モノクロのコピー

超ホワイト企業でうつ病になって、独学でフリーランスになった僕のリアルな話

僕が新卒で入社した会社は、出版業界最大手の超ホワイト企業でした。

けれども僕はうつ病になりました。

そしてうつ病になった僕は、独学でフリーランスになりました。

※自己紹介noteです。

※フリーランスになって辛かった経験もリアルに書くので、ぜひ参考にしてください。

自己紹介

マスクのコピー

どうも、真木 裕也です!

僕は現在、フリーランスのwebマーケッター・プログラマーとして働いています。

しかしながらwebマーケティング会社や、webアプリ開発会社で働いたことはありません。

独学でマーケティングとプログラミングを学び、いきなりフリーランスになりました。

【名前】
真木 裕也(まき ゆうや)

【年齢】
27歳

【性別】
男性

【出身】
大阪

【目標】
海外移住

【仕事】
アフィリエイトで月数十万稼いだり、有料noteを初販売で400部以上販売したりするなど、webマーケティングが得意。

現在はプログラマーとしても活動中。
マーケティングの知識を活かし、Ruby歴2ヶ月のとき、稼働10日間・報酬50万円の仕事を獲得。
関西大学の起業支援イベントにて、プログラミング講師を務めた経験もあり。

現在は個人サービスを作成しながら、プログラミングを教える仕事も行う。

バーテンダーや婚活パーティー司会として働いたことがあり、コミュニケーションに関する知識も豊富。

超ホワイト企業で10ヶ月だけ働いた会社員時代

画像2

「出版業界最大手の会社で行う仕事は、大変だろうけど、やりがいがあるはず。辛いこともあるだろうけど頑張ろう!」


そのような思いを抱えて入社した僕に待ち受けていたのは、理想と現実の大きなギャップでした。

会社で働く大人は、もっとカッコいいと思っていました。

「社会は厳しいよ」

そんな言葉を聞いて就活をしていた僕にとって、会社というのは全員が仕事に情熱を注いでいる、厳しいけど面白い世界だと思っていました。

でも現実は、ほぼ全員が上から指示されたから何となく作業をしている、ただそれだけでした。


主体的に動けば「余計な行動」として扱われ、無駄な資料作り、無駄な会議、無駄な飲み会ばかりの日々…


「主体的に動いて何の得もないなら、受け身になって何となく時間を過ごそうかなぁ…

でもそれが今から約40年間ずーっと続くのか…

言われたままに仕事をするって奴隷みたいだなぁ…

僕の人生って何なんだろう…」


そのようなことばかり考えていました。

さらに出版業界はいまだにFAXでの注文がバンバン届く世界で、古い働き方に慣れていく自分に焦りも感じていました。


そして超ホワイト企業といえど、顧客からの理不尽なクレームはとんできます。

一番こたえたのは顧客からの「あなたがいる意味ってあるの?」という発言です。

キツいことを言われて辛いというより、薄々自分でも思っていたことを言語化されて辛かったことを覚えています。

やりがいのない仕事をしていて、理不尽なクレームはとんでくる…

これがサラリーマンだと割り切れなかった僕は、次第に体調が悪化していきました…。

今までにない体調の悪化

画像3

ホワイト企業なので激務ではありません。

そのため思考する時間が無駄にありました。

毎日、毎日、毎日、これでいいのかと自問自答して、暗い気分で過ごす日々が増えて、体の調子がおかしくなってきました。


まず食事の味が分からなくなりました。

さらに食欲が湧かず、体重は10kgも減りました。

金曜日の仕事が終わった瞬間に月曜日の仕事を想像して憂鬱になり、電車で通勤していると悲しくもないのに涙が勝手に溢れてくる…。


通常では考えられない状態に陥り、病院に行くと大うつ病性障害だと診断されました。

僕は超ホワイト企業でも耐えられないほど、サラリーマン生活が合わなかったのです。

哲学に出会って人生が180度変わる

画像4

会社を辞めてうつ病の状態は軽くなったものの、会社員として働く気になれませんでした。

そして独立する勇気もありませんでした。

