"わたし”のきもちをすなおにつたえる
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

"わたし”のきもちをすなおにつたえる

ひとりでない、誰かと一緒の時間。
あったかい気持ちになる時もあるけれど、
息が詰まったりイライラしたり…。
ちょっとした会話や頼み事もつい、
トゲトゲしくなってしまう。

そんなとき、
オススメのつたえかた▼▼▼

つい言いがちな
「あなたが、○○だ」
「あなただって、○○だよね」
を、

「わたしはこう思っている」
「わたしはこうしたい」
に変えてみます。

言いたいこと、つたえたいことは、おんなじ。
主語をぜんぶ「わたし」に変えるだけ!!

例えば…

▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Case 1 : 子供に早く寝て欲しい時

「早く寝なさい!」

「ママはあなたに成長して欲しいから
 寝てほしいな」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Case 2 : 部屋が散らかり放題なとき

「あなたがいい加減だから散らかるのよ」

「わたし、快適な空間ですごしたいから、協力してほしい」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲

といった感じ。

人間は、余裕のない時、
イライラ・不安な時に、
相手から、”自分のこと”
を言われるとつい、

“非難された!”
”指摘された!”
”決めつけられた!”
と、ネガティブに受け取ってしまう
性質があるんです。

だから
「相手とは関係なく、”自分が”こう思っているんだ」
ってことを落ち着いて伝えるのがとても大切。

これは、パートナーでも、お子さんでも、
お友達でも、職場の人でも…

だれにでもとっても効果的!

ぜひぜひ試してみてくださいね。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます(^^)/
こころの健康を自分でケアできること、に関心があります。(公衆衛生学修士・保健学博士)。ここでは予防医学やメンタルヘルスの知識、より楽に生きるヒントやコツを、シェアできたらと思います。 https://customer-harassment.org/kokorobalance/