ぴんちゃん

幼稚園教諭からIT系企業へ転職し、現在は教育とITとの狭間で人のお役に立てる仕事を模索しています。

ぴんちゃん

幼稚園教諭からIT系企業へ転職し、現在は教育とITとの狭間で人のお役に立てる仕事を模索しています。

    マガジン

    • 学校教育を考える

      • 10本

      一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)プログラミング教育委員会による「学校教育」をテーマにしたマガジンです。学校現場の課題や事例、教育委員会や省庁が行う取り組みなどについて、メンバーの見解などを投稿していきます。

      • 学校教育を考える

        • 10本

    最近の記事

    さくらインターネット研究所に異動しました

    2022年8月1日付で、社長室からさくらインターネット研究所に異動しました。 今回の記事は、私の研究テーマ、研究所への異動に対する決意を含めた経緯や、これから始まる研究所での業務への期待、自身への期待などについて書いていきたいと思います。 さくらインターネット研究所で何を研究するのか?私の専門は「教育学」です。教育学の中でも「臨床教育学」という学問を主体として、2021年から藤女子大学大学院の修士課程で学んでいます。さくらインターネット研究所(以下研究所)でも、引き続きこの

    スキ
    17
      • 【小中学校】Teamsを使ったICT活用推進の取り組みと集合研修の事例

        IT企業であるさくらインターネットに勤務しながら、複業やボランティアでの教育支援活動、そして大学院の学生…と、二足では足りずにどんどん「わらじ」が増える今日この頃。 しばらくnoteの執筆はお休みしていましたが、久しぶりの投稿です。 今回は、新冠町における教育委員会・教員・民間の3者による連携と、2021年8月5日に開催された新冠町の「令和3年度第1回ICT教育研修会」を、いずれもMicrosoft Teamsを使いオンラインとオフラインを使い分けながら進めてきた事例を紹介

        スキ
        7
        • Power Automate&Teamsを利用した情報取集と情報共有【RSS通知編】

          主に学校の先生向けに、Microsoft365で利用できるPower Automate(パワーオートメイト)というサービスとTeamsを使って自動的に情報収集とチャンネルへ共有する方法をご紹介します。 手順に従ってやれば比較的簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください! ここではOffice365エデュケーションプラン A1ライセンスをお持ちの方を想定して説明していきます。 Power AutomateとはMicrosoft社が提供する、様々な作業を自動化するための

          スキ
          1
          • オンラインすごろくでリーダーシップを探せ!2年目の授業で学んだこと

            今年も、「女性リーダーシップ論」のゲスト講師のご依頼をいただきました。 3回目の今年も、コロナの状況によりオンラインでの授業が事前に決定し、昨年と同じような内容のワークショップで臨むことにしました。 今回は、オンラインでの授業2回目ということで、この授業を通して私自身が学んだこと、この授業の担当教授とお話しして感じたことなどをまとめたいと思います。 過去2回の授業については、こちらをご覧ください。 昨年からのすごろくアップデートまず、昨年とは自分自身の状況が色々と変わっ

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 学校教育を考える

            • 10本

            一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)プログラミング教育委員会による「学校教育」をテーマにしたマガジンです。学校現場の課題や事例、教育委員会や省庁が行う取り組みなどについて、メンバーの見解などを投稿していきます。

          • 学校教育を考える

            • 10本

            一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)プログラミング教育委員会による「学校教育」をテーマにしたマガジンです。学校現場の課題や事例、教育委員会や省庁が行う取り組みなどについて、メンバーの見解などを投稿していきます。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 大学院入学とこれからの「大人の」学び 2

              私は、2021年4月2日(金)に、藤女子大学の大学院に入学しました。 これからの大学院生活への決意を込め、入学式のことや今の心情、自分が考えた学びについてなどを綴りたいと思います。 前半の記事はこちら この記事はその後半、大人になってから考えた学びについてや、大学院入学に至った心境の変化についてまとめます。 勉強をがんばってきた人たちと出会う幼稚園教諭をしていた頃や、地元である北海道に住んでいた頃は、周りに勉強をがんばっているように見える人はあまり多くなかったように思い