働かず時間がある中で読んだ本が、「これからの正義の話をしよう」というベストセラーになった哲学書です。

哲学と出会い僕の人生は大きく変わりました。


「これからの正義の話をしよう」以外にも、様々な哲学書を読みました。

なかでもニーチェには大きく影響されました。

とはいえ「哲学を勉強すれば、人生全て上手くいく」なんて言うつもりはありません。

哲学が与えてくれるのは、自分で物事を考える能力です。


たとえば僕は哲学に出会うまで、無意識のうちに「良い人」になろうとしていました。

何事にも逆らわず波風を起こさない、世間が求める「良い人」になる必要があると思っていました。

でも世間が求める「良い人」とは、「都合の良い人」のことだと気づきました。

世間にとって、誰かにとって、「都合の良い人」になれという洗脳だったのです。


僕は哲学書を読むうちに「良い人」ではなく、「強い人」になろうと決意しました。

肉体的にも、経済的にも、精神的にも強くならないと、社会や他人の奴隷として過ごす人生になると知りました。


肉体的な強さはトレーニングで身につくし、精神的な強さは肉体的な強さと経済的な強さがあれば勝手に身につきます。

経済的な強さを手に入れるには、会社に依存するだけのサラリーマンじゃ無理だと判断して、フリーランスになると決断しました。

そんなこんなでフリーランス人生が始まるのですが…

現実はやはり甘くありませんでした。

1日12時間働いても、ほぼ0の給料

画像5

イラストレーターなどの商品を作る側の仕事ではなく、マーケッターなどの商品を売る側の仕事をしようと考えていました。

というのもマーケッターになれば、稼ぎ方に詳しくなり、経済的な強さを手に入れやすくなると思ったからです。

IT系はこれからも市場規模が広がると考え、Webマーケティングの仕事を行うと決めました。


とはいえ実績・知識ゼロの僕をコンサルで雇ってくれる会社なんてありません。

そこでまずは低資本でできるアフィリエイトで稼いで、実績を作ることにしました。


とりあえずサイトを作って、アフィリエイト広告を貼ってみたのですが…

まったく売れない!

3ヶ月くらいは売上0でした。

毎日0の数字が並ぶだけ。


自己流ではいつまで経っても稼げないと気づいた私は、図書館に通いつめてマーケティングを一から勉強することに。

フィリップ・コトラー、アル・ライズ、ジャック・トラウト、ジェイ・エイブラハム、神田昌典などなど、著名なマーケッターの本を読み漁りました。


そしてある日、売上管理表の画面を見てみると、売上の数字が2,500円になっていました。

うわわわわぁぁわわぁぁああーーーーーーー!!!

たかが2,500円ですが、独立してお金を稼いだ感動は今でも忘れられません。

しかし2,500円稼いだだけの僕を見る世間の目は冷たいものでした…

実家に居づらく、友達とも会いづらくなり、ほぼホームレスになる

画像10

数ヶ月働いて2,500円という状況…

家族からしたら会社を辞めた息子が、おかしなことをしているように見えたでしょう。

そしてメンタルを壊した僕に対して何を言えばいいか、家族も困惑していたと思います。

そのような気を遣われる状況が辛くなり、僕は実家から出ました。


実家から出たものの、友達とも会いづらく、家を借りる信用もなかった僕は、ほぼホームレス状態になりました。

持ち物はパソコン・スマホと少しの着替え、あとは会社員時代に貯めた30万の貯金があるだけでした。

この貯金がなくなる前に、なんとか稼がないといけない…

それからは毎日作業だけの日々でした。

食事は290円の激安弁当を食べて、水道水を飲んでいました。

寝泊りはネットカフェが多かったです。


とはいえそこまで追い込んでも、いきなり売上が跳ね上がることはありません。

たまにの贅沢で定食屋さんで800円のランチを食べて、ビールを飲んでいたときのこと。

ふと悔しさと情けなさが襲ってきました。


(フリーランスになると意気込んだものの、どれだけ作業しても稼げていない…

稼げていないフリーランスなんて無職と同じじゃないか。

会社員は嫌だとか生意気言ってたけど、会社員は今日も会社に貢献しているよ。

僕はどうだ?

