使用イメージ写真は違う柄の物で撮影している場合があります。 本体のみで写っている柄をご参考下さい。 ・洗濯方法などの取り扱いについては ホームページをご覧ください。 http://www.mono-ai.jp/
    1,650円
    ものあい(mono-ai)/相澤染工場
  • 商品の画像

    刺繍レース藍染ピアス/ノンホールタイプ

    大きさ:約1cm 生地:綿100% 今では国内では数えるほどしかないレース工場。 その中で埼玉県のレース工場で作られたレース生地を藍染めしたピアスです。 小粒で繊細な花の形で、濃淡2種類に染め分けました。 藍染をしても刺繍のこまやかさと元の糸のツヤが消えずに表れています。 装いのアクセントとしてお楽しみいただければ幸いです。 ・2個1セットです。 ・濃淡各1個  (濃のみ、淡のみ1セットも可能です。希望の際はメッセージ等で申し付けください) ・ピアス、イヤリングタイプからお選びいただけます。 藍染の特性上、表面のみが染まっております。 表面の刺繍糸がずれると染まっていない白い部分が見えるようになります。 こちらも経年の一つとしてお楽しみいただければと思いますが、 気にされる場合は、扱いにご注意ください。 写真はなるべく実物の色や、刺繍の雰囲気が分かるようにしていますが、 誤差があることご理解いただければ幸いです。 配送方法は原則、梱包材にて包み郵送を致します。
    1,430円
    ものあい(mono-ai)/相澤染工場
  • 商品の画像

    藍染ポケットTシャツ/厚手無地

    ・綿100% サイズ2(S) 3(M) 4(L) 5(LL) 着丈 66  69  73  76 身幅 47  52  55  58 袖丈 19  20  21  22 (cm) 染色の過程でサイズの伸縮等ございますので、 目安としてご参考下さい。 女性モデル:165cm 着用size:3 男性モデル:181cm 着用size:4 濃い藍染と縫製のステッチが効いた、ポケットTシャツです。 厚手の生地で、ゆるすぎず、きつすぎない首元のシンプルなシルエット。 タイト・オーバーサイズ等サイズ選びで 男性・女性ともにお好みにあわせた使い方ができます。 ぜひたくさん使っていただき、変わる藍の色合いを楽しんでいただければ幸いです。 長くお使いいただいた後に、染め重ねも可能です。メッセージ等で問い合わせください。 ※ご使用・洗濯について 生地が濡れている状態で擦れると色落ちする可能性があります。すぐに洗えば落ちます。 洗濯は洗濯ネットをお使いください。 最初の数回は移染する可能性がありますので、 単独で洗濯してください。 時間の経過・洗濯重ねていくと、藍がつくこともなくなります。
    8,250円
    ものあい(mono-ai)/相澤染工場
  • もっとみる

江戸文字について(角字)

半纏には様々な文字が使われますが、 その中でも伝統的な字体「江戸文字」の中の「角字」について紹介します。 江戸文字とは  江戸時代に盛んに使われた字体の総称です…

小幅の生地について

 和装に関わっている方は「小幅(こはば)の生地」という言葉をよく聞くと思います。 身近で見られる小幅の生地は「手ぬぐい」で、この生地幅は日本の布・衣文化に深い関…

藍染印半纏に使う「呉汁」について

藍染印半纏に使う材料、「呉汁」について話していきたいと思います。 呉/呉汁とは 大豆のしぼり汁のことをいいます。 これを生地に刷毛などで引いていくことを「呉入れ…

硫化染め工場の閉店とその影響

 染工場の一つが閉店するとの情報が入ってきました。 いくつかの染色をしている工場ですが、その中に「硫化染め」という染色技法があります。 硫化染めとは 「建て染め…

防染糊の材料と作り方

 藍染印半纏の柄、模様、くっきりした柄を出すための材料の一つに「防染糊」があります。 いまは防染糊を染色材料屋で購入できますが、今でも染物屋で独自に作っていると…

紺屋と信仰の話

 今回は染物屋と信仰の話を少し。 昔、藍染めなど染物の仕事としていた染物屋を「紺屋」と呼んでいました。 紺屋の多くは愛染明王を信仰しています。 この信仰は江戸時代…