kiyogawa@東京時々名古屋ところにより岐阜
【相続放棄】 完全マニュアル 〜闇金との対峙〜
スライド1

【相続放棄】 完全マニュアル 〜闇金との対峙〜

kiyogawa@東京時々名古屋ところにより岐阜

~闇金との戦いと相続放棄のススメ~

ある日、突然、父が亡くなった。

その後に起きた、残された家族の物語・・・。


2014年師走

それは、2014年の師走の土曜日の朝、時刻は午前7時過ぎ。

突然、マナーモードにしていた携帯電話の振動音が聞こえた。

「こんな朝早くに、誰なん?」と思いながら、携帯電話を見ると下の弟からの電話だった。

「おとうが・・・、おとうが・・・。」

泣きながらの電話で、ただごとではないとすぐに理解できた。

どうやら父が倒れ、既に意識がなく、たった今、総合病院に運ばれたとの連絡だった。

母は救急車に乗り、先に病院に向かっているとのこと。

思い出せば、その15年前に初めて心筋梗塞で倒れ、5年経った10年前にも倒れ、そのときが3回目だった。

師走になり、急に冷え込んだ早朝ということもあったのかもしれない。

適当に用意を済ませ、総合病院へ向かった。

到着すると、医師より延命処置についての指示を仰ぎたいとのことで相談があり、その時点で脳死を告げられた。

それからすぐに、下の弟と、上の弟家族と合流し、医師に説明を受けた。

処置室に入ると、既に脳死状態のため自発呼吸はできず、蘇生処置を施されていた。

しかし、処置を停止した瞬間には心肺も停止してしまうであろうとのこと。

救護隊の方が仰向けの父に馬乗りになり、勢いよく心臓マッサージを施してくれていた。

その情景は見ていて、ただただ辛く、最後に会話をしたことを思い出していた。

最期の会話は、その二日前。

天気は雨。

実家に立ち寄り、父と今後の仕事のことについて、色々と話をしていた。

普段は口数も少ない父だったが、その日は今思うと、とてもリアクションがよかった。

何かを悟っていたのかもしれない。

そんな、つい二日前の記憶が蘇る中、医師により臨終を告げられた。

非現実のような現実。

”人間とはこんなにも簡単に死んでしまうものなのか?”

と思った瞬間でもあった。

享年63歳。

関係ないが、西城秀樹も同じ歳で亡くなったけど、一般的には、まだ若いと思った。

そういえば、60歳を迎えて、「秀樹、還暦~!」ってやってたな・・・。(どうでもいいけど・・・。)



この続きをみるには

この続き: 12,113文字

【相続放棄】 完全マニュアル 〜闇金との対峙〜

kiyogawa@東京時々名古屋ところにより岐阜

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kiyogawa@東京時々名古屋ところにより岐阜
IQ 137(2021年2月13日測定)なので、Mensa(メンサ)に入れるかな? 広い意味でのIT(Blockchain/Fintech)業界に身を置くフシダラ者、いや、不束者です。 http://www.webrand.xyz/