誰にも貢献せず稼げていないから、800円のランチを食うのもギリギリなんじゃないか。

今の僕を見たら会社の同期はきっと見下すよ。

いや、見下す以前の問題で、今の僕は誰の視線の中にも入っていないよ…)


気づけば定食屋さんでビールを飲みながら泣いていました。

このような悔しい思いもしつつ、日々作業を続けているうちに、売上が数万、数十万円と上がっていきました。

めちゃくちゃ嬉しかったことを覚えています。

会社員時代では味わえなかった達成感がそこにはありました。


それからビジネスにドハマりした僕は、とにかく本を読んでトライ&エラーを繰り返し、マーケティング能力を向上させました。

そこまでのレベルになると、「今度うちのサイト、コンサルしてよ」と声をかけられることも!

こうして僕は、なんとかフリーランスとして稼げる状況を作り出しました。

苦しいこともありますが、フリーランスとして自分の目標に向かうことは本当に楽しいです。

自分の商品を作り出せないもどかしさを覚えてプログラミングを学習

画像6

マーケティング能力のおかげで商品を紹介して売ることは得意でしたが、自分で商品を作り出す能力はありませんでした。

そこで商品を作る能力を身につけるために、プログラミング学習を始めました。

Webアプリ開発会社に転職したり、プログラミングスクール通う気は、一切ありませんでした。

というのもマーケティング能力がある以上、独学でも仕事を獲る自信があったからです。


そして実際にRuby歴2ヶ月で稼働10日・報酬50万の案件を獲得しました。

関西大学の起業支援イベントにてプログラミング講師を務めた経験もあります。

うつ病になってボロボロだった僕が、大学のイベントでプログラミング講師を務めるまでになりました。

今後は個人でサービスを作り、リリースするつもりです。

頑張って開発を進めます!

フリーランスの僕が大事にしている考え

画像7

僕は自分でアイデアを考えることが好きです。

そして自分のアイデアを形にすることも好きです。

結局、僕は自己中なんだと気づきました。

人の指示に従うだけの仕事には耐えられません。

自己中でもいいんだと開き直りました。


しかしただの自己中だと、誰もついてきてくれません。

僕は自分だけを大事にする自己中ではなく、

自分に関わる人だけを大事にする自己中になろうと思っています。


世界中の人を笑顔にするなんて目標を本気で追えるほど、僕は人間ができていません。

けれども自分だけを大事にする人間は、幸福になれないことも知っています。


僕はフリーランスになり、自分が納得できる自由を手に入れることができました。

けれども正直言って、一人で自由になっても寂しいだけでした。

誰かとともに、この贅沢な時間を味わいたいと思っています。

一緒に美味しい食事を楽しむ仲間、

一緒に趣味に打ち込む仲間、

一緒に人生について語り合う仲間が、一人でも多くいてほしいです。


僕のビジョンは自由な仲間とともに、自分が納得できる人生を送ること。

だからこそ僕は一人でも多く自由になれるよう、noteやブログで有益な情報を発信し続けます。

プログラミングやマーケティング、ブログ、アフィリエイト、フリーランスに関する情報を、初心者向けに分かりやすさにこだわって発信します。

僕の稼ぎ方を盗んで、個人で稼いでください。

僕のブログはこちら⬇️


あとRailsの無料教材を作ったりもしています!

教材の名前は『Railsビギナー』です。


・プロゲートの次の教材を探している

・Railsチュートリアルに挫折した


このような方にぴったりの難易度に設定しました。

無料ですが6万文字以上書いた、しっかりした教材です。

あなたの時間を無駄にさせることはないです。

むしろ無料の教材なので、高額な商材を買う前に『Railsビギナー』を試さないのは損ですよ!


ビジョンを叶えるためにnoteやブログでの情報発信だけでなく、プログラミングの勉強会なども行っています。

画像11

プログラミング学習は仲間ができると挫折しづらいので、大阪在住の方はぜひご参加ください。


自由になる力を身に付けた方は、ぜひ一緒に平日の昼間っから飲みに行きましょうね(笑)