              • 大学院入学とこれからの「大人の」学び 1

                私は、2021年4月2日(金)に、藤女子大学の大学院に入学しました。 これからの大学院生活への決意を込め、入学式のことや今の心情、自分が考えた学びについてなどを綴りたいと思います。 この記事はその前半、大学院の入学式と、子どもの頃からの勉強嫌いの歴史についてまとめます。 50歳の新入生代表 入学式は、文学部と人間生活学部、そして大学院を2つのグループに分け、2部制で行われました。 コロナ禍ではありますが、学校側の配慮により入学式を行なっていただけたことに感謝します。

                スキ
                5
                • 大切な友達を亡くした話

                  2021年3月22日、とても大切な友達が天国に旅立ってしまいました。 悲しくて悲しくて、なかなか気持ちを切り替えられずにいました。 彼女への感謝の気持ちや、彼女がどんなに素晴らしい人だったか、楽しかった思い出をここに残して、気持ちを切り替え前向きに生きていこうと思います。 そして、彼女を知らなかった人にも彼女の残した音楽を知ってもらい、好きになってもらいたいと思います。 野口 茜という人友達は野口 茜さん。私は「あかねこ」と呼んでいました。 彼女はピアニストであり、作曲家

                  スキ
                  11
                  • IMEを再起動するバッチを作ってみた

                    会社から貸与されているPCのリース期限がきたため、新しいPCに更新していただきました! 前よりもスペックの高いPCになって、とても快適なのですが、以前のPCでは遭遇しなかった問題「IMEが時々フリーズ(?)する」にぶちあたり、調べたところIMEを再起動すれば良いと。 最初のうちはいちいちPowerShellを起動してコマンドを入力していましたが、思ったよりも頻繁にこの現象が発生するため、IMEを再起動するためのバッチを作ることにしました。 バッチの作り方テキストエディタに

                    スキ
                    2
                    • U-16プログラミングコンテスト石狩大会の集客失敗から学んだこと

                      はじめに2020年10月18日(日)、この日はU-16プログラミングコンテスト石狩大会が開催されるはずの日でした。 この日開催されたのは、U-16プログラミングコンテスト石狩"模擬大会"。 結果的に参加者は集まらず、プロジェクトに参加した学生による模擬大会という形で幕を閉じました。 この記事では、その失敗経験から学んだことを記録していきたいと思います。 もしかすると、同じように「地域でプログラミングコンテストをやるぞ!」「プログラミングのイベントを立ち上げるぞ!」という意気

                      スキ
                      5
                      • U-16プログラミングコンテスト石狩大会を開催します!

                        2020年10月18日(日)に、U-16プログラミングコンテスト石狩大会を開催することになりました。 このコンテストの企画立案、そして運営をリードする立場として、どんなコンテストなのか、なぜ開催するのか、どんな夢を描いているのかについて、思いのたけをつづっていこうと思います。 U-16プログラミングコンテストとは・2011年に旭川で初めて開催されたプログラミングコンテスト ・基本的には、自由なデジタル作品を応募する作品部門と、CHaserというゲームで競い合う競技部門の2本

                        スキ
                        2
                        • 伝えたいことがありすぎる講義をどう楽しくする?そうだ!すごろくにしよう!<オンライン編>

                          はじめにこの記事では、情報量の多過ぎる内容の講義をする時の工夫について、そして、更にそれをオンラインで実施した時の工夫や反省など、1つの事例を紹介します。 今回の内容は、こちらの続きです。 2019年のワークショップの反省 実は、ありがたいことに2020年度も同じ講義でゲスト講師をご依頼いただきました。 奇しくもコロナの影響で、大学の授業はすべてオンライン(Zoomでの対面授業)。 2019年度はグループでワイワイすごろくができたのですが、オンラインではどのようにしたら良い

                          スキ
                          7
                          • 伝えたいことがありすぎる講義をどう楽しくする?そうだ!すごろくにしよう!<対面編>

                            はじめにこの記事では、情報量の多過ぎる内容の講義をする時の工夫について、1つの事例を紹介します。 noteに登録して3か月、何を書こうか?と思いながら、何も書かずに過ぎていきました。 これが、記念すべき初投稿です! せっかく登録したnoteですので、自分がやってみたことをそのまま書いてみようと思います。 私のノウハウを伝えよう!なんて思っていないので、ただの自分語りかもしれませんが、もしどなたかの役に立つことがあればうれしいです。 ゲスト講師の依頼がきた!2019年3月頃

                            スキ
                            6