うにぶどう

賞レース感想を中心にお笑いの記事を書いたり、エッセイとして色んなことに対して思ったことをそのまま垂れ流したり、溜まった思いを吐露したり

うにぶどう

賞レース感想を中心にお笑いの記事を書いたり、エッセイとして色んなことに対して思ったことをそのまま垂れ流したり、溜まった思いを吐露したり

    最近の記事

    エッセイ①ビジネスマン然とできない

    「仕事=プライベートの時間を阻害する悪の時間」 こんな意識がずーっとある。 これは多分大学時代にTwitterやネットで「社畜」なんて言葉が流行りだし、世の社会人の愚痴をネット上で沢山浴びた結果、 「会社で働くことは悪なんだ」「会社の飲み会はつまらないもので、就業時間外に会社の人と関わるなんてありえないことなんだ」とかそんな意識が強く頭にこびりついたからだと思う。 自分の将来の願いは幸せな家庭を築いて奥さんと子供とずっと遊ぶこと。仕事はそれを実現させるためのツールであって、

      • うにぶどうお笑い年表〜今更の初めまして〜

        はじめに今までこのnote、一部例外はあれ基本賞レースの感想を中心に書いてきた。 そんな賞レース関連だけではなく、エッセイを書きたいなとずっと思いながら今まで取りかかれていなかった。 「よし今年こそはエッセイを書こう!いや、でもまずはエッセイの前に人となりを何となく知ってもらわなくちゃいけないな」 それが本稿である。 人となりを知ってもらうために、時系列でまとめるべく年表形式で半生を紹介していく。 ※自己満足の素人の垂れ流しなので、自我出すな!読みづらい!って方はごめんなさい

        • まだ間に合う! stand.fmまつり~シンりょうに翻弄された芸人たち~ を徹底紹介! 1/1(日)19時まで!

          12/25に行われた、ニューヨークchプレゼンツのイベント「stand.fmまつり~シンりょうに翻弄された芸人たち~」ご覧になられただろうか。 買われていない方にもぜひ見ていただきたいと思い、今回記事作成にあたった。 ニューヨークchのこちらの動画を観れば十分なのだが、活字ベースで本ライブに至るまでの出来事や魅力を紹介していきたい。 今更だけどシンりょうって? 今年夏、ニューヨークのもとに届いたタレコミ「東京吉本24期の中で小虎のりょうが同期内で性格の悪さから嫌われている

          • 2022 M-1感想~1点の格差、ウエストランドとニューヨーク、毒舌漫才の歴史と需要~

            はじめに 2022年のM-1もあっという間に終わってしまった。今年も例年同様に感想をnote記事にしたいと思う。 ※各M-1関連コンテンツ視聴後のため、無意識のうちに誰かの言葉になっていたら申し訳ございません。 敗者復活 出番抽選会 まず出番抽選会って毎年こんなに面白かったっけ?去年はニューヨークが何番になるのかの緊張感があったからかほとんど覚えてないが、今年の出番抽選会はななまがりの小道具ボケやダンビラムーチョのドンタコス、この後キモイ妹出すからって終始爽やかに印象点

            M-1などに関して、ツイートしづらいことの吐露

            はじめに 2022年1月、お笑い用のTwitterアカウントを作成した。 自分の好きなことを気にせず呟きたいと思って、勝手ながら色んな方をフォローさせていただき、フォロワーさんも100人以上になり、非常にありがたい限りだ。 これまで好き勝手呟いていたが、ここ最近何か思ったことを素直に呟けない自分がいる。 そのように思い始めたのはシンりょうが終わってからと、M-1が近づいてからだ。 鍵なしでガンガンTwitterをするまではわからなかったが、まず思うのは芸人さんや関係者さん

            令和の時代に若手芸人が売れる方法とモデルケース〜東京吉本の若手と田中と益村で考える〜

            令和4年、2022年現在、数多くの若手芸人が台頭している。 その出自を辿ると賞レースで優勝ないし決勝に進出した芸人、キャラのある芸人、はたまたある番組で司会者やスタッフにハマった芸人など様々な売れ方をしている。 では今時点でこれから売れるにはどうしたら良いのか、これまでのモデルケースとも比べながら考えていきたい。 パターン1 賞レース 言わずもがな今時点で売れる最も「確実」な手は賞レースである。M-1開始当初からそうではあるのだが、2018年の霜降り明星あたりから更に風向き

            キングオブコント2022感想〜展開かパワーか〜

            キングオブコント2022もついに終わってしまった。 時間が空いてしまったが昨年同様感想を上げていきたい。 まずは1組ずつ感想を上げながら最後に大会の総括を行う。 1組目 クロコップ 460点 ケイダッシュステージ所属でオードリーの後輩。準決勝での配信がされておらず、どんなネタなのかと思ったら遊戯王の音楽に乗せてあっちむいてホイのホイだけやる凄いネタで大爆笑。 トップバッターとして大会を大いに盛り上げる最高のネタであった。 事前ライブでホイの向きが合ってしまうトラブルを避け

            シン・りょうに関われなかった男「益村」とは?まだ間に合う「田中と益村」徹底解説!