noteでもnote以外でも見逃せない情報を発信中

画像8

マーケティングやプログラミング、フリーランスに興味がある方は、ぜひ僕のTwitterもチェックしてください。

稼ぐために知るべきノウハウや、プログラミング初心者に役立つ知識など、知らないと損する情報を発信しています。

無駄な失敗をしたくない方は、フォローして情報を得てくださいね。


note初販売で400部以上売れた120円ロードマップは、プログラミング初心者必見です。

何をどのように勉強していいか分からない方は、ぜひ参考にしてください。

効率悪い勉強方法で時間を無駄するのは、もったいないですよ。


プログラミングレッスンも行っています。

どのようなレッスンか質問したいこともあると思うので、初回無料でビデオ通話による打ち合わせを行なっております。

お時間はだいたい30分。

とりあえず初回無料のビデオ通話だけ受けてみたいという方も大歓迎です。

自分で言うのもなんですが、現役フリーランスと話すと、進路の可能性が広がると思います。

このチャンス(しかも無料)を逃すのはもったいないです。

高額スクールに通って大金をドブに捨てる前に、ぜひお問い合わせください。

まとめ

マスクのコピー

自画像はインパクトが大事と思って、このマスクをかぶった写真をよく使います。

けれども「あの写真怖すぎ」という声もいただきます。

僕はカッコいいと思うのですが…(泣)

普段の僕はこんな感じ。

ボルダリング

画像13

また仕事が落ち着いたらボルダリングやバンド活動をしたいですねー。

THE BLUE HEARTSが大好きです。


中学時代はバスケ部で、高校時代は剣道部&ボクシングジムに通うというストイックっぷり。

大学時代はその反動か、麻雀と読書くらいしかしていません(笑)

小説なら伊坂幸太郎をよく読みます。


好きなお酒はワインで、好きな食べ物はカレーライスです。

ワインは好きなだけで詳しくはないです(笑)


フリーランスになると時間に余裕ができるので、趣味の幅も広がりました。

自由気ままに楽しく生きています。

今はキャンプに興味があります。

勉強会に遊びに来てくれた方は、仕事の話だけでなく趣味の話もしましょうね。


ちなみに僕がアフィリエイトという言葉を知ったのは、阪口 ユウキさんという方の本がキッカケです。

僕もなかなか壮絶なフリーランス生活の始まりでしたが、阪口さんはそれ以上です。

生き方や自分の追い込み方は、この本を参考にした部分も多いです。

このnoteの文章の書き方も、けっこうこの本を参考に書かせていただきました。

今は文庫版もあるみたいなので、気になる方は読んでみてください。

勇気がでますよ。


それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

世間の常識に従うだけの人生ではなく、自分が納得できる人生を送りましょう!


【おすすめブログ記事】


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート嬉しいです! 「役立ったけど、サポートするのは難しいなぁ…」という方は、 フォローをお願いできないでしょうか? これからも知らないと損する、有益な情報を発信し続けます!

役立てて何より!
84
うつ病になり超ホワイト企業を10ヶ月で退職▶️独学でフリーのマーケッター&プログラマーになる▶️Ruby歴2ヶ月で稼働10日・50万の案件獲得▶️関西大学の起業支援イベントでプログラミング講師を務めた経験有▶️マーケやプログラミングの情報発信▶️【生殺与奪の権を会社に握らせるな】
コメント (3)
真木さん、はじめまして。記事に共感できすぎて泣けてきました。私はフリーランスになったばかりなのですが、いま収入が得られない壁にぶつかっています。アイディアはあるのですが道筋を組み立てるのが難しく、何かヒントになるものはと思いここに辿り着きました。こちらのtwitterやその他も勉強させていただきます。
すわの ここさん、嬉しいコメントありがとうございます。
うっかりごはん読ませていただきました。
食パンの恐ろしさに震え上がっています😭

フリーランスはやはり最初の仕組み作りが一番しんどいですよね…。
今収入の壁にぶつかっているとのことですが、その挑戦する姿勢はきっと誰かの心に響いていると思います。
あまり無責任なことは言えませんが、ぜひとも諦めることなく挑戦し続けて、成功を掴んでください。
僕もこれからも諦めず挑戦しつづけます。
ともにフリーランス生活、頑張っていきましょう!
真木さん、ありがとうございます。とても丁寧な返信、お時間割いて書いてくださったと思うと感激しました。先ほど再度この記事を読ませていただいて、マーケティングの著名人の著書、私も読んでみたいと思います。これからは働き方を変えていかないと、近い将来従来の働き方はできなくなると思っていて、その為に自分でマーケットを持つことが夢です。今はまったくどうしたらいいかわかりませんが。
プログラミングも未知ですが、真木さんのnote購入させていただこうと思います。
twitterまでフォロー、ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。