            ニューヨークのYouTubeチャンネルからお笑い界に一大ムーブメントを起こし、配信チケット1万枚超えの大ヒット作となったシン・りょう。 (シン・りょうの詳細については前回記事を参照にされたい) このシン・りょうに深く関わりながら、本シリーズに出演できなかった一人の男の存在が今注目を集めている。その名は益村康平。 そんな彼がstand fmというラジオSNSで田中風汰と番組を開始した。 田中と益村の24期情報バラエティー(仮)、通称「田中と益村」だ。 9/12から放送開始し

            シン・りょうを観て大学時代の部活の同期を「ちょっと思い出しただけ」の話

            2022年におけるニューヨークのYouTubeチャンネルでの一大ムーブメントこと「シン・りょう」皆様ご覧になられただろうか。 東京吉本NSC24期の同期内における嫌われ者の「小虎のりょう」を中心に、りょうの味方の者、りょうを嫌う者、はたまたりょうの粗を探ろうと仲の良いフリをしてりょうに近づくスパイまでもが登場していく、この人間関係のいざこざを15期のニューヨークが一つ一つ整理し、同期仲の解決を目指したライブは、出演者がほぼ全員売れていないにも関わらず配信で1万枚を突破した。

            M-1グランプリ 2021感想徹底総まとめ!来年の審査員予想や決勝進出者予想も!

            M-1グランプリ2021、皆さんご覧になられただろうか。 結果は錦鯉が優勝。優勝直後の雅紀さんの涙に本当に感動した。 記事書くのが遅れ、M-1関連の各振り返り番組等を見漁った後なのでもはや新鮮な自分だけの感想じゃなくなってしまったが、今回は敗者復活、決勝の振り返りと、一応していた予想の振り返り、さらには審査員や来年の決勝進出者予想など、M-1関連すべて書きなぐっていく。 敗者復活振り返り 全組書くと多すぎるので代表数組。 マユリカ Youtubeで見たことあるネタだったが

            M-1グランプリ2021、ここまでの振り返りと敗者復活、優勝ガチ予想

            M-1グランプリ2021、決勝まで残りわずかとなった。 3回戦から動画を観ている程度だが、ここまでで決勝進出できなかった中で印象に残っている組の紹介と、今回思い切ってガチの敗者復活、優勝予想をしてみようと思う。 ちなみに去年の優勝予想は東京ホテイソン。今年の準決勝前時点での優勝予想はマユリカと男性ブランコと、とにかく外しまくってるのであくまで参考程度に考えて欲しい。笑 記事内のリンクはすべてM-1公式のyoutubeとなっています。 準々決勝までの敗退の中で印象に残った組

            キングオブコント2021感想〜キングオブコントで優勝するには、M-1との違い〜

            キングオブコント2021、皆さん見られたであろうか。 応援しているニューヨークとそのライブ仲間が多く出演する、個人的にかなり胸熱な決勝進出者となり、注目していたが期待を3倍上回る最高の大会になった。 素晴らしい大会過ぎて大きく語ることないが2020M-1に引き続き感想を書いてみる。 そして大々的に謳ってるが自分なりに思うところがあるのでそちらも最後まで読んで欲しい。 1stステージ1組目 蛙亭 トップバッターは蛙亭。ABCお笑いグランプリでは自転車の違法駐車やポイ捨てなど

            M-1グランプリ2020を振り返る

            2020年、コロナ禍、ステイホームの中、私はニューヨークのYouTubeチャンネルにハマっていた。 ニューヨークのことは2016年から2017年にかけて放送されていた「ニューヨークのオールナイトニッポン0」がきっかけで好きになっていた。 そんな彼らがYouTubeを始め、初めてM-1決勝進出を果たした2019年の年末から私も彼らへの熱を上げていく。 気づけば人生で一番M-1に、お笑いにのめり込んだ一年だった。 12/20に行われた衝撃の決勝を振り返るその前にライブビューイング

            独断と偏見で選ぶディズニー映画ランキング

            スターウォーズを一気見したいとのきっかけで入会したディズニー+。 スターウォーズももちろん面白かったが、それだけではもったいなく、 昔のディズニー映画を大人になってから改めて見たこともないし、少し見てみるか、 そんな軽い気持ちが全ての始まりだった。 いい歳こいてディズニー映画にめちゃくちゃハマってしまった。 でもただ見たってだけではもったいないので、せっかくなら点数つけてランキングにしてしまおうと思い、筆をとった。 比べるのは野暮なのはもちろんわかっているが、ディズニープリ

            ガチマリオカートの魅力

            スーパーファミコンで1992年にリリースされてから今日まで世界中で遊ばれている任天堂のメガヒットシリーズ、マリオカート。皆さんも一度は遊んだことがあるのではないか。ただその楽しみ方は友達と遊ぶ、CPUと遊ぶ、タイムアタックをするだけではない。 非公式ながら世界大会を戦っている、ガチのマリオカートプレイヤーがいるのをご存知であろうか。今日はそんなガチのマリオカートの魅力を存分に紹介させていただきたい。 なお、私自身はソフトは持っているものの全くやり込めておらず、いわばエアプ